【創業・設立・創立】 起業に関わる用語の意味の違いについて

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

人が並んでいる写真創業、設立、創立…。

起業に関してさまざまな用語があるのを聞いたことがあるかと思います。

しかし、それらの用語の意味の違いを明確に理解して使用している人は少ないのではないでしょうか。ほどんどの人がなんとなくこれらの用語を使っているかと思います。起業を志している人ならこれらの用語はしっかりと区別できるようになりたいですよね。

そこで、今回は起業に関する用語の意味について説明していこうと思います。

1.創業とは

創業とは、事業を始めることを意味します。個人でも法人でも事業をはじめるのであれば創業と言えます。事業とは一般的に、営利を目的とした経済活動を行うことが多いです。つまり、創業とはお金を儲けるための経済活動を開始することです。

起業する際には、法人を設立するにあたって必要な開業準備行為も創業に含まれます。開業準備行為とは、物件の取得や原料の仕入れ、販売経路の確保など事業主体を立ち上げた後スムーズに事業を始められるようにするための準備行為です。

法人の場合は、設立登記をしていない段階であっても創業は可能です。そのため、登記する必要のない個人事業主でも事業をはじめたのであれば創業ということができます。

ただし、事業をはじめた実態がまだ現実に存在しない時には創業と言うことができませんので注意が必要です。

 

2.設立とは

設立とは法人が登記を申請することです。より詳しく説明すれば、定款の作成から出資者の確定、会社財産の用意、取締役などを決定し、公証人から認証を受けて登記申請をするまでです。

登記申請とは資本金の金額や取締役と代表取締役の氏名及び住所、発行可能株式数などを明記した書類を法務局に提出することです。ただし資本金に関しては、会社財産を用意するために必要となる計算上の金額ですので、現金を実際に用意する必要はないです。

法人登記は準則主義であり、正しい手続きを経れば誰でも行うことができます。ほとんど届出の形に近く、国からの許可なども不要です。

既存の法人が子会社を作ったりした際も登記すれば設立と言います。登記されると法人格を得られますので、法人向けの優遇措置を受けることもできます。

そのため、個人事業主であれば確定申告をするために開業届を税務署で行ってから、事業を始めたとしても設立とは言いません。

 

3.創立とは

創立とは初めて組織を作ることで事業をはじめることです。登記をしたり開業届を提出したりする必要はありません。

会社以外にも、同好会や学校と行った任意団体も含まれますが、個人事業主の場合は創立とは言いません。また、既存の会社が子会社を作ったとしても創立とは言いません。

 

4.起業、開業、独立… 他のよく似た用語との違いは?

創業や設立、創立の他にもさまざまなよく似た用語も聞くことが多いかと思います。例えば、企業や開業、独立など例を挙げればきりがありません。これらの用語の意味の違いは何なのでしょうか。

(1)起業

起業は創業とほぼ同じ意味の言葉で、事業を新しく始めることをいいます。創業が以前からある種類の事業を始める際に使うことが多いのに対して、起業は自分で一から考えた新しいビジネスを始める際に使うことが多いです。

(2)開業

開業は設立と似た意味ですが、事業を始める主体が個人事業主の際に使うことが多いです。

個人事業主は設立登記を申請する必要がなく、開業届を提出することかも、開業が個人事業主に対して使う用語であると言えます。

(3)独立

独立とは勤務していた会社を退職し、同じ業界で事業主として新しく事業を始めることです。主に、前の職場で得たスキルや知識を生かして事業をはじめることが多いです。

前の職場の雇用主が個人の能力を認めて、同一の屋号で商売を始める「のれん分け」や違う屋号で勝手に事業をはじめる際も、独立と言うことができます。

 

まとめ

会社の起業に関する用語は多種多様で、なかなかそのすべてを理解して使い分けるのは大変です。しかし、起業を志しているという人であればこれらの用語を使用することも多くなるかと思います。そのような際には、しっかりと似た意味の言葉でも使い分けたいところです。

もしこれから起業を考えているという人は、上記の内容を参考にもう一度言葉の意味を確認してみてはいかがでしょうか。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?