Archives for 11月 2013

今からでも間に合う。個人事業主の貸倒引当金での節税5つのポイント

前回は「未払金」での節税ポイントについてご紹介しましたが、「貸倒引当金」についても経費として計上し、課税所得額を減らし納税額を減らすことが出来ます。特に貸倒引当金を最初に設定した年度は、当期の決算でその貸倒引当金を経費として全額計上できるため効果があります。今年度予想以上に儲かってしまった場合など、経営の安定につながりますので積極的に計上しましょう。 [Read more…]

まだ間に合う。個人事業主の未払金での6つの節税ポイント

前回は個人事業主の、今からでも間に合う節税のポイントをご紹介しましたが、今回はその続きで、「未払金」での節税ポイントについてご紹介します。これも経費を増やす事で課税所得額を減らし、納税額を減らしています。ぜひ参考にしてみてください。

 

[Read more…]

今からでも間に合う。個人事業主の節税9ポイント

個人事業主の場合、今年度予想以上に儲かってしまった場合、所得税は定率では無く超過累進課税の為、課税所得額に伴い税率も上がり納税額が大きく上がって来ます。

そこで今回は、今からでも間に合う節税のポイントをご紹介しますので、ぜひ節税の参考にして下さい。

[Read more…]

個人事業主が迷いやすい必要経費9つのポイント

個人事業主の場合、1月から12月の事業活動から翌年2月中旬から3月中旬にかけて確定申告を行って所得を確定させ、所得税を納めなければなりませんが、納める税金は出来るだけ低くしたいものです。

そこで、課税所得(税金の計算の基となる所得)を抑える為に必要経費を活用したいのですが、必要経費になるのかならないのか、判断に迷う場合も多々有るかと思います。

ここでは、判断に迷うケースについてご紹介しますので、必要経費の計上の参考にして下さい。

[Read more…]

個人事業主が知っておくべき消費税の仕組み

前回は、国民健康保険の仕組みについてご紹介しましたが、今回は消費税の仕組みについてご紹介します。

消費税とは、皆さんよくご存知の通り、商品の購入やサービスを受けたときに、その対価の5%を消費者が負担する間接税です。内訳は、国税4%、地方税1%(国税4%×25%=1%)です。平成26年4月1日より、8%に増税されます。

サラリーマンと異なり個人事業主になると、消費税を「支払う」だけでなく、「 受取る(預かる)」という事が有ります。

[Read more…]

個人事業主が知っておくべき国民健康保険税の仕組み

前回は、「個人事業税」、「住民税」をご紹介しました。今回は、個人事業主が加入を義務づけられている「 国民健康保険税(料)」についてご紹介します。
国民健康保険税(料) も、前回同様に所得税の確定申告を行うとそれを基に行政で計算され、納付書が送付されて来て納税するものです。その為、自分で計算する必要は有りませんが、どのように計算されるかは、経営者の視点から知っておくべきだと思います。

[Read more…]

個人事業主が知っておくべき個人事業税と住民税額の仕組み

前回までは「所得税」についてご紹介してきましたが、まだこれ以外にも税金は有ります。今回はその中で、「個人事業税」、「住民税」についてご紹介いたします。
個人事業税と住民税は、所得税の確定申告を行うとそれを基に行政で計算され、納付書が送付されて来て納税するものです。その為、自分で計算する必要は有りませんが、どのように計算されるかは、経営者の観点から知っておくべきだと思います。

[Read more…]

個人事業主が知っておくべき所得税額の仕組みと税額控除の3ポイント

前回は、「所得控除」と「所得税額」についてご紹介しましたが、そこで納税額が決定してしまう訳ではありません。所得税額からさらに直接差し引くことの出来る、「税額控除」が有ります。今回は所得控除の他にも節税の為に重要な、税額控除についてご紹介致します。

[Read more…]

個人事業主が所得控除のために忘れず申告しておくべき14のポイント

個人事業主の場合、2月中旬から3月中旬にかけて確定申告を行って所得を確定させ、所得税を納めなければなりませんが、納める所得税は出来るだけ安くしたいものです。そこで、課税所得(税金の計算の基となる所得)を抑える為に活用したいのが所得控除です。所得控除と言うと、複雑で面倒だと思う方も多いと思います。

[Read more…]

税理士に上手に相談する方法|税理士活用のための基礎知識

起業家が事業を開始するとサラリーマンとは異なり、お役所との付き合いが増えます。その中でも特に税務署との付き合いは不安が多いものではないでしょうか?そこで頼りになるのが税の専門家の税理士です。税理士に相談できる環境をしっかりとつくりましょう。

税理士と言っても、お医者さんと同様に得意分野が有りますので、自分の要求に最適な税理士を上手に活用し、相談することで、費用はかかりますが、いろいろなメリットを受ける場合があります。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?