借金はダメ?事業において、お金を借りる「借金」は本当に「悪」なのか。

借金考える

日本は比較的、リスクをとることを避ける傾向にあります。そして、「お金を借りる」ということに対して、悪いイメージを持たれている方が多いです。

なんとなく「借金はダメ」と思っていませんか?

親に言われたのか、先生に言われたのかわかりませんが、小さい頃から「借金はダメ」と言われた気がします。

 

しかし、事業において本当に借金は悪なのでしょうか??ここでは、「借金」が持つ誤解を2つご紹介します!

 

誤解1:借金=悪

借金は悪?

たしかに、借金=悪になってしまうこともあります。

しかし、それは借金が悪なのではなく、借金をしなければならなくなった理由に原因があるのではないでしょうか??また、ドラマなどで借金取りが怖い人というイメージが借金=悪に繋がっているように感じます。

しかし、借金は言い換えれば「資金調達」です。資金調達は事業を行う上でとても重要です。

資金調達(借金)→投資→回収

発展している企業の経営者は資金調達→投資→回収のサイクルを上手く回しています。このサイクルを上手に回すことこそが企業活動なのです。

孫正義社長の率いるあの企業は、10兆円を超える有利子負債を抱えています。しかし、海外のM&A事業などを積極的に行い、事業規模を拡大しています。決して無闇に借入や投資を行っているワケではありません。

実は、弊社のお客様にも、創業からしばらくは「借金=負け」という意識からお金を借りるということに積極的になれなかったという方がいらっしゃいました。

しかし、「借りる用途がなにか」「そのお金をいくらに出来るか」をしっかりと予測することが大切で、それは、お金を借りたということではなく、お金を先に調達して、そのお金をどこに投資したかというだけのことだと気付いて、融資を受ける決意をされたとおっしゃっていました。

明日から売上が0になるとしても、潰れないための経営基盤をつくるためには現預金の蓄積が重要であり、現預金を蓄積させるためには借入は不可欠な企業活動となるのです。

誤解2:利息を払うのはムダ!

利息なんて、お金をドブにすてるようなもんじゃない!

と思われる方の気持ちは十分に理解できます。

しかし、考え方を変えてみるとどうでしょうか?

「利息=掛け捨て保険」

ご自身の万が一に備えて保険に加入されている方は多いと思います。日本は保険大国と言われるほど、個人で保険に加入している方が多いです。最近では保険料の低い掛け捨てタイプの保険商品が多く存在します。

しかし、経営が危うくなった時に支払われる会社向けの保険というものはなかなか存在しません。しいて挙げるならば、「経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)」があります。

様々なメリットのあるこの制度ですが、正式な倒産手続きが取られたケースが該当する制度であり、夜逃げのような状態では借入は認められません。

経営セーフティ共済についての詳細は下記記事も併せてご覧ください。

経営者の強い味方!!経営セーフティ共済、使っていますか?

金融機関は、業績が悪い状態の企業にお金を貸すことを嫌がります。回収できるかどうか不安がある状態でお金を貸したくないと思うのは当然です。

万が一に備えて利息を払って融資を受けることは、会社を守るための保険と言い換えることが出来るのです。

また、時代は低金利時代に突入しています。例えば、日本政策金融公庫の金利はおおよそ1~2%台です。1,000万円の借入で年間約20万円程度です。この利息を渋ることで会社が回らなくなってしまったら、後悔しないと言い切れますか?

お金は「借りる必要がない」時に借りることがポイント

金融機関から新規の貸付を受けることは簡単ではありません。

先にも述べたように、業績が良ければ貸してくれるケースは多いですが、業績が悪い状態での新規取引は不可能といっても過言ではありません。

そのため、金融機関からの新規貸付は「お金を借りる必要がない」タイミングで行うことが大切です。万が一を考え、できれば創業から2年以内に2つの金融機関からの資金調達計画を検討しておくことをオススメします。

まとめ

お金を借りることは恥ずかしいこと、悪いこと、という印象がありますが、事業の発展には資金調達→投資→回収を繰り返すことが大切です。

借金を悪、利息はムダと考えるか、借金は投資のための準備、利息は保険と考えるか、経営者として本当に必要なことがなにかを考えることが大切なことなのではないでしょうか?

今回の記事は、株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一著「独立開業から事業を軌道に乗せるまで賢い融資の受け方35の秘訣」より抜粋してご紹介しています。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 着手金ゼロ 完全成功報酬
    (12万円もしくは融資額の2%のいずれか高い方)
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能

起業者支援の専門家に相談してみませんか?