執筆者:黒瀬 勇治

怖い重加算税!

怖い重加算税!
今回は税務調査の後に仮装隠ぺいしている事実が発覚し、追徴課税を受けた時に課せられる「重加算税」などを中心に説明致します。
例えば、5年間無申告の個人事業者に税務調査が入り、調査の結果、1年あたり300万円の所得税額が出た場合、仮装隠ぺいしている事実があると認められる時は、本税以外に40%が上乗せされます。

[Read more…]

太陽光及び風力発電事業!「グリーン投資減税」

太陽光及び風力発電事業!「グリーン投資減税」
グリーン投資減税(エネルギー環境負荷低減推進税制)とは、青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備(太陽光及び風力発電設備など)を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却(一部の対象設備については即時償却)又は7%税額控除(中小企業者等のみ)のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。

このグリーン投資減税について別表1の太陽光発電設備を中心に簡単に説明致します。
[Read more…]

この経費はどんな科目?個人事業向けの「勘定科目」を見てみよう

この経費はどんな科目?個人事業向けの「勘定科目」を見てみよう確定申告の集計していくのに迷うのが「勘定科目」です。
この経費はどんな科目になるの?この取引は?

会計ソフトを利用する場合でも同じことが言えます。
入力項目としては「日付」「勘定科目」「適要:相手先・内容」「金額」なのですが、このうち日付・摘要・金額は領収書などに記載されているので入力しやすいです。
しかし、勘定科目は迷うことが多いのではないでしょうか。

今回は、この「勘定科目」の個人事業向けのものを確認していきましょう。(損益計算書勘定科目)
[Read more…]

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

決算の月から2ヵ月後が、会社の決算申告手続き期限です。
今回は勘定科目内訳書を中心に、会社の決算手続きの内容を確認してみましょう。

 

[Read more…]

第二次公募の締め切り間近!ものづくり補助金申請のポイント

第二次公募の締め切り間近!ものづくり補助金申請のポイント
ものづくり補助金の申請締切が近づいてきています。
第二次公募の締め切りは8/11(月)と募集期間も短く、頭を悩ませるところは事業計画の内容などの記載です。

どのようにすれば採択を受けるのか?PRするには?
などなど短い期間で自社の試作品や設備投資、革新的なサービスを簡潔にまとめていく必要があります。
※この記事は2014年8月に執筆されました
[Read more…]

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

青色申告の記帳は、原則、年末に貸借対照表と損益計算書を作成することができるような正規の簿記(一般的には複式簿記による記帳)によることが必要です。
また、平成26年からは白色申告の場合もすべて記帳義務が発生します。

税務申告でも記帳は必要なのですが、月次・年末までの経営成績・財政状況を把握する上でも記帳は重要になります。

[Read more…]

なぜ!?記帳することが必要かを考える

なぜ!?記帳することが必要かを考える
青色申告特別控除の要件などでは記帳が必要と述べましたが、税務のためにも記帳することは必要です。
しかし、それだけでしょうか?
自社の取引を記帳してまとめて行き、最終的には会社の財政状態・経営成績を把握するために作成します。

[Read more…]

たとえ現金取引が少額でも、会社の現金管理は重要?

たとえ現金取引が少額でも、会社の現金管理は重要?「うちの会社では現金取引が少額なので、おろそかになってしまうのですが、少額でも重要ですか?」
記帳のお話をしている時によくお聞きする質問です。

答えはYESです!
大変重要となります。

[Read more…]

日々の記帳がなぜ大切なのか、3つのポイントにまとめました。

日々の記帳がなぜ大切なのか、3つのポイントにまとめました。事業を行っていると取引の記録を帳簿へ記載していきます。
いわゆる記帳を行っていくわけですが、この記帳をなぜ行うのか?
税務申告に必要であるから…確かに、税務申告のベースになるのが会計帳簿です。

申告期限間際に遡って1年分の帳簿を作成しているというお話をよくお聞きしますが、果たしてこれで良いのでしょうか?
日々記帳することの必要性を再度確認していきましょう。

[Read more…]

【3月決算企業の方へ】法人税・消費税の確定申告期限間近!慌てないための決算申告手続きガイド

決算申告5月は、決算期が3月の法人税・消費税の確定申告期限となります。
最近は、他の月に決算期を設定されるところも多くなってきましたが、平成24年の国税庁の統計調査では、年1回決算のうち3月決算企業が締める割合は、19.6%とまだ高い割合です。
(3月決算企業数 507,025社/全体 2,582,350社)

会社の決算で、どの様な手続きをすすめていくのか?
書類を作成していくのか?
簡単に確認してみましょう。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?