Archives for 10月 2014

怖い重加算税!

怖い重加算税!
今回は税務調査の後に仮装隠ぺいしている事実が発覚し、追徴課税を受けた時に課せられる「重加算税」などを中心に説明致します。
例えば、5年間無申告の個人事業者に税務調査が入り、調査の結果、1年あたり300万円の所得税額が出た場合、仮装隠ぺいしている事実があると認められる時は、本税以外に40%が上乗せされます。

[Read more…]

知らないと損する小規模宅地税制

知らないと損する小規模宅地税制
今回のテーマでは、小規模宅地の特例の税制改正についてお話させて頂きます。

小規模宅地等とは、 「個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等」 又は 「被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、一定の選択をしたもので限度面積までの部分」 を指しています。
また、宅地とは、「土地又は土地の上に存する権利で、建物又は構築物の敷地の用に供されているもの」を指します。

[Read more…]

外注エンジニアへの支払いは「給与」か「外注費」かで消費税の扱い変わる!?

外注エンジニアへの支払いは「給与」か「外注費」かで消費税の扱い変わる!?会社でさまざまな業務を遂行するにあたり、自社の社員だけではリソースが足りず、社外の方にご協力いただくケースがよくあることと思います。

社外の方に発注すると「外注費」になる、と思われがちですが、一概にそうとは言えないようです。
今回はある、会社の経理部長の体験談を元に、「給与と外注費の税務上の取り扱い」についてご紹介します。

[Read more…]

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意
私は、家族経営に数名のスタッフを含めた8人程度の中小企業の社長をしています。
先日、同業者の知り合いが、税務調査で多額の修正申告をするはめになったという話を聞きました。

 

[Read more…]

法人の飲食代の扱い

法人の飲食代の扱い
ここのところ、飲食業界には人手不足という大きな問題はあるものの、追い風が吹いていることはご存知でしょうか?

それは、法人の飲食代に関する課税が大きく緩和されたためです。

[Read more…]

小学校に入る前の子どもを育てる社員を短時間勤務させるともらえる助成金~子育て期短時間勤務支援助成金~

小学校に入る前の子どもを育てる社員を短時間勤務させるともらえる助成金~子育て期短時間勤務支援助成金~最近、ワークライフバランスといった言葉を耳にする機会が多くなり、子育て支援に力を入れる会社も多くなってきました。
そこで今回は、小学校に入る前までの子どもの養育をする社員が短時間勤務するともらえる助成金のご紹介です。
この助成金は、仕事と家庭を両立してもらえるように支援することを目的とした助成金です。
[Read more…]

贈与するなら、効率よく!相続時精算課税制度の活用方法

贈与するなら、効率よく!相続時精算課税制度の活用方法
今回のテーマは贈与税についてです。

相続税増税を前に、生前贈与が注目を浴びています。
相続税の計算のベースとなる金額をなんとかして減らすために、贈与していきます。

ところで、この贈与税の課税には2つの制度があることをご存じですか?

[Read more…]

繁盛する飲食店の意外な(?)共通点

繁盛する飲食店の意外な(?)共通点
僕は沖縄で税理士をしています。
クライアントには飲食店の方が多く、いろいろと相談を受けることがあります。
その中で、繁盛している飲食店には、意外な「共通点」があることに気付きました。
今回はその意外な共通点についてお話ししたいと思います。

[Read more…]

経営者の強い味方!!経営セーフティ共済、使っていますか?

経営者の強い味方!!経営セーフティ共済、使っていますか?
アベノミクス効果もあり、売上高や利益が過去最高となる会社が多くなっているそうです。
ただ中小企業にまで波及しているかについては、うーん…と唸る経営者の方もいらっしゃるかもしれません。
アベノミクス効果どころか、消費税転嫁さえも難しい今日この頃…得意先が1社なくなっただけでも、かなりダメージがありますよね。
特にその1社がメーンの売上先だった場合には、その後の資金繰り等にも相当に響くことになります。
たった1社なくなるだけで、会社そのものの屋台骨が揺るぎかねないのです。
今回はそんな中小企業にとって強い味方である、「経営セーフティ共済」について情報を提供したいと思います。
[Read more…]

時間を棚卸してください!

時間を棚卸してください!
今日一日無駄な時間を費やしていないか?と振り返ってください。
30%ぐらいは無駄な時間があるように思います。
明日から、その無駄な時間を減らす努力をしましょう。
この削減した無駄を、創造のための時間にあててください。

〈落ち着いてじっくりと物事を考える時間〉を確保してください!

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?