日々の記帳がなぜ大切なのか、3つのポイントにまとめました。

日々の記帳がなぜ大切なのか、3つのポイントにまとめました。事業を行っていると取引の記録を帳簿へ記載していきます。
いわゆる記帳を行っていくわけですが、この記帳をなぜ行うのか?
税務申告に必要であるから…確かに、税務申告のベースになるのが会計帳簿です。

申告期限間際に遡って1年分の帳簿を作成しているというお話をよくお聞きしますが、果たしてこれで良いのでしょうか?
日々記帳することの必要性を再度確認していきましょう。

1.経営状況が数値でリアルタイムに把握できる

現金取引、銀行取引、掛取引など個々に必要な帳簿を記帳して、合計残高試算表(貸借対照表、損益計算書)を作成します。
この試算表は、会社の財政状況・経営成績を把握をする上で大切な帳票です。
前月までの業績かどうだったか?資金繰りは?など確認できますし、前年同月との比較や予算値比較などを行い、分析・チェックすることができます。
このような業績の把握を1年に1回ではなく、出来る限り月毎に行うのが望ましいでしょう。
さらに、記帳出来ているという事は、入金予定・支払予定を組みやすくなりますので、資金繰り管理にも大変役立ちます。

2.現金管理の重要性

現金取引がある場合には、「現金出納帳」を日々記帳していきます。
銀行取引は預金通帳や当座照合表、掛取引は、請求書や納品書といった記録が残っていますので、記帳しやすいのですが、この現金出納帳は、記帳しないと記録が残らないので、あとで記帳することは大変です。
日々の入出金の取引を記帳して「残高」を計算していきます。
現金出納帳の残高は、手許の現金有高と一致します。
これを後から何ヶ月も遡って作成…というのは不可能に近いです。
これが合わないと会社の帳簿の信用度が落ちる場合があり、例えば、有りもしない現金が会社の財産に上がってしまったりしますと、金融機関との取引に支障が出てきたりします。
さらに、社員に現金管理を任せているときなど、あとで管理者がチェックする時にも重要となります。
現金取引がある場合は、必ず日々現金出納帳を記帳していきましょう。

3.漏れや誤りを無くせる

例えば、3ヵ月や4ヵ月の取引をすべての取引を覚えてられますでしょうか?1年後はどうですか?…
まず難しいですよね。
帳簿を遡って作成していますと、取引の計上漏れや誤って記帳してしまったりする可能性が高くなってきます。
このように漏れや誤って記帳していますと、税務調査の時に追徴課税を受けたり、逆に不要な税金を払ってしまったり、金融機関で融資申込時に指摘されたりと経営上大きな問題になったりします。
税務申告や会社の財政状態・経営成績の正しい把握のためにも、記帳は日々行いましょう。


 

記帳は従来は手書きで行っていましたが、現在では便利な会計ソフトが安価で市販されています。
記帳の手段として会計ソフトをご利用されてみてはいかがでしょうか。
案外すんなりと習慣づきますよ!

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、
節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?