借り入れの3つのメリット

借り入れの3つのメリット

借り入れについて補足しておきましょう。
 
無借金経営は「がんばった結果」そうなるならかまいませんが、それを「目標」にするのは間違っています。
 
いや、もっと別の言い方をすれば、金利以上に稼げばいいのです。

借金は罪悪ではなく、正しい行為

1億を借りると仮に年利2%の金利がついたとします。
 
複雑な金利計算は別にして、2%つまり、わずか200万円が1億円を動かして稼げないなら、借りないほうがいいということです。
 
いずれにしても借金というと、デメリットばかりに目がいきがちですが、借金にはメリットもあります。

1.「時間」を買えます

 
ある商品の生産にどうしても必要な設備があったとします。
 
毎年コツコツと社内に留保したお金で、買うとすれば5年ほどかかってしまいます。
5年間待ってから買ってもかまいませんが、仮にいますぐ借金して買えば、5年間という時間を買うことになるからです。
 

2.「信頼」を得られます

 
よほど強気の商売でない限り、お客様の注文を受けてから製造をし、入金してもらった額を製造費や仕入れ代として支払う会社は少ないと思います。
 
多くの会社では、お客様の注文前に製造や仕入れをするため、代金が必要になります。
そのため売れてからお客様の入金があるまでタイムラグがあります。
その間、お客様の代金を「立て替えている」という「信頼」をお客様に提供していることになります。
 

3.「安心」を得られます

 
経営の安定には、ある程度のお金がかかせません。
たとえば運転資金として借金してそのまま普通預金口座にもっておけば、何かあったときに、すぐに対処することができます。
これは「安心」を得たということと同義です。
いずれにしても、戦略的な借入計画を考えることが大切です。



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、
節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?