延滞歴あり!信用情報ブラックな方が資金調達する時のオススメ3つの方法

ブラック不安_R_R

クレジットカードや融資の記事をネットで検索していると、「信用情報ブラック」という言葉を目にすることが多いと思います。「信用情報ブラックの自分でも借り入れできる?」などのタイトルの記事もあります。

今回の記事では、信用情報ブラックの方向けの3つのオススメ資金調達法をご紹介します。

1.信用情報ブラックとは?

信用情報ブラックとは、クレジットカードなどを滞納した履歴が信用情報機関に記録されている方のことを言います。

【どんな人が信用情報ブラック?】

  • クレジットカードの遅延がある人
  • クレジットカードの代金未払いがある人
  • 携帯電話の代金未払いがある人
  • 奨学金の支払い遅延がある人

これらの行為をした覚えのある方は、5~10年は金融機関で融資を受けられない可能性があります。なぜかと言うと、クレジットカードの遅延などの情報は信用情報機関から金融機関に連絡されてしまうからです。その期間は一生涯ではありませんが、内容によって5~10年という長期間、保有されてしまいます。「たった1回の遅延でもブラックになる?」それは遅延の頻度によります。これまでの長い返済期間の中で、たった1回だけ、しかもすぐに返済したのであればブラックとは言えないかもしれません。しかし、頻度が2~3度になればブラックとなる可能性が高まります。

2.信用情報機関は相互にブラック情報を連絡し合っている

信用情報機関は賃金業法で定められた「指定信用情報機関制度」から成る組織です。お金を貸す側の利益を守るため、そして過剰な貸付をせず消費者を守るために、信用情報機関はわたしたち個人のお金の貸し借りに関わる情報を保持しています。

日本で経済産業省の指定を受けた指定信用情報機関は以下の3つです。それぞれ、担当する範囲とブラック情報を保持する期間が異なります。これらの信用情報機関は相互連携してブラック情報を共有しています。そのため、1つの信用情報機関がブラック情報を記録したら(例.クレジットカード)、他の方法(例.カードローン)での資金調達も断られてしまう可能性があります。

CIC

クレジットカード会社が共同出資してできたのが株式会社CIC(シー・アイ・シー)です。クレジットカードを利用する割賦販売(エステやフィットネス年会費など)や消費者ローン(カードローンなど)の信用情報を扱っています。

延滞 任意整理 自己破産
5年 5年 7年

JICC 

株式会社日本信用情報機関ことJICCです。クレジットカードのリボ払いやキャッシングの信用情報を扱っています。

遅延 任意整理 自己破産 強制解約
1年 5年 5年 5年

JBA(KSC) 

一般社団法人・全国銀行個人信用情報センターことJBAです。JBAが運営する全国銀行個人信用情報センターがKSCです。そのため、両社はほぼ同内容を扱う組織です。JBA(KSC)では個人のクレジットカードやローンの申し込み情報を6か月間保持します。また、その契約情報(契約金・支払い回数・入金日など)は5年間保持しています。

延滞 任意整理 自己破産 代位弁財
5年 5年 10年 5年

 

これらの信用情報機関は金融機関へ信用情報を渡していますが、当の本人も開示請求すれば閲覧することが可能です。(手数料1,000円ぐらい)あなたが自分が信用情報ブラックなのか気になる場合は、上記信用情報機関のホームページからから信用情報の開示を請求しましょう。

3.信用情報ブラックな自分が金融機関以外で資金調達する方法は?

①ファクタリング

ファクタリングという言葉がネット検索の資金調達ワードでよく表示されるようになったのは、2016年頃からです。ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に売却してファクタリング会社からお金を資金調達することです。ファクタリング、と言うと新しい感じがしますが、要は売掛債権担保融資と非常に似ています。

信用情報ブラック

ファクタリングでは、あなたの信用情報が審査で利用されることはありません。ファクタリングは売掛債権を売るあなたと、それを購入するファクタリング会社との取引契約ですので、金融機関のような賃金業法に該当しないからです。しかし、ファクタリングは実際には賃金業じゃないの?といった声もあります。今現在は融資に該当しませんが、ゆくゆくはファクタリングでも信用情報が利用される可能性もあるかもしれません。

ファクタリング会社は国による2か月以上の審査が行われ、初めて認可されます。有名なところではビートレーティング(手数料3.0%~)や三共サービス(手数料1.5%~)などがあります。

②クラウドファンディング

クラウドファンディングは比較的新しい資金調達法です。ネット上にあるクラウドファンディングサイト上であなたのプロジェクトを立ててアピールし、パトロンが同意してくれればあなたはネット上で資金調達することが可能なのです。

新しい資金調達手法「クラウドファンディング」について

クラウドファンディングであなたの信用情報は関係ありませんが、すぐにまとまったお金が必要な場合は適さない資金調達方法かもしれません。クラウドファンディングの成功率は30%で、100万円以上の資金を得るにはそれなりの準備やプロジェクトをあってなければいけません。

③親・友人から借りる

信用情報ブラックなあなたが資金調達したいのであれば、身近なところで配偶者や友人などにあたってみる、という方法があります。

信用情報ブラックになった理由が「たまたま」1~2度遅延してしまった、という過失であれば、家族もお金を貸してくれるかもしれません。その際、家族であっても借用書を渡すことは忘れてはいけません。

まとめ

信用情報ブラックとなった場合の資金調達法を3つご紹介しました。手数料は高いけど即時性のあるのはファクタリング、ネット上で完結できるが実現性は低いのがクラウドファンディング、手数料は低く自分の信用度により成功率が上下するのが親や知人からの借り入れです。

 

 

 

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 着手金ゼロ 完全成功報酬
    (12万円もしくは融資額の2%のいずれか高い方)
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能

起業者支援の専門家に相談してみませんか?