会社を経営するために今から勉強しておくべきこと

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

サラリーマンとして会社勤めをしていながらも、「いずれは自分の会社を持ちたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、漠然とした目標のまま会社を設立してしまい、経営が失敗に終わってしまう人も多くいるのが現実です。できるだけ事前に知識やスキルが身に付いていた方が、成功の可能性は高くなるでしょう。

経営に関しての勉強の方法やスタイルは十人十色であるかと思いますが、最低限学んでおくべきポイントは押さえておく必要があります。

 

そこで今回は、「経営者になる前に勉強しておきたいこと」についてお話します。

1.そもそも経営者になるための勉強とは

会社を経営するためには、幅広い知識や市場の流れへの対応力など、あらゆる能力を成長させていかなければなりません。そのために日頃からの勉強が大切です。

現在、会社員として働いている方は、今の環境を活かして、できるだけ能力を身に付けた方が良いです。経営者や役員などが近くにいる環境であれば、働き方を間近で見たり直接話を聞いたりするなど、働きながら将来に向けた経験を積むことができます。

世の中の経営者には元々はサラリーマンだったという方が多くいます。とはいえ、サラリーマン時代に適当に働いていた人が、急に経営者として仕事をこなすのは難しいことです。日々少しずつでも良いので、何かを学ぶ姿勢を持っておいた方が良いでしょう。

2.経営者目線の考え方を知る

経営者になると、会社の方向を自分で考えて決めていかなければなりません。「決められたことをしっかりやる」能力も大切ですが、「自分で考える」能力が必要になるということです。

「視座を高める」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?視座とは、物事を見る上での立場のことで、「視座を高める」ことは経営者やリーダーの立場になったと想定して、物事を考えるという意味になります。

そうすることで普段の業務や行動を、「自分が経営者だったらどうするか」のように違う視点で捉えることができます。すぐに視座をイメージするのは難しいと思いますので、自分の会社の経営者やリーダーの動きを観察したり、経営者の本を読んでみたりするのも良いですね。

3.営業のスキルを学ぶ

会社を独立すると、自分で顧客を獲得していかなければなりません。多くの人が独立したけど仕事がない、集客するスキルや経験がない、といった壁にぶち当たります。

そこで営業のスキルを学ぶ必要性が出てきます。営業職を経験している方であれば身に付いているかもしれませんが、顧客の目線に立ち、顧客のニーズを読み取るスキルは独立後に大いに役立ちます。

もし今の仕事で営業の立場に立つことが難しいのであれば、一度営業職として営業スキルを学べる環境を探してみるのも良いかもしれません。

4.お金の流れをつかんでおく

会社を経営していくのにお金を管理することは大切です。会社の財務を経理に任せるというのも良いですが、経営状況を把握してリスクを踏まえた上での事業計画を立てるために、自分自身でお金を管理する能力も求められます。

そのため会計や経理について事前に勉強をしておくと、いざとなったときに役立つ可能性が高いです。何か関連する資格を取ってみる、通信講座などの教材を活用してみるなどして、今後のスキルとして身に付けておくことをおすすめします。

また自分のプライベートの支出情報を記した「家計簿」を習慣的につけることで、お金の出入りを可視化できます。気軽に始められるという点ではおすすめですね。

5.タスクやスケジュールの自己管理

自分で自分のスケジュールを管理できるということも大切です。人によっては簡単に感じてしまうかもしれませんが、経営者は決められた仕事を行うわけではありません。毎日のスケジュールが複雑になってしまうため、自己管理を行う習慣を今から付けておくことが大切です。

また、自分の中でルールを決めておくことも自己管理を習慣づけるためには有効です。例えば「通勤の電車では本を読むようにする」など、それほど負担にならない範囲でも良いです。大事なのは、自分のルールを守ることです。

6.仕事も勉強も積極的にチャレンジする

何事にもチャレンジする姿勢がやはり大切です。「経営者になるための勉強」といっても机に向かってじっくり勉強することだけが、経営者への近道とは限りません。

例えば、興味のある事業があれば、事業をやっている人に話を聞きに行ったり、事業モデルを考案し、できる範囲で実際に動かしてみたりするのも面白いかもしれません。

また経営者と出会えるセミナーや交流会に出向くことで、実際に独立をしたストーリーや経営のノウハウを直接聞くことができるかもしれません。

経営者は人脈があった方が有利です。独立前に良い人脈形成ができているかどうかで結果が変わってくる可能性もありますので、行動範囲を広げていくことも大切です。

失敗しても何とかなる範囲であれば、積極的に行動した方が新しい発見や出会いがあることが考えられますので、ぜひ色々なことにチャレンジをしてみると良いでしょう。

まとめ

以上、会社を経営者するための勉強についてでした。

勉強と聞くとテキストや書籍を購入し、黙々と知識を蓄える…といったイメージがあるかもしれませんが、自分から実際に行動してみることでも将来につながる良い影響があるかもしれません。

もちろん、どの方法が合うのかは人それぞれ違いますので、自分にあった方法で目標に向かっていくのが一番良いです。ぜひ様々なことにチャレンジをして、経営についての知識やスキルを高めていっていただければと思います。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?