知らないと損する小規模宅地税制

知らないと損する小規模宅地税制
今回のテーマでは、小規模宅地の特例の税制改正についてお話させて頂きます。

小規模宅地等とは、 「個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等」 又は 「被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、一定の選択をしたもので限度面積までの部分」 を指しています。
また、宅地とは、「土地又は土地の上に存する権利で、建物又は構築物の敷地の用に供されているもの」を指します。

[Read more…]