経費として計上できるものとできないもの

0473cade02b59296173de49b4fe3b106_s「起業したら何でも経費にできる」

こう思っている人は多いと思いますが、そう簡単にいかないのが現実です。

使用目的や使用状況により、経費にできるものとできないものがあるのです。

具体的にはどこで判断されるのか。今回は、経費として計上できるかできないかの基準をお話します。

フェラーリとクルーザー、経費で落とせるのはどっち?

ある社長さんがいました。

この人は

「起業して成功したらフェラーリとクルーザーを買って経費として認めてもらおう」

そう思っていました。

実際に起業し、成功をおさめたこの社長さんは、早速フェラーリとクルーザーを経費で認めてもらえないか、確認してみました。

結論から言うと、国税不服審判所(裁判所に先立って税務署が行った処分の正当性を審査する機関)にて、フェラーリが認められて、クルーザーはダメだったのです。

詳しくいいますと

「クルーザーは運行記録がないため、業務上必要なものとはいえず、経費とはならない。
フェラーリは車両の検査記録などから業務に使用したことが認められるため経費とされる」

というものでした。

フェラーリもクルーザーも高額でかつ個人的な趣味だといえなくもありませんが、こういう裁決事例がでてしまったのです。

業務として使用した記録があるかどうかがカギ!

ここで明らかになったのは、業務上の支出を裏付ける証拠があれば、経費として認められる可能性が高いということです。

交通費でいえば、どの駅からどの駅まで電車に乗ったかその記録がカードに残っていれば、領収書がなくても許されるというケースに似ています。

ただ、企業規模によっては、社用のモーターボートやクルーザーをもっているところは多くありますし、起業したからには、大きな夢をもちたいものです。

これから起業しよう、成功したらフェラーリやクルーザーを買おう!と考えている方は、税理士に

「将来は、ベンツにのって、葉山マリーナにモーターボートを所有したい」

と宣言しておきましょう。

経費として認められる方法を一緒に考えてくれるはずです。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、
節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?