観光を兼ねた海外出張費は、どこまで経費として認められる?

観光を兼ねた海外出張費は、どこまで経費として認められる?

【相談内容】 最近は、視察と観光を兼ねた“海外視察ツアー”を行う会社が増えてきているようです。 本来、視察と観光とでは支出する費用の目的が異なります。 では、観光を兼ねた海外渡航費は、どのように処理をすべきなのでしょうか […]

続きを読む...

「うちはまだ必要ない」は本当か その4

「うちはまだ必要ない」は本当か その4

税理士って、国の代わりに、税金の額を算出して、納めさせるだけだろ── このように言ってはばからない、経営者が多くいるのは事実です。 単純に税額だけを計算して、毎年の期末、経営者に知らせるだけの税理士は少なからずいます。多 […]

続きを読む...

年休取得日の時給が最低賃金を下回っていた! これは違法? 違法じゃない?

年休取得日の時給が最低賃金を下回っていた! これは違法? 違法じゃない?

【相談内容】 私はパートとして時給で働いており、月の労働日数はまちまちです。 先日、給与明細に掲載されていた年次有給休暇(以下、年休)取得日の賃金を時間換算したところ、最低賃金を下回っていました。 これは、違法ですか? […]

続きを読む...

「うちはまだ必要ない」は本当か その3

「うちはまだ必要ない」は本当か その3

税理士と月次契約をすると、顧問料がかかります。 ほかにも、記帳の代行費、個人の確定申告費、決算申告費が必要になります。 この費用は会社経営をよくするうえでの必要経費とわりきるべきでしょう。  

続きを読む...

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点

近年、個人が自宅の一部などを旅行者に貸し出す“民泊”が注目を集めています。 これを受け、2018年6月15日に『住宅宿泊事業法(民泊新法)』が施行される予定です。 これまで、民泊を営業するには“旅館業法に基づく簡易宿泊の […]

続きを読む...

「うちはまだ必要ない」は本当か その2

「うちははまだ必要ない」は本当か その2

以前は地域でいちばん大きな介護系サービス会社に勤めていて、売上は数億円。直属の部下に指示しながら部の業績を伸ばした。お客様にも慕われ、応援してくれる人 もたくさんでてきたので独立した──。 起業した人は、多かれ少なかれ、 […]

続きを読む...

「うちはまだ必要ない」は本当か その1

「うちはまだ必要ない」は本当か その1

「税理士なんていらないよ」 そんな経営者の方によくお会いします。 ですが、その判断は果たして正しいと言えるのでしょうか? ここでは、「税理士は本当にいらないのか」について、さまざまな角度から検証してみたいと思います。 & […]

続きを読む...

中小企業主は必見! 交際費と減価償却資産の損金算入が2年間延長に

中小企業主は必見! 交際費と減価償却資産の損金算入が2年間延長に

平成30年度の税制改正では、“交際費等の損金不算入制度”と“少額減価償却資産の特例”の期限を2年間延長することが盛り込まれ、ともに平成32年3月31日まで延長されました。 これらの特例は、資本金が1億円以下の法人(ただし […]

続きを読む...

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?

オーナー経営者が急に亡くなり、早急に自社株式の相続対策を行わなければならなくなった――。 そんなときの対策として注目すべきなのが、議決権のある株式の3分の2を上限として、納税の猶予ができる“非上場株式の相続税・贈与税納税 […]

続きを読む...

年会費や入会金、課税の基準は?

年会費や入会金、課税の基準は?

ビジネスをしていると同業者団体や組合などに加入が必要なことがあります。 例えば、同じ業界での親睦や地位向上、技術向上のため、付き合いで、ということもあるでしょう。 こういった団体に所属した際の年会費や入会金の請求書を見る […]

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?