給与やマイナンバーに関する疑問を解決!

2015年10月から導入されるマイナンバー。
ここでは、既に起業されて従業員を雇用されている経営者の方向けに、どのようにマイナンバーを取り扱ったらよいか、また給与にどのような関係が出てくるか、参考になる情報を中心にご紹介していきます。

「マイナンバー」について理解する

マイナンバーは今後、どんな場面でどのように使用していくのか、まずは基本情報を確認しましょう。
>マイナンバーとは
>いつの税務申告からマイナンバー対応は必要?
>マイナンバーの記入が必要になる書類

小規模事業者もマイナンバー対策は必要

マイナンバーは会社の規模に関わらず、すべての事業者において対策が必要になります。
どんなことに気をつけて管理したらよいか、注意点をまとめています。
>小規模事業者が最低限押さえておくべきポイント
>小規模事業者向けマイナンバー導入チェックリスト

よくある質問

マイナンバーに関するFAQをまとめてご紹介しています。
>マイナンバーQ&A

給与、マイナンバーに関する最新情報

正社員と契約社員の格差はどこまで有効?

正社員と契約社員の格差はどこまで有効?

昨今、正社員(無期契約労働者)と契約社員(有期契約労働者)の賃金等の格差が取り上げられるようになっており、2018年6月1日、最高裁が一つの方向性を示しました(ハマキョウレックス事件)。 正社員と契約社員で賃金・手当に差 […]

続きを読む...

障碍者の柔軟な雇用と職場定着を促進すると最大120万円を助成!

障碍者の柔軟な雇用と職場定着を促進すると最大120万円を助成!

障碍者雇用促進法に基づき設けられている『障害者雇用率制度』により、事業主は、常時雇用している労働者数の2.2%以上の障碍者を雇用することが義務づけられています。 つまり労働者数が45.5名以上の企業には最低でも1名の障碍 […]

続きを読む...

学生にも企業にもメリット大! 今注目の異能人材採用とは?

学生にも企業にもメリット大! 今注目の異能人材採用とは?

2018年春に卒業した大学生の就職内定率が過去最高を記録。そんな“売り手市場”が続く中、大手企業が続々と、芸術やスポーツなど分野を問わずに優秀な実績を修めた学生を採用する“異能人材採用”の導入を始めました。 ゼネラリスト […]

続きを読む...

仕事帰りに“期日前投票を徹底”はNG?

仕事帰りに“期日前投票を徹底”はNG?

【相談内容】 選挙の際には必ず投票に行くよう社員に呼びかけていますが、「選挙の日は日曜日のため、遊びに出かけていて行く時間がない」と言い訳し、なかなか選挙に行かない社員もいます。そこで選挙への参加を徹底させるために、就業 […]

続きを読む...

豪雨災害により被災した社員にカンパを送りたい。社員の賃金から義援金を一律控除は可能か?

豪雨災害により被災した社員にカンパを送りたい。社員の賃金から義援金を一律控除は可能か?

【相談内容】 被災した営業所に、社員達からカンパを送る計画が持ち上がりました。 救援支援金を集める場合、社員の任意参加がベターだとは思いますが、ごく少額を社員の賃金から一律控除する方法というのは認められないのでしょうか? […]

続きを読む...

最大150万円を助成! テレワークの導入・実施でもらえる助成金とは?

最大150万円を助成! テレワークの導入・実施でもらえる助成金とは?

オフィスで決められた時間働かずに、自宅やカフェ、サテライトオフィスなどで柔軟に働く就業形態を『テレワーク』といいます。 総務省の『通信利用動向調査』では、テレワークの導入企業割合は2016年時点で13.3%に留まっており […]

続きを読む...

無期転換ルール行使による不用意な雇止めに要注意

無期転換ルール行使による不用意な雇止めに要注意

2018年4月から、有期労働契約の無期転換権の行使が始まりました。 この制度は、労働契約法という法律の改正により創設されたもので、国を挙げての制度といえます。 この無期転換権の行使との関係で、今、有期雇用契約の雇止めに紛 […]

続きを読む...

長距離通勤者が『積立年休制』を利用 高額な通勤手当は支払う必要あり?

長距離通勤者が『積立年休制』を利用 高額な通勤手当は支払う必要あり?

[相談内容] 当社で新たに『積立年休制』(※1)を導入したところ、早速対象者が出ました。『積立年休制』を申し出た当人は長距離通勤をしており、支払う通勤手当は高額に上ります。このような場合に、通勤手当を支払わないことは可能 […]

続きを読む...

中途採用には“採用のプロ”の力が必要!?

中途採用には“採用のプロ”の力が必要!?

リクルートワークス研究所が2018年6月27日に発表した『中途採用実態調査(2017年度実績)』によると、2017年度の中途採用実績は前年の2016年度に比べて11%増。また、2017年度下半期における中途採用で「人員を […]

続きを読む...

6ヶ月分の定期代、いつ、いくらで支給すればいい?

6ヶ月分の定期代、いつ、いくらで支給すればいい?

【相談内容】 当社では、通勤手当に関して、6ヶ月分まとめて購入した場合の定期券代に相当する金額を一度に支払っています。 賃金には、法律で毎月払の原則がありますが、問題でしょうか?      

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?