起業家は注目!新しい資金調達の「クラウドファンディング」とは?

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

お金を囲んで手を繋いでいる写真皆さんにとって「資金調達」というと、どのようなイメージがありますか?恐らく、「金融機関を介さないとできないハードルが高いもの」というイメージを持つ方が多いと思います。

しかしインターネットが普及してきた近年では、皆さんが抱えている「資金調達」のイメージを変えるものが現れました。それが、「クラウドファンディング」です。

クラウドファンディングはアイデアとインターネットがあることによって、金融機関を介さないで資金調達ができる、新しい資金調達として起業家に注目されています。

今回は新しい資金調達であるクラウドファンディングについて説明していきます。

1.クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、新しい資金調達方法の一つです。

クラウドファンディングという言葉はcrowd(群衆)+funding(資金調達)を組み合わせて作られました。その言葉のとおり、クラウドファンディングはインターネット上で多くの人々からの支援を受け、資金調達をする方法です。支援者にはリターンとしてモノやサービスを与えるケースもあります。

クラウドファンディングは金融機関などを介さないで資金調達ができるので、インターネットとアイデアがあれば誰でも手軽に資金調達できる手段として注目されています。

 

2.クラウドファンディングのやり方とは

自分のアイデアを実現したい、クラウドファンディングをやりたいという人を「起案者」として、手順を説明します。

①起案者は、アイデアを掲載したいクラウドファンディングサイト・事業者を探します。クラウドファンディングサイト・事業者を探す際、「まずどのクラウドファンディングの種類を行うか(クラウドファンディングの種類については3で説明)→行いたいクラウドファンディングが得意とするサイト・事業者はどこなのか」というように行うと良いでしょう。

②クラウドファンディングサイト・事業者の担当者と相談。何かサイトやクラウドファンディングについて少しでも疑問点があれば、遠慮なく担当者に聞きましょう。

③クラウドファンディングのプロジェクトページを作成・アイデアを公開します。

④公開後、プロジェクトの認知してもらう・支援してもらうためのプロモーション活動を行います。

⑤資金が集まったらアイデアを実行・クラウドファンディングの種類によっては支援してくれた方にリターン(商品サービス・お金)を与えます。

 

3.クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには主に5つ種類があります。

ここではアイデアを出し支援を募集する人を「起案者」・クラウドファンディングを行う事業者を「事業者」・アイデアを支援してくれる人を「支援者」として、説明します。

・購入型クラウドファンディングとは

購入型クラウドファンディングは、5種類のなかで最も使われていることの多いものです。購入型クラウドファンディングは、起案者が事業者を通じて公開したアイデアを・支援者はお金を通じて支援します。そしてお金が集まり・実現した場合、起案者は支援者に「リターン(商品やサービス)」をプレゼントします。

・寄付型クラウドファンディングとは

寄付型クラウドファンディングは、「リターン」のないクラウドファンディングとなります。起案者が事業者を通じて公開したアイデアを・支援者はお金を「寄付」という形で支援します。起案者は寄付してくれた支援者に対して、「リターン」の代わりに活動報告やメッセージを与えることが多いです。寄付型クラウドファンディングは主に、被災地の復興支援など社会貢献できるプロジェクトで行われることが多いのが特徴です。

・融資型クラウドファンディングとは

融資型クラウドファンディングは、「リターン」がお金(元本と利息)となるクラウドファンディングです。そのため、起案者は「資金業法」や「金融商品取引法」などの法律規制を受けることになります。起案者は企業であることがほとんどです。

融資型クラウドファンディングでは、起案者である企業がやりたい事業内容を事業者通じて公開・事業者は支援者(投資家)から小口の資金を集めます。事業者は、小口で集めた資金を大口化し・起案者である企業に融資します。起案者である企業は事業者に返済・事業者を通じて支援者(投資家)に分配・特典を与えます。

・株式型クラウドファンディングとは

株式型クラウドファンディングは、リターンが株式となるクラウドファンディングです。

そのため、起案者は非上場の企業となります。株式型クラウドファンディングでは、起案者である企業が・事業者を通じて支援者(投資家)に未公開株を提供・資金を集めます。そして、起案者である企業は支援者(投資家)に・リターンとして株式を発行します。

株式を扱うクラウドファンディングなので、起案者である企業は年間1憶円未満・支援者(投資家)は1社で50万円といった投資金額に制限が設けられています。

・ファンド型クラウドファンディングとは

ファンド型クラウドファンディングは、リターンがお金(売上の基づく分配金)だけでなく・加えて商品サービスも時にはあるクラウドファンディングです。ファンド型クラウドファンディングは、起案者は企業となります。起案者である企業が事業者を通じて出資募集を行います。支援者(投資家)は事業者を通じて・起案者である企業に投資をします。そして、起案者である企業は事業者通じて支援者(投資家)に分配・商品サービスを与えます。

ファンド型クラウドファンディングでは、第二種金融商品取引業の登録が必要となるため、支援者(投資家)は事業者を通じて『匿名組合契約』などを行います。

 

まとめ

クラウドファンディングは、金融機関などを介さない・アイデアとインターネットがあれば手軽に資金調達ができるので、起業家であれば注目しておきたいものです。また、アイデアを公開することで支援者(投資家)の反応が確認できるのもクラウドファンディングの良いところといえます。一方で、目標金額が達成しなかった場合は資金調達ができない・リターンについてもしっかり考える必要があります(支援者に対してリターンをしないは、絶対にしてはいけません!)。このためクラウドファンディングを行う前に、アイデアの実現度はどのくらいなのか・どのくらいの支援者が集まりそうかを入念に調べる必要があります。

今回の記事を参考に、クラウドファンディングに興味を持つきっかけになって頂ければ幸いです!

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?