どうやってお金を集めて、どう使ったかがわかる貸借対照表

どうやってお金を集めて、どう使ったかがわかる貸借対照表

どのような状態で財産が使われているかがわかる左側

貸借対照表とは、ある事業年度末における会社の財政状態を表す財務諸表のひとつです。
貸借対照表は、大きく分けて左側と右側で記載されている内容が異なります。
[Read more…]

65万円の特別控除を受けるための記帳方法とは?

65万円の特別控除を受けるための記帳方法とは?
青色申告制度を活用して、65万円の特別控除を受けるためには、「正規の簿記の原則」で記帳をしなければなりません。

正規の簿記の原則とは、資産、負債及び資本に影響を及ぼす一切の取引をきちんと記録できて、最終的に貸借対照表損益計算書を作成することができる記帳方法で記帳することです。
貸借対照表と損益計算書をつくることができる記帳方法は、一般的には「複式簿記」とされています。

[Read more…]

経営する上で、経営者が数字を把握するためにも帳簿が必要

2014年8月4日 by admin_inqup (Edit) 経営する上で、経営者が数字を把握するためにも帳簿が必要

会社を経営していくには、常にその会社の状態を把握するために数字を理解しなければならない、という話をどこかで聞いたことがあるかもしれません。
ところが、具体的にどのような数字を理解すべきかということになると、途端にわからなくなる、という人も多いのではないでしょうか。
[Read more…]

会社の事業活動を象徴する「取引」はどう分類したらよい?

会社の事業活動を象徴する「取引」はどう分類したらよい?
事業を始めると、さまざまな取引が行われます。
たとえば、お客さんと商品の販売契約をするという取引もありますし、取引先から商品を仕入れたという取引もあります。
掛けで取引をするケースもあるでしょう。
また、実際には事業の取引ではないのですが、建物が火災などで消失した場合も、帳簿上の取引としてみなされ、記帳する必要があるのです。
とはいえ、取引をどのようにして分類し、記帳すればいいのかわからないという社長も多いでしょう。
今回は、記帳するときの取引の分類の方法を紹介していきたいと思います。
[Read more…]

いくらまでもらっていいかやっぱり悩む、社長の役員報酬

いくらまでもらっていいかやっぱり悩む、社長の役員報酬
中小企業の社長は役員給与を自分で決められます。しかし、いざ自分で決めるとなると、いくらまでもらうのが適切なのか悩むところ。今回は節税の意味も含め、どれくらいの金額に設定するが適正額なのか、ご案内します。

[Read more…]

通勤手当、旅費交通費、出張費の処理で気をつけるべきポイント

通勤手当、旅費交通費、出張費の処理で気をつけるべきポイント
社員の移動に関する費用は、業務上必要なこととはいえ、どう処理してよいか悩むところ。
今回は通勤手当をはじめ、旅費交通費、出張費などの処理で気をつけなければいけないポイントについてご紹介します。

[Read more…]

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

青色申告の記帳は、原則、年末に貸借対照表と損益計算書を作成することができるような正規の簿記(一般的には複式簿記による記帳)によることが必要です。
また、平成26年からは白色申告の場合もすべて記帳義務が発生します。

税務申告でも記帳は必要なのですが、月次・年末までの経営成績・財政状況を把握する上でも記帳は重要になります。

[Read more…]

なぜ!?記帳することが必要かを考える

なぜ!?記帳することが必要かを考える
青色申告特別控除の要件などでは記帳が必要と述べましたが、税務のためにも記帳することは必要です。
しかし、それだけでしょうか?
自社の取引を記帳してまとめて行き、最終的には会社の財政状態・経営成績を把握するために作成します。

[Read more…]

起業当初の経理は丸投げにする3つのメリット

起業当初の経理は丸投げにする3つのメリット
起業した当初は、営業から事務まで社長が一人でこなさなければならないのが普通です。
しかし、そんな目の回るような忙しさの中でも、経理作業はきちんと行う必要があります。
そうでなければ、利益の把握が曖昧になり、経営に支障が出てきます。
とはいえ、日々の記帳は大変煩わしいもの。
さらに、記帳には簿記などの専門的な知識も要求され、なかなか素人には難しいもの。
出来上がった決算書に不備があれば、税務署から指摘を受け、修正申告をしなければならないこともあります。
そこで考えたいのが、記帳から申告まで経理作業を丸投げするという考え方。
とはいえ、本当に丸投げしても大丈夫なの?と不安を抱いている皆さんに、今回は起業当初の丸投げのメリットをご紹介します。

[Read more…]

小口現金は社長が立て替えて月1回の振り込みに!

小口現金は社長が立て替えて月1回の振り込みに!
宅配便代や郵便代、ちょっとした消耗品代、お客さん用の新聞や雑誌代など、会社のなかの細々としたお金。
こうしたお金は小口現金で処理するのが一般的です。
しかしながら、小口現金の管理は意外と面倒だと思っている社長も多いのではないのでしょうか?
小額といっても盗難の恐れもありますし、経理担当者がいない小さな会社では、現金の出し入れをひとつずつ現金出納帳に記帳するのも面倒です。
今回は、そんな小口現金を簡単に管理する方法をご紹介します。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?