粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

以前ご紹介した記事で、「経理業務は丸投げしなさい」と書きました。

では、どこに「丸投げ」するのがよいでしょうか。

会社が大きくなってくると、簿記の資格をもっている人を経理担当の正社員として雇おうとする社長さんがいます。

しかし、これでは、会社がいくら利益を上げても、本業を圧迫するだけです。

事務員の人件費は固定費です。

設立間もない会社が、事務員1人分の固定費をかかえるというのは、大きな足かせになるとお考えください。

経理にかけられるコストを人件費に置き換えてみる

経理業務で人を雇ってはいけない経理のコストを考えるとき、目安となるものがあります。

国は、国民から税金100円を集めるのにおおよそ2円の経費をかけているそうです。

じつはこの数値は、民間企業にも当てはまります。

黒字企業を調べると、粗利益に対して経理コストは2%以下になっていました。

赤字企業ではそれが3~4%になっているのです。

経理コストを2%までに抑えようとする場合、正社員を雇った上で実現するのは現実的に難しいでしょう。

たとえば1億円の粗利益がある会社でしたら、2%は200万円です。
2%までに抑えようとしたら、年収200万円で経理ができる正社員を雇うことになります。
実際のところ、年収200万円では、なかなかいい人は雇えません。

粗利益1億円未満の会社でも経理を丸投げするには

では、どうすればいいでしょうか。

こんな時、便利なのがアウトソースすることです。

インターネットで検索してみると、記帳、経理の代行業務を行う専門会社がたくさんあります。
依頼する業務内容やボリュームにより、価格帯はさまざまです。
少ないところでは890円/月~というところもあります。
多くても15万円/月程度見ておけばほとんどの記帳、経理業務は対応してもらえるでしょう。

粗利益1億円までの会社なら、月15万円で完全外注化しても、1年で180万円。
経理コストを2%未満に抑えているので、充分元がとれるという計算になります。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、
節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?