フリーランスは税金の相談を誰にすべき?確定申告の基本

フリーランスで事業を営んでいる方は、事業の運営はもちろんですが、それ以外にも事務作業や各種手続きも自分自身で行わなければなりません。

確定申告もそのうちのひとつです。

今回は、フリーランスの方が確定申告で間違えやすいポイントを中心に基本的な内容を解説します。

1.確定申告は期間を守って行いましょう!

フリーランスの方は事業で得た1年間の収入を申告し、納めるべき税金を支払う必要があります。これが「確定申告」です。

30年度分の確定申告の受付期間は2月18日~3月15日までとなっていますので、余裕をもって準備をしておきましょう。

2.3つのよくある間違い

会計の知識があまりない初心者の方でも、会計ソフトを使えば日々の記帳業務や確定申告もご自身で行うことが可能です。

ただし、提出した確定申告書に不備があると、税務署から指摘を受けたり修正を求められたりします。

あまりにミスが多いと税務調査に繋がる可能性もありますので、当てはまる項目がないか申告をする前に一度確認しておきましょう。

(1)何でも経費に計上している

領収書があるからといってすべて経費として計上できるわけではありません。

必要経費は事業に関して支払った費用です。

自分の生活費や家族旅行の費用などは事業とは無関係なので、経費にはなりません。

プライベートで利用したものと事業で使ったものが混ざっていると、何に使用したものなのか税務署から説明を求められる場合があります。

「公私混同」なんて言わせない!正しい経費の落とし方

(2)数字が合っていない

確定申告書や青色申告決算書のなかには、必ず数字の一致する箇所があります。

もし違っていれば、どこかにミスがあるということです。

例えば、貸借対照表の借方と貸方の金額は一致するはずですが、ズレが生じている場合、仕訳データの入力ミスや必要な処理が漏れていることなどが考えられますので、見直して修正しましょう。

(3)収支のバランスがおかしい

月の売上が100万円で、接待交際費として50万円計上していたらどうでしょうか?

会計に詳しくない方でもおかしいと感じますよね。

私用の領収書があるのでは?水増しされた領収書が含まれているのでは?などと税務署のチェックが入ります。

よくある間違いとして、経費が二重計上されている可能性もありますので、事業での支払いに現金とクレジットカードの両方を使用している方は特に注意しましょう。

 

このようなミスを防ぐためにも領収書や請求書などの管理には注意が必要です。

クラウド請求書サービス「RAKUDA」では、請求書などの「未請求」「未入金」「入金済」とステータス管理が可能なので、請求状況を一目で把握することができます。

請求漏れや再発行防止にも繋がるため、ぜひご活用ください。

請求書・見積書・納品書を簡単便利に作成できる「RAKUDA」

RAKUDA

無料で「請求書」「見積書」「納品書」「送付状」「取引管理」が作成できるクラウド請求書ツールです。
請求業務がコレで完結。
面倒な源泉徴収税の計算も自動で行ってくれます。
個人事業主の方には特におススメ!

 

3.間違えて申告してしまったら?

申告期限内であれば、再度申告書などを提出することで新しい内容で受付してもらえますので、できるだけ早く申告し直してください。

確定申告を間違えたときの手続き

(1)修正申告

修正申告書を作成し税務署に提出します。

税務署から指摘される前に修正申告をすれば、過少申告加算税は発生しません。

ただし、追加で納付する税金に加え、延滞税を納める必要があります。

(2)更正の請求

更正の請求が可能な期間は申告期限から5年以内です。

税務署に更正の請求書を提出したのち、税金を多く支払ったことが認められると納めすぎた税金が還付されます。

確定申告の届け出はどうすればいいの?その7 間違って申告したらどうするか?

参照:国税庁 確定申告を間違えたとき

4.確定申告の受付期間が過ぎてしまったら?

万が一期限を過ぎてしまっても提出できないわけではありませんので、できるだけ早く申告しましょう。

この場合、期限後申告として扱われます。

期限後申告を行った場合、無申告加算税や延滞税といったペナルティがありますので注意しましょう。

参照:国税庁 確定申告を忘れたとき

5.節税しすぎることのリスクとは?

節税することで、支払う税金は少なくなります。

支出が減るので一時的には楽になるかもしれません。

しかし、過度な節税をすることでリスクもあります。

例えば、融資を受けたいときに儲けが出ていない会社と見られてしまい、融資を受けられない可能性が出てくるのです。

ご自身で確定申告をすることも可能ですが、適度な節税や将来の資金調達を見据えているのであれば、経営者の方の目標達成のために着実に動いてくれる税理士に依頼することをおすすめします。

まとめ

確定申告で間違いがあると状況によっては罰則を課されることもありますので、会計処理や税金に関する対応は税務のプロである税理士にお願いするのもひとつの手です。

自分で確定申告する場合でも税理士に依頼する場合でも、期限直前になって慌てないよう、なるべく早めに準備に取り掛かりましょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



融資が受けやすくなる確定申告・決算書とは?

確定申告・決算書を工夫して作成することで、
融資が受けやすくなります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?