無料の請求書サービスはどれを選べばいい?

請求書_R会社の経理担当の方、または個人事業主で自らすべての業務を行っている方は、日々請求書のフォーマットを使っていることでしょう。

インターネットの普及で、今は文房具屋さんで請求書を購入するより便利な「請求書サービス」が非常に充実しています。

1.【請求書テンプレ集】テンプレートをダウンロードして入力するだけ!

一番使う方が多いのがこの請求書のテンプレート集ではないでしょうか。「請求書 無料 テンプレート」などの検索ワードから多数の無料・請求書テンプレートを見つけられます。

 Board

みんエク

bizocean

個人的に好きなのは一つ目の「Board」です。面倒な入力(アンケート、メアドなど)なしで、本当にすぐダウンロードできるのです。請求書の他にも、見積書や発注書など他のテンプレートも利用できます。このまま使ってもいいですし、会社ロゴなどを入れて少しカスタマイズしても良いでしょう。

 2.【請求書オンラインサービス】会員登録要!でも豊富なサービスが魅力♪

もう一つご紹介するのは、サイト上で会員登録が必要な請求書オンラインサービスです。メアドや氏名などを入力しなければいけないのですが、前述のテンプレ集よりも機能満載な点にメリットがあります。

 INVOY

RAKUDA

Misoka

この中で一番有名なのはMisokaです。「見積書・納品書・請求書を1分で作成」というキャッチフレーズがグサっときますね。このMisokaは月間5通までの請求書は無料で、それ以上を超えると以下のような月額がかかります。

 

プラン15

プラン100

プラン1000

月額

800円

3,000円

10,000円

月間請求書作成数

15通

100通

1,000通

取引先登録

〇無制限

〇無制限

〇無制限

見積書・納品書作成

〇無制限

〇無制限

〇無制限

メール送信

〇無制限

〇無制限

〇無制限

請求書の自動作成予約

〇15通

〇100通

〇1,000通

請求書の

CSVアップロード

〇15通

〇100通

〇1,000通

※参照:Misoka https://www.misoca.jp/plan.html

請求書の自動予約やCSVアップロードは非常に便利ですね。件数の多い事業所ほど利用価値があるのではないでしょうか。

二つ目のRAKUDAの良い部分は、請求書などのステートメント管理ができるところです。取引先ごとに以下のステートメントが表示され、クリックするだけで簡単に管理できます。

  • 未送付
  • 送付済
  • 受注済
  • 失注

この機能があれば、「あ!A商事に請求書送るの、忘れてた~!締め日すぎちゃった~」なんて、おっちょこちょいミスも防げますね。

3.文房具屋さんでの請求書は平均いくら?

請求書2_R

気になるので調べてみました。平均的には250~300円で50組のものが多いようです。コクヨが一番種類は多く、請求書だけでも合計請求書、縦型、横型、サイズ別、ノーカーボンタイプなど様々なものが販売されています。

これらのものを利用した方が良い業種や規模の事業もあれば、そうではない業種や規模の事業が存在します。ペーパーレス化を推進し、大幅な経費削減に取り組む中小企業も少なくありません。

まとめ

無料で利用できる請求書サービスについてご紹介しました。「無料」と記載があっても、最初だけ無料で途中から有料になるパターンもあります。費用対効果(コスパ)で考え、人件費や紙代を削減できるのであれば請求書サービスの有料会員になる価値はあると言えるでしょう。

請求書・見積書・納品書を簡単便利に作成できる「RAKUDA」

RAKUDA

無料で「請求書」「見積書」「納品書」「送付状」「取引管理」が作成できるクラウド請求書ツールです。
請求業務がコレで完結。
面倒な源泉徴収税の計算も自動で行ってくれます。
個人事業主の方には特におススメ!

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、
節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?