法人の決算を自分でやりたい人のための、やり方紹介記事まとめ

法人の決算を自分でやりたい人のための、やり方記事まとめ

個人の確定申告は毎年申告、納付期限が決まっていますが、会社の場合、法人税や消費税の申告、納付期限は各会社の決算(課税事業年度終了の日の翌日)から2ヵ月以内です。 日本は3月が決算月の企業が多いため、5月末日が決算申告の期 […]

続きを読む...

平成27年度税制改正~法人税率引き下げ~25.5%から23.9%に

平成27年度税制改正~法人税率引き下げ~25.5%から23.9%に

これからのシーズンは、法人で最も多い決算期であります「3月決算」の確定申告期限の5月が近づいてきました。 今回は平成27年度税制改正のうち、法人税に関する最大の改正点と言ってもいい、「法人税率 引き下げ」について簡単に解 […]

続きを読む...

導入決定!マイナンバーはどんな制度?

導入決定!マイナンバーはどんな制度?

皆さんは、マイナンバーという制度が導入されることをご存じでしょうか。 マイナンバーとは、国民全員に割り振られる個人番号のことで、平成27年10月から住民票がある市区町村から通知されることになっています。 また、法人にもマ […]

続きを読む...

ネット取引の申告漏れ所得金額12%増の1件当たり1,222万円

ネット取引の申告漏れ所得金額12%増の1件当たり1,222万円

ネット取引者の申告漏れ額は実地調査全体の1.5倍 国税庁によると、平成25事務年度におけるインターネット取引を行っている者への実地調査(税務調査)は、昨年度の1,886件から5.5%減の1,782件。 一方、1件当たりの […]

続きを読む...

慌てず騒がず落ち着いて対処しよう!税務署から「税務調査に行きたい」と電話があった場合のQ&A

慌てず騒がず落ち着いて対処しよう!税務署から「税務調査に行きたい」と電話があった場合のQ&A

Q.当社は設立してから3年が経過します。 そろそろ税務署から税務調査が来そうで気になります。 もし、税務署から電話がかかってきたら、どのように対応すればいいのでしょうか? A.即答せず、顧問税理士に連絡をしてください

続きを読む...

貸倒損失を計上する場合の注意点

貸倒損失を計上する場合の注意点

長い間にわたって回収できない売掛金が資産に計上されている場合、期末に貸倒損失を計上することができます。   売掛金を経費で処理する場合、どんな留意点があるのでしょうか?

続きを読む...

怖い重加算税!

怖い重加算税!

今回は税務調査の後に仮装隠ぺいしている事実が発覚し、追徴課税を受けた時に課せられる「重加算税」などを中心に説明致します。 例えば、5年間無申告の個人事業者に税務調査が入り、調査の結果、1年あたり300万円の所得税額が出た […]

続きを読む...

知らないと損する小規模宅地税制

知らないと損する小規模宅地税制

今回のテーマでは、小規模宅地の特例の税制改正についてお話させて頂きます。 小規模宅地等とは、 「個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等」 又は […]

続きを読む...

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意

私は、家族経営に数名のスタッフを含めた8人程度の中小企業の社長をしています。 先日、同業者の知り合いが、税務調査で多額の修正申告をするはめになったという話を聞きました。  

続きを読む...

法人の飲食代の扱い

ここのところ、飲食業界には人手不足という大きな問題はあるものの、追い風が吹いていることはご存知でしょうか? それは、法人の飲食代に関する課税が大きく緩和されたためです。

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?