キャッシュフローを改善する30の方法

起業経験者なら、必ずと言っていいほど一度は資金難を経験していることでしょう。

今回は、あなたの会社が二度とキャッシュ不足に陥らないためにキャッシュフローを改善する30の方法をお知らせします。

 

ビジネスにおいて最も重要なキャッシュフロー改善のヒントです。ぜひ、参考にしてみてください。

1.締め支払いの期日を変更する

2.支払いの遅い顧客に対して値上げする

3.顧客に保証金を求める

4.顧客ごとの支払いスピードを評価する

5.キャッシュに関する計画を持つ

6.売掛金を全て回収する

7.売掛金リストを作成する

8.入金期日が過ぎた売掛金には、即日督促の連絡を入れる

9.請求書の送付の遅れを無くす

10.大口の支払いには、しっかり進捗状況を把握する

11.相手先企業の予定に合わせて早めに請求書を送る

12.バーターでの取引をする

13.現金支払い、一括支払いの場合に割引をつける

14.大量受注に対しては価格を上げる

15.主要な仕入先に支払期日の延期を交渉する

16.大きな支払いがある場合、その支払い期日を伸ばしてもらう

17.税金に対して、分割払いの利用をする。

18.大型の広告キャンペーン前に入金が集まるよう請求日を交渉する

19.支払いスケジュールを頭にいれて、入金期日を交渉する

20.インターネットで価格を調べて、取引業者と再度価格交渉する

21.大型契約には入金完了までしっかりコミュニケーションを取り続ける

22.法人カードによる決済を利用する

23.着手金や初期費用を削減するため、リースを検討する

24.従業員の出張や外出を立替金精算にする

25.管理職や営業職へのインセンティブを粗利をベースにする

26.管理職や営業職へのインセンティブを入金完了後の支払いにする

27.顧客からの支払いを回収してから、紹介料・販売手数料を払う

28.年間を通じてキャッシュが潤沢な期間に賞与支給日を設定する

29.給与を月末締めの当月末払いから、翌15日払いに変更する

30.もう使えない・使わない在庫は処分する/非生産的資産については売却する



会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?