預金残高をメモするだけで倒産リスクが下がる!?

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

経営者の方のなかには、数字の管理は税理士に任せているという方も多いのではないでしょうか。

事業に集中するためお金のことはお金のプロにお願いするのもとても大事なことですが、毎月の状況がどうなっているのか把握できていない方が多いのも事実です。

そこで今回は、会計の知識が全くない方でも会社の経営状況を把握するために簡単に始められる方法をご紹介します。

1.たったこれだけでOK!預金残高を毎月メモ

少し前にレコーディングダイエットが流行ったのを覚えているでしょうか?

毎日体重計に乗り、食べた物を記録するだけで体重が落ちるというダイエット法ですが、これは普段の食生活が見える化され、食べすぎを認識することで食欲を抑え、結果的に体重が減少するというものです。

同じことが会社の経営状況にもいえます。

いきなり決算書の中身をすべて理解しようと思ってもなかなか難しいので、まずは毎月、通帳の預金残高をメモするようにしましょう。

メモを取ることで自分の会社の状況を把握でき、リスクが発生する前に何かしらの手を打つことが可能になります。

まずはメモを取るために、「通帳記帳を定期的に行う」「ネットバンキングを利用してる場合は明細を印刷する」この2つを月初または月末に行いましょう。

2.何のためにメモを取るの?

例えば、あなたがオーナーとなり、居酒屋を開業したとします。

月の売上が100万円で、材料の仕入れに35万円、店舗の家賃や人件費など、その他の経費に40万円かかりました。

(売上)100万円-35万円(原価)-40万円(経費)=(利益)25万円

利益が25万円出ているので大丈夫と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この利益からあなたの生活費等が捻出されるので、結果的に残るのは数万円だけ…ということも考えられます。

また、「野菜の値段が高騰し、仕入れの費用が上がった」「閑散期に向けてクーポンをつけたチラシを配布する予定」など、経営していく上で避けられない事象もあるでしょう。

利益がきちんと出ているときも、逆に出なかったときも、毎月の預金残高をメモすることで預金の増減を確認することができ、なぜ今月は資金繰りが悪かったのかなど、分析することが可能になります。

3.メモしたら終わり!・・・ではありません!

預金残高を毎月メモしたら、毎月の増減理由を考えることが大切です。

こちらも居酒屋を例に説明すると、「繁忙期に向けてアルバイトを雇用するため広告費がかかった」や「クーポンを配布したことで売上が上昇した」など、1か月を振り返り原因を探りましょう。

預金残高を毎月メモしたら毎月の増減理由を考える

今回は例なので簡単に説明しましたが、さらに細かく分析できる方はそれでも良いです。

「何も対策が取れないまま、気づいたらお金がまったくなかった!」という事態を避けるためにも経営者の方には最低限やっていただきたい職務になります。

4.無料で使えるツールをご紹介!

預金残高を把握することの重要性はご理解いただけたのではないでしょうか。

とはいえ、「複数の通帳があって管理が面倒」や「せっかくメモするなら見やすくまとめたい」など、実際にやってみようと思うとさまざまな要望が出てくるかと思います。

そんな経営者の方にぜひ使っていただきたいツールが、通帳残高確認ツール「OSAIF(オサイフ)です。

「OSAIF(オサイフ)」の特徴は4つ。

通帳残高確認ツール「OSAIF(オサイフ)」の4つの特徴

パソコン操作が苦手…という方でも使いやすくシンプルな入力画面になっており、毎月の預金残高がグラフで表示されるので増減が一目瞭然です。

残高を確認し、どんな施策が売上に繋がったのか、利益が下がった原因はどこにあるのか、経営状況の改善のために活用してください。

通帳残高確認ツール「OSAIF(オサイフ)」

また、日本政策金融公庫などから資金調達を検討しているのであれば、預金残高の多いときがベストなタイミングです。

「お金がないから貸してほしい」というのが経営者の方の本音かもしれませんが、経営が苦しい状況での融資は非常に厳しいのが現実です。

仮に融資を受けられたとしても申し込んでから実際にお金が振り込まれるまで、1か月程度かかりますので、その間に資金ショートが起こらないように早め早めに対応しましょう。

まとめ

安定した会社経営をするためには、会社の現状を把握することが大切です。

そのためにまずは預金残高をメモすることから始めましょう。

そして赤字の原因はどこにあったのか、どうすれば利益が増えるのかと、経営戦略を立てることで結果的に倒産リスクの減少に繋がっていきます。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、
節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?