ソラボで起業した起業家10人の共通点とは?失敗して再就職する人の共通点とは?

起業したいけど、自分は果たして食べていけるだろうか?心配するのはごもっともです。会社員として働くことと自分で事業をすること、この二つは全く異なる働き方だからです。

今回の記事では、当サイト運営会社ソラボが運営しているもう一つのサイト(創業融資ガイド)で実際に起業して成功した人をご紹介しつつ、起業家の共通点を中心にお話しします。

1.起業して成功した人をまずは10人をみてみよう

株式会社SoLabo(ソラボ)は東京都千代田区に本社を構える事業融資のお手伝いをする会社です。今回は、ソラボを通じて事業融資を受け、みごと起業に成功した10人の特徴について触れていきます。

①【とび職人】とび職人としての経験が非常に長い人=忍耐がある

Sさんがソラボに連絡してきた理由は、とび職人として独立したあとの事業が好調で、事業拡大をしたいと考えたからです。とび職人として20年以上の経歴をお持ちのSさん。高い足場で作業し、集中力が必要なとび職人の仕事は誰にでもできる仕事ではありません。その仕事を、20年以上も続けているSさんは、紛れもなく「忍耐のある人」と言えるでしょう。

<参照サイト>

とび職人で事業拡大のための資金調達!少ない自己資金でも500万円の融資に成功!

②【鍼灸院(しんきゅういん)】事業に必要な資格を取る人=勉強熱心な人

Yさんはスポーツトレーナーとして8年間のご経歴をお持ちで、その経験を活かして新たに鍼灸院を開業しようとソラボへ連絡されました。

スポーツトレーナーとして働く中で、「鍼灸あん摩マッサージ指圧師」という資格もYさんは取得されました。この資格を持っていないと働けないというわけではありませんが、Yさんは元来勉強熱心でスポーツトレーナーとしてナショナルチームにも同伴した経験もあるほど。「勉強熱心な人」は起業後もあらゆる困難を克服できることでしょう。

<参照サイト>

鍼灸院開業のための資金調達!ご自身の強みをしっかりアピールすることで日本政策金融公庫から600万円の融資に成功した事例

 

③【整体院】費用を最小に抑えて開業=数値感覚のある人

Mさんは事業経験が未経験ながら、整体院の開業に成功した人の一人です。起業するにあたり、大きな借金をして手広く始める方もいるのですが、Mさんは違いました。店舗オープンでは最小費用に抑えて店舗を構え、そのため経費を抑えることが可能になりました。

Mさんのように、事業をする上で収入と経費のバランス感覚のある方は起業後成功しやすいと言えるでしょう。

<参照サイト>

経験年数が浅いにも関わらず整体院開業の資金として300万円の融資に成功した事例!

 

④【フレンチレストラン】フランス修行経験アリ=新しい環境へのチャレンジ精神がある人

Iさんは飲食店業界で15年働いた経験をお持ちの方でした。さまざまなジャンルの料理を勉強するうち、ご自身が一生をかけてやりたいと思える料理であるフランス料理に出会いました。

Iさんは資金を貯めて、フランスへ修行に出ます。留学をする人はよくいますが、日本人がほとんどいない他国でイチから他人と混じって修行するのは生半可なことではありません。

<参照サイト>

日本政策金融公庫から飲食店開業のための資金1,200万円の融資を受けた事例

 

⑤【理容室】同じ店で長く働き続け、預金も忘れない=着実でしっかりものの人

起業家、というと、天才肌、人とは違う変わった人、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今回ご紹介するKさんはまるで違います。

Kさんは同じ理容室で長年勤務し、店長が高齢になったことで自分が事業を引き継ぐことで起業した一人です。同じ店に長年勤務し店長業務も任せられることで、経営者に必須の「数値感覚」が自然と身に付きました。理容室で店を回す経験をしながら、しっかり預金も続けていたKさんのようなしっかりした方は起業しても失敗しないことでしょう。

<参照サイト>

日本政策金融公庫から理容室の独立開業で800万円の融資に成功!!

 

⑥【ネット通販】商品の差別化をするアイディアマン=アイディアを実行できる人

Tさんは、過去に債務整理の経験がありました。しかし、その後みごとに借金を完済してみせたのです。

Tさんのスゴイところは、借金完済だけではありません。ネット物販という非常に競争が激しい業界で、他者とは違う商品を出して勝負しようと、プライベートブランドを開発しました。また、過去の債務整理の経験から勉強し、その後はきちんと堅実に貯蓄を続けました。

<参照サイト>

ネット通販のための資金調達!自己破産の経験がある方が200万円の融資を受けた事例

 

⑦【外壁工事業】前に勤めていた会社から受注=良好な人間関係を築ける人

Tさんは事業経営者として抜きんでた能力を持っていたとは言えません。なぜなら、独立3年目を迎えた外壁工事業では売り上げが下がり続け、さらに資金繰りもうまくいかなくなってしまいました。

けれども、Tさんは人と良好な人間関係を築けるという才能がありました。そもそも、以前勤務していた外壁工事の会社から「また戻って勤務してほしい」と言われて独立しているのですから。

起業家として成功するには、人とうまくやれるというのも成功要素の一つとなることでしょう。

<参照サイト>

債務整理を経験し、自己資金ゼロの外壁工事業の方が200万円の資金調達に成功した事例

 

⑧【ゲーム制作事業】過去に日本一位の実績をもつ販売者=何か一つ秀でるものがある人

Oさんのゲーム制作事業は開始直後、とても安泰とは言えませんでした。広告宣伝費がなく、1年で受注した本数はたったの2件。

しかし、Oさんは実は前職を務めた会社でゲームの販売総指揮として売上一位を記録した実績がありました。「資金さえあれば、売れる」自信があるOさんは、融資を受けたあと、見事に大型案件の成功したのです。

<参照サイト>

ゲーム制作事業の方が日本政策金融公庫から300万円の資金調達に成功した事例!

 

⑨【アプリ開発】経営者として利益を出していた=販売力・経営力のある人

Mさんはアプリ開発ができるプログラマーとしての経験は持っていませんでしたが、アプリ開発の会社を立ち上げました。実際にアプリを開発しなくても、Mさんにはアプリを販売するための能力と経営力がありました。

例えば、アプリを紹介するメディアへの掲載やテレビでの取材など。アプリを販売することと、そして以前経営していた会社できちんと利益を出せていたこと。この2点がMさんの強みとなり、起業は成功しました。

<参照サイト>

日本政策金融公庫から500万円の資金調達!未経験でアプリ開発事業を開始した事例

 

⑩【電気工事業】職長として指導経験がある=リーダーとしての素質がある人

 

起業家は会社に雇われているのではなく、自ら動く人なので、ある意味、起業家はリーダーでなくてはいけません。

電気工事業を起業したAさんは、前職で務めていた会社の下請け会社を設立しました。前職での得た技術や指導力は前職で務めた会社の方も認めていましたので、Aさんが会社設立後も、問題なく電気工事業の仕事は受注できました。Aさんのように優れたリーダーとしての素質がある方は、優れた起業家になる可能性が高いのです。

<参照サイト>

電気工事業で300万円の融資!創業わずか半年で融資が成功した事例!

 

2.起業家10人の共通点は?

さて、長くなってしまいましたが、実際に起業した人々の特徴をまとめれば、起業家の共通点がわかるのではないでしょうか?これまでご紹介した10人の特徴を以下にまとめて羅列します。

実際に起業して成功した人のタイプ 特徴
とび職人としての経験が非常に長い人 忍耐がある
事業に必要な資格を取る人 勉強熱心な人
費用を最小に抑えて開業 数値感覚のある人
同じ店で長く働き続け、預金も忘れない 着実でしっかりものの人
商品の差別化をするアイディアマン アイディアを実行できる人
前に勤めていた会社から受注 良好な人間関係を築ける人
過去に日本一位の実績をもつ販売者 何か一つ秀でるものがある人
経営者として利益を出していた 販売力・経営力のある人
職長として指導経験がある リーダーとしての素質がある人

世界的に有名な起業家の話はとても魅力がありますが、商売として生活できるかどうかの判断をするには、自分と似た環境の人の話を聞くのが一番です。

上記すべての特徴をあなたが持っていなくてもいいのです。あなたが上記の「忍耐がある」などの特徴をいくつか(2~3こ)お持ちなのであれば、起業家向きと言えます。その長所を最大限に生かした事業計画(事業で利益を出す計画)を立てましょう。

具体的には、例えば、あなたが数値感覚は強いがリーダーとしての素質はないと思うのであれば、リーダーは他の人に頼めばいいのです。

 

3.起業に向いていない人の共通点は?

起業に向いていない人というのは、「起こす」ことに向いていない人です。「起こす」の範囲後は「倒す」です。「寝かす」でもいいかもしれません。

勉強しなければいけないけど、今はいいや。意見があるけど、今はいいや。こうした方がいいかもしれないけど、今はいいや。

ものごとを主体的に動かせない人は、残念ながら起業には向いていないことでしょう。

まとめ

起業家の共通点はよく「天才肌」などと言われることが多いのですが、必ずしもそうではありません。

実際に起業した方を何百人と支援している経験から、「忍耐がある」「勉強熱心である」など普通の人の長所がたくさんあることが分かります。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?