法人銀行印は代表者印を使えば良いのか

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

法人の代表者であれば、代表者印を用意するのはもちろんですが他に法人銀行印も必要です。

しかし、その両方の印鑑を用意するには費用も手間もかかりますので、2つとも同じ印鑑にしてしまおうかと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、法人銀行印と代表者印の区別について説明いたします。

1.企業経営に必要は印鑑の種類

法人銀行印と代表者印はシーンによって役割が違いますが、企業経営に必要な印鑑は法人銀行印と代表者印以外にも様々な種類の印鑑があります。

以下にその一覧を示します。

代表者印契約を結ぶ際に使用します。会社設立時、法務局にて印鑑登録します。会社名と役職者名が書かれた丸形の印です。
法人銀行印銀行で法人口座の開設や小切手・手形を発行する際に使用します。社名と銀行印であることが書かれており、丸形です。
社印社内文書などに押す会社の認印です。社名のみが書かれた角形です。
住所印住所などの定型文を写す際に使います。ゴム製でてきているのが特徴です。

これらの印鑑を合わせて法人印鑑と言います。

ただし、住所印に関しては作業の効率化の為ですので、主なものは他の3種類です。

法人銀行印と代表者印に関しては使用用途が違うため、違う印鑑が必要と考えている方が多いですが、実際はこの2つは併用することができます。

会社を設立する際には、代表者印によって手続きが終わりますので、代表者印は必須のものとなります。

そして、その代表者印をそのまま銀行で口座開設する際の届出印として使用することもできます。

そのため、他人によっては経費を削減するために、代表者印を銀行印としてそのまま使う人もいます。

しかし、この2つを併用できるからと言って、併用する方が今後も見据えて良いと言えるのでしょうか。

2.代表者印と法人銀行印は分けた方が良い

代表者印と法人銀行印は併用することができるものの、別のものを用意した方が良いと言えます。

(1)代表者印と法人銀行印は使う人が違う

代表者印と法人銀行印は使う人が違います。

代表者印を使うのは基本的に会社の代表者です。

代表者印は契約書への捺印など、会社の将来を左右する際に使用する印鑑ですので、経営に関して決定権を持っていない人が使用することはありません。

例えば、代表者ではない従業員が営業先で契約を交わしたとしても、その契約書に印鑑を押すのは代表印を持つ代表者です。

そのため、契約のためであったとしても、代表者以外が代表社印を持ち出して契約書に押してしまうということはありません。

一方、法人銀行印は代表者印とは異なり、会社の経理担当者など代表者以外の人が使用するケースもあります。

つまり、代表者印と法人銀行印は使用用途の他に、使用者の違いがあるということです。

使用者に違いがある印鑑が同一のものであれば、印鑑の行き来が頻繁になってしまうため非常に面倒になってしまう可能性があります。

そのため、代表者印と法人銀行印は別にした方が良いと言えます。

(2)紛失のリスクや手間の軽減になる

代表者印と法人銀行印を分けることで、紛失した際のリスクと手間の軽減につながります。

代表者印と法人銀行印が同一の場合、契約書の取り交わしから金銭のやり取りまで1つの印鑑で完結するという事です。

もしそのことを第三者が知っていて、印鑑を紛失してしまった場合、悪用されるなど大変なことになるかもしれません。

また、代表者印と法人銀行印が同じである印鑑を紛失した際には手続きも面倒になります。というのも、法務局と金融機関の両方での手続きを済ませなければならないからです。

しかし、代表者印と法人銀行印が別であれば、万が一紛失した場合でもいずれが一方の手続きだけで済みます。

そのため、もしものことを考えて代表者印と法人銀行印は別にしておくことをおススメします。

まとめ

代表者印と法人銀行印は併用することができるものの、今後のことを考えると別にした方が良いと言えます。

たしかに印鑑を2つ用意するとなると、余計に費用が掛かってしまいますが、その分業務内での便宜や紛失のリスク軽減に役立ちます。

代表者印と法人銀行印を別にするべきかどうか悩んでいるという方がおりましたら、上記の理由からも別に代表者印と法人銀行印を用意することをおススメします。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?