サービス業を始めたらこの数字だけは要チェック

サービス業を始めたらこの数字だけは要チェック
確定申告書を出して、決められた金額を納税すれば、長きに渡る税金とのお付き合いは終わり……。
と思っていませんか?
実は忘れてはいけないことがあります。
それは忘れた頃にやってくる税務調査です。
[Read more…]

建設業の税務調査で指摘される急所とその対応策

建設業の税務調査で指摘される急所とその対応策
建設業を営んでいる社長さんに、日々の売上管理と原価管理はしっかり行っていますか?
と聞くとたいてい、「細かくはやっていない」「頭の中で把握している」といった答えをいただくことがあります。
しかしながら、このような社長さんに限って決算を迎えると、赤字の工事があったり、決算上、黒字は出ているけれども、会社に現金がなかったりと経営上問題のある会社が多いのです。
特に日々の売上管理や原価管理がこのような状態では、ある日、突然、税務調査に入られても、なす術がありません。
今回は建設業の方のために、税務調査に入られても慌てないための対応策をご紹介します。

[Read more…]

起業当初の経理は丸投げにする3つのメリット

起業当初の経理は丸投げにする3つのメリット
起業した当初は、営業から事務まで社長が一人でこなさなければならないのが普通です。
しかし、そんな目の回るような忙しさの中でも、経理作業はきちんと行う必要があります。
そうでなければ、利益の把握が曖昧になり、経営に支障が出てきます。
とはいえ、日々の記帳は大変煩わしいもの。
さらに、記帳には簿記などの専門的な知識も要求され、なかなか素人には難しいもの。
出来上がった決算書に不備があれば、税務署から指摘を受け、修正申告をしなければならないこともあります。
そこで考えたいのが、記帳から申告まで経理作業を丸投げするという考え方。
とはいえ、本当に丸投げしても大丈夫なの?と不安を抱いている皆さんに、今回は起業当初の丸投げのメリットをご紹介します。

[Read more…]

融資判断で重視される3つのポイント。自社の決算書を金融機関の目線で見る

融資判断で重視される3つのポイント。自社の決算書を金融機関の目線で見る金融機関は決算書を見て融資判断を行います。
金融機関を味方につけ最良の事業パートナーとしたいのであれば、決算書を大切にしなくてはなりません。

今回は、金融機関が会社の決算書をどのように見ているかを解説します。

[Read more…]

小口現金は社長が立て替えて月1回の振り込みに!

小口現金は社長が立て替えて月1回の振り込みに!
宅配便代や郵便代、ちょっとした消耗品代、お客さん用の新聞や雑誌代など、会社のなかの細々としたお金。
こうしたお金は小口現金で処理するのが一般的です。
しかしながら、小口現金の管理は意外と面倒だと思っている社長も多いのではないのでしょうか?
小額といっても盗難の恐れもありますし、経理担当者がいない小さな会社では、現金の出し入れをひとつずつ現金出納帳に記帳するのも面倒です。
今回は、そんな小口現金を簡単に管理する方法をご紹介します。

[Read more…]

飲食業の税務調査で必ずつっこまれる急所と対応策

飲食業の税務調査で必ずつっこまれる急所と対応策
飲食店はその日の売上が現金で管理される現金商売の代表格です。
日々の売上をきちんと帳簿につけて管理している飲食店は別として、なかには、実際に取引があったのにも関わらず、帳簿に売上をつけずに、申告する悪質なケースも存在します。
しかし、現金商売なのでなかなか取引の実態をつかめない可能性もあります。
そこで税務署ではこうした脱税の証拠を掴むために、顧問税理士や本人に、事前連絡せずに抜き打ちで調査に来る「事前調査」や「現物確認調査」(現況調査)を行うことがあります。

[Read more…]

美容室が自社の売上を伸ばしていく2つの重要なポイント

美容室が自社の売上を伸ばしていく2つの重要なポイント
厚生労働省の調査によると、平成25年度(2013年)3月末の全国の美容室の数は23万1,134店。
なんとコンビニエンスストアの4倍の数が全国にあるのです。
ちなみに、同じ商圏のなかでの競合店は7.5店舗もあり、売上を上げていくのには熾烈な競争をくぐり抜けなければ難しいといわれています。
競争が激しい美容室業界で生き残っていくために、どのような経営を行っていくべきなのでしょうか?
今回は美容室が自社の売上を伸ばしていくための2つの重要なポイントをご紹介します。

[Read more…]

税務署は介護事業者の数字のここを見ている

税務署は介護事業者の数字のここを見ている

「うちは、自分とヘルパーさん数人の小さな事業所。年商も1,000万円未満だから税理士なんていらないよ」という介護事業者の社長さん、それはちょっと早計かもしれません。
実は近年、税務調査で指摘される項目として、ヘルパーさんの源泉所得税の未納付の問題や介護保険の未収金の問題があります。
この背景にあるのは、普段の実務作業に忙殺され、なかなか経理作業まで手が届かないという実態があるからでしょう。
売上台帳の作成を行っていない事業所も多く、経営もどんぶり勘定になってしまっていることが多いのではないでしょうか。
最近では、売上や経費などの経営情報をうまく活用できないために、ヘルパーさんの残業代や光熱費が膨大になってしまい、なかなか利益を出すことができない事業所も多くなっているといいます。
このため、多くの事業所が競合他社との競争で苦しんでいるそうです。毎日の売上管理がこれらの問題の鍵を握っているといえそうです。
今回は介護事業者の会計について、ご紹介していきます。

[Read more…]

介護保険料の料率アップと、今更聞けない社会保険の扶養の仕組みについて

介護保険料の料率アップと、今更聞けない社会保険の扶養の仕組みについて
給与明細の中の項目にある「介護保険料」。
普段、あまり気にすることがない項目かと思いますが、実はこの介護保険料が年々アップしていることをご存知ですか?

今回は介護保険料アップと、今更聞けない社会保険の扶養についてお話しさせていただきます。
[Read more…]

経営判断を行う時の考え方6か条

経営判断を行う時の考え方6か条
総大将たる社長には、物事を決断する責務があります。
「これは良い」、「これは悪い」、「これはやる」、「これはやらない」、「これは続ける」、「これはやめる」、「これはもっとやる」、「これは減速する」…等々、多くの判断を日々行っているはずです。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?