自宅を賃貸した場合、家賃収入の消費税は課税? 非課税??

自宅を賃貸した場合、家賃収入の消費税は課税? 非課税??引っ越しや異動といった理由で自宅を他人に貸し出し、家賃収入が発生するケースがあります。

今回は、その家賃収入に関する消費税について解説します。

原則として、住宅の貸付は非課税となりますが、家賃収入に消費税が課税される場合がありますので、ケースごとに見ていきましょう。

賃貸借契約を事業用で契約している場合

家賃収入に消費税が課税されるかどうかは、賃貸借契約書において「その貸家がどのように利用される契約か」で変わってきます。

居住用として契約すると家賃は非課税となりますが、事業用として契約した場合は、消費税の課税対象になるので注意が必要です。

また、会社が社宅として従業員に転貸することもあると思います。この場合、会社との賃貸借契約が「従業員が居住するものとしての契約」であれば、居住用家賃であるため非課税になります。

契約と実態が異なる場合

賃貸借契約書では居住用として契約しているのに、借主が事業用として使用していた場合、原則として、契約の変更をしない限り、消費税は非課税ですが、トラブルを避けるためにも契約の変更をおすすめします。
また消費税は、用途変更をしたときから課税されることになります。
当初契約から用途変更する場合には、事前に契約内容について当事者間で相談しましょう。

家賃とは別に請求する項目がある場合

他人に貸す物件が戸建ての住宅ではなくマンションやアパートの場合、共益費や管理費といった請求が発生することもあります。
居住用マンションなどの場合、エレベーターの管理費用や廊下の光熱費といった共用部分に関する費用請求は、家賃収入と同様に非課税になります。

一方、専有部分に係る電気やガス、水道などの費用は家賃とは区別され、原則として課税されます。

また駐車場代は、個別的な判断が必要になります。
集合住宅で1戸当たりに1台分以上の駐車スペースが割り当てられており、駐車場代が家賃に含まれていれば、原則として非課税になります。
家賃とは別に駐車場代を請求する場合は、原則として消費税が課されますので注意しましょう。

店舗併用住宅など特殊な物件を貸す場合

店舗併用住宅の場合は、原則として店舗部分は課税になりますが、住宅部分は非課税となります。
こちらは、面積比など合理的な比率により按分することになります。

家賃に関する消費税の判定については、「どのような契約で」「誰が」「どのように」「なんのために」使用されているのか、きちんと把握することが大切です。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?