社債発行のメリットと注意点とは?

社債発行のメリットと注意点とは?会社が資金調達する方法には、株式発行や金融機関からの借り入れの他に、社債を発行するという方法があります。
株式発行などに比べると手続きが簡単で、種類によっては無担保で発行できることから、中小企業などで多く使われている資金調達方法のひとつです。
今回は、この社債のメリットと注意点をご紹介します。

 

社債の基礎知識と発行のメリット

社債は、発行することによって投資家から資金を集め、その投資家に定められた期間利息を支払い、満期になると元本を返済するというシステムです。また、株式のように価値が変動することはありません。
社債には、公に提示して投資家を募集する『公募債』と、銀行や証券会社など、法的に認められた適格機関投資家を相手にする『プロ私募債』、会社の関係者や親族等の縁故者や取引先などの少人数を相手にする『少人数私募債』があります。少人数私募債には以下のような発行条件があります。

1.社債購入者の募集を50名未満とすること
2.購入者の中に適格機関投資家がいないこと
3.社債総額を最低券面額で割った数が50未満であること

多くの中小企業では、手続きが簡単で担保も不要であり、償還期限や利率、発行金額が自由に設定できる少人数私募債を発行しています。
また、社債は一般的に銀行からの借り入れよりも利率が低く、株式のように経営に干渉される心配もありません。

少人数私募債発行で大切な投資家との信頼関係構築方法とは?

社債を発行する場合には、資金調達の目的と用途を明確にし、借入から償還までの期間の事業計画書や返済計画書を作成する必要があります。
無計画に資金を集めても、有効に活用することができないばかりか、社債を購入した投資家からの信頼も失いかねません。また、返済計画がしっかりしていないと、いざ満期になっても「元本を返済する資金がない」ということもありえます。
こうなると投資家からの信頼を完全に失い、次の社債の発行が難しくなる可能性があります。
特に少人数私募債においては、いかに投資家との信頼関係を築くかが重要となります。発行の際には、投資家にきちんと社債の募集総額や、利率、支払い方法、償還期間や償還方法などを伝え、さらに事業計画書や財務諸表などの自社情報を積極的に開示しましょう。
また、社債発行時に説明会を開いたり、社債を発行してからは決算終了後や利息の支払い時に報告会を設けたりするなど、会社の状態を真摯に投資家に報告して、信頼を重ねていくことが大切です。

社債は中小企業における資金調達の手段として有効であることは間違いありません。
専門家とも相談の上で、うまく活用していきましょう。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?