会社を「創業」すると会社を「設立」するは別の意味?!決定的な違いとは

知らず知らずに使っている、似たような意味の言葉ってたくさんありますよね。例えば、開業と創業。創業は今からみて過去に開業した時期を指すそうです。

では、創業と設立って具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

1.創業とは

創業という言葉は「〇〇年に事業を開始しました」という意味のある言葉です。そのため、会社をつくるという意味とはイコールではありません。事業(ビジネス)は会社設立せずに個人事業主でもできますし、会社設立をしてから事業を開始することもできますからね。

ですから、「5年後に創業したいんです!」という言い方は、言いたいことの意味は十分わかりますが、語法としては誤りなのです。

2.設立とは

設立とは会社や学校などの公共的な機関を新規に作ることを言います。超個人的な場所(例、俺の書斎)などのことは「設立する」と言いません。

会社や学校などを設立する場合、単に建物を契約したり作ったりするだけでは社会には認められません。必ず「登記」といって住所や代表者などの書かれた書類(登記書類)を作成し法務局の帳簿に登録する必要があります。登記をすることで、会社や学校は誰のものかという権利や支払わなくてはいけない義務も明確化されます。そのため、設立という言葉はよく登記の場面でも登場します

ちなみに、この制度はインターネットの中のドメイン(領域)と似たような仕組みです。あなたが今見ているサイト(インキュアップ)のURLはinqup.comですが、.comの前の部分のinqupというドメインは、現在本サイトの運営会社が所有しています。そのことはDNSサーバー(ドメインネームシステム)に登録されているのです。少し登記と似ていますよね。

3.創業はこんな時に使う言葉

創業は「創業〇〇年」というように年数と共に使われることの多い言葉で、「かなり昔からやってます」アピールに効果的です。

創業アピールは和菓子や呉服など和風のものに多い気がするのですが、例えばサントリーで販売されている京都のお茶・伊右衛門は京都・福寿園の製品ですが、福寿園は創業1790年です。スゴイですね。

4.設立はこんな時に使う言葉

設立は「かなり前からやってます」アピールに使われてはおらず、会社登記や設立趣意書など会社をつくる際に手続きなどでよく出てくる言葉です。

よく世間で知られているブランドでも、創業を先にして、あとから会社設立するというパターンは非常に多いです。またまたサントリーを例に出しますが、創業は1899年で初めてウイスキーを販売した鳥井信治郎氏がサントリーと名付けたそうです。会社設立をしたのはその32年後の1921年です。

5.会社設立がしたいのか、創業がしたいのかという話

会社設立して社長になりたいからまず会社を作るという方がいらっしゃいますが、会社はあくまで事業をするステージであり箱のようなものです。勝負する中身がともなわないと、単にお金がかかって手続きが面倒で、とメリットがあまりありません

融資の話で言うと、事業がしっかり軌道にのってさえいれば、個人事業主か会社なのかという判断で融資が不利になることはありません。「自分は何がしたいのか」をよく考え、その上で会社設立した方が社会的信頼などのメリットがあるようであれば、会社設立すればいいのです。

まとめ

設立は会社や学校など社会の中で公共性のある施設を作ることを指します。創業は今からみて過去に事業をスタートした時期を差し、創業〇〇年という言葉で使われることの多い言葉です。

単にこれから事業をスタートする時は、「開業」という言葉を使うとよいでしょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?