会社設立の全てを徹底解説!

このページでは、自分一人でもスムーズに会社を設立するために必要な情報を全てご紹介しています。具体的には以下の6つのパートで構成されています。

STEP1:会社設立の準備

会社設立の前に会社名を決めたり、起業資金となる資本金を集めたり、オフィスを契約したり、会社印鑑の準備をしたりなど様々な必要になります。詳しくは左メニューの「会社設立の準備」をご覧下さい。

STEP2:定款の作成と認証

設立項目が決まったら早速定款を作りましょう。定款というと何だか難しいもののように思われるかもしれませんが、中身は意外とシンプルです。紙の定款または電子定款の作り方、そして定款の認証手続きの方法は左メニューの「定款作成と認証」をご覧下さい。

STEP3:登記書類の作成

次に法務局で登記をするために必要な書類を作成します。用意する書類は多いですが、一つ一つはさほど難しいものではありません。詳しくは左メニューの「登記書類の作成」をご覧下さい。

STEP4:会社設立登記

次はいよいよ法務局で会社設立登記の申請を行います。左サイドバーの「会社設立登記」をご覧下さい。

STEP5:開業の届出

設立登記が終わると、税務署や都道府県に開業の届け出を行う必要があります。青色申告の申請書など重要なものも含まれているので、忘れずに届出を行わなければいけません。左サイドバーの「詳しくは会社設立後の開業の届出」をご覧下さい。

STEP6:会社設立完了

会社設立が完了するといよいよ事業の本格的なスタートです。左サイドバーの「会社設立完了」で経営に役立つ情報をご紹介しています。

会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

会社設立に役立つ最新情報

資本金を増資して資金調達をするときのメリット・デメリット

あなたが株式会社の経営者の場合、資金調達の手段は融資だけではありません。新たに株式を発行し、資本金を増やす「増資」で、運転資金を確保できます。 例えば、株式300株の会社なら500株まで増やせば200株を売って資金を集め […]

続きを読む...

法人銀行印は代表者印を使えば良いのか

法人の代表者であれば、代表者印を用意するのはもちろんですが他に法人銀行印も必要です。 しかし、その両方の印鑑を用意するには費用も手間もかかりますので、2つとも同じ印鑑にしてしまおうかと思う方も多いのではないでしょうか。 […]

続きを読む...

経営不振での減給は法律上問題があるのか。減給された従業員はどうなるのか

経営者が考えるコスト削減で、最もやりたくないのは従業員の減給ではないでしょうか。心ある上司は、給与を下げようとしている部下が真面目で良い人ほど、心が痛むものです。しかし、会社を潰さないため減給は仕方ない場合もあります。 […]

続きを読む...

新会社法で中小企業に関係ある譲渡制限や株式不発行制度を紹介します

新会社法は2006年から施行され10年以上が経過しています。新会社法で有名なのは、有限会社の廃止、株式会社を資本金1円から設立できるという2点です。 しかし、新会社法は実際979条もの膨大な量の法律で、他にも中小企業を営 […]

続きを読む...

後継者の事業承継!いくら資金を調達すべき?

お金を手渡している画像

事業承継は経営者にとって重大な問題です。少子化の影響で後継者不足問題が深刻化していますし、後継者が見つかったとしても自社株式や資産の買い取りや相続税など多額の資金が必要になります。 今回は、事業継承に関していくらくらいの […]

続きを読む...

22万社以上が後継者不足!中小企業を次世代に残す施策とは

男性が 「HELP」の旗を挙げている画像

国内の人口減少から生じる問題として人手不足問題や年金問題を思い浮かべる人は多いかと思います。しかし、問題は中小企業の場でも起こっています。経営者の継承者不足問題です。現状としては、全体の66%である22万社が後継者不足に […]

続きを読む...

会社のプロフィール「企業概要書」の書き方のコツをご紹介します!

企業概要書の切り取り画像

低金利融資で人気の政府出資100%の金融機関・日本政策金融公庫。初めて融資を受けるなどの取引を開始するとき、「企業概要書」という書類の提出を求められます。この「企業概要書」はどういう書類なのでしょうか。ここでは、企業概要 […]

続きを読む...

資本金を増資する方法をわかりやすく解説します

ビジネスでの資金調達にはいくつか方法がありますが、よく使われているのは融資ではないでしょうか。しかし、融資は返済義務があるため二の足を踏む事業者もいるようです。 返済義務のない資金調達法である「増資」はご存知ですか?今回 […]

続きを読む...

ネットを活かした投資!投資型クラウドファンディングとは

お金を受け渡している画像

ネットを通じて資金を調達する方法であるクラウドファンディング。投資の手段としても注目を集めています。しかし、なかなかその仕組みを理解できないという方も多いようです。 今回は、クラウドファンディングを通じた投資に興味がある […]

続きを読む...

会社を「創業」すると会社を「設立」するは別の意味?!決定的な違いとは

知らず知らずに使っている、似たような意味の言葉ってたくさんありますよね。例えば、開業と創業。創業は今からみて過去に開業した時期を指すそうです。 では、創業と設立って具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?