銀行と上手に付き合う3つの方法と関係チェックリスト

以前の記事で、銀行の仕組みについてご紹介しました。 (銀行とうまく付き合うために抑えておきたい4つのポイント) その記事の中で、 まずは相手を知ること。 次に、相手が望んでいることを正しく理解して、アプローチをすることで […]

続きを読む...

銀行とうまく付き合うために押さえておきたい4つのポイント

起業したばかりの経営者は、よく「銀行との付き合い方がわからない」と言います。 難しく考えずに「どうしたら好きな異性とお付き合いができるか」に置き換えて考えれば、おのずと答えが出てくるはずです。 まずは相手を知ること。 次 […]

続きを読む...

事業計画書作成の具体的な13のポイント

前回の記事で、事業計画書を作成する際に意識する点や採点方式についてご紹介しました。 (創業融資を制するための事業計画書の書き方ポイント大公開!) しかし、募集要項から割り出した審査項目が合っているか不安になってしまう方も […]

続きを読む...

創業融資を制するための事業計画書の書き方ポイント大公開!

日本政策金融公庫で創業融資を受けるために最も重要となるのは「事業計画書」です。 日本政策金融公庫の創業融資制度についてはこちら 創業前でまだ実績がない、または創業したばかりで実績を表す決算書がない企業に対して「融資を行う […]

続きを読む...

創業融資は実績ゼロでもお金を借りられる 一生に1度のチャンス

銀行が中小企業への融資審査を行うときは、決算書による格付けが中心になります。 このため経営実績がない創業前または創業直後の中小企業が民間の金融機関から借入をすることは、容易ではありません。 そこで、創業前後の中小企業を支 […]

続きを読む...

創業融資は「日本政策金融公庫」を活用しよう

起業時の資金調達方法として最もお勧めしたいのが「日本政策金融公庫」の融資です。 日本政策金融公庫は、株式の100%を国が常時保有することを「日本政策金融公庫法」によって定められている、特殊な株式会社です。 一般の金融機関 […]

続きを読む...

ビジネスに加速度をつける意味で 資金調達をしよう

かつては「資本金1,000万円以上」であることが、株式会社設立の要件でした。 しかし2006年5月に新会社法が施行され、最低資本金制度が廃止。 「資本金1円」でも株式会社の設立が可能になり、起業のハードルがグンと下がった […]

続きを読む...

起業時に資金調達を行うメリットと3つの資金調達法

起業時にいくら資金があればいいのか。 どのように資金を調達すればよいのか。 起業を検討される方にとって、上記の課題に向き合う必要があります。 しかし、具体的な答えを知っている方はなかなかいません。 とはいえ、知らないまま […]

続きを読む...

会社の借金は信用につながるのはなぜ?

「借金をしたくない」という気持ちになるのは、当たり前のことです。 私たちは子どものころから「人からお金を借りてはいけません」「借りたお金はすぐに返しなさい」と言われながら成長してきたため、 「お金を借りること」=「悪いこ […]

続きを読む...

借金して創業した企業の業績が伸びる理由とは?

これから起業しようとしている方に質問します。 自力で100万円貯めて、起業したA社。 金融機関から1,000万円借入して、起業したB社。 この2つの会社が同じ業種であった場合、どちらが先に成長するでしょうか。

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?