早分かりマイナンバー(1)そもそもマイナンバーって何?

早分かりマイナンバー(1)そもそもマイナンバーって何?
平成27年10月にマイナンバー制度がスタートします。

ニュースやネットなどでは、マイナンバー制度に対して、メリットが見えてこない、時期が急すぎる、情報漏洩のリスクが大きすぎるなど、批判的な意見が多々見受けられます。

とはいうものの、状況は待ったなしになってきました。

そこで、おさらいも兼ねて、マイナンバー制度について、数回に分けて簡単に書いていきたいと思います。

そもそもマイナンバーって何?

マイナンバーとは、「個人番号」のことです。
「個人番号」は、

  1. 社会保障分野(年金など)
  2. 税分野(確定申告、年末調整など)
  3. 災害対策

のみにしか使用してはならないことになっています。

ちなみに、会社には、「法人番号」というものが付与されますが、これは誰でも自由に何の目的にでも利用が可能です。

従業員の管理のためにマイナンバーは利用できるか?

結論からいうと、NOです。
上で述べた通り、「個人番号」は、

  1. 社会保障分野(年金など)
  2. 税分野(確定申告、年末調整など)
  3. 災害対策

に利用が制限されています。

よって、例えば、会社が従業員を管理する従業員Noとして、「個人番号」を利用することはできません

これからの流れ

1.平成27年10月5日以降、市区町村から住民票を有する全ての人に対して、世帯ごとに、その住所地に、12桁の「個人番号」が、紙製の「通知カード」で送られてきます。

通知カードイメージ
通知カードイメージ

2.上記の「通知カード」とともに、「個人番号カード」に交換できる交付申請書が同封されています。

3.上記1.、2.は簡易書留で郵送されてきます。

4.交付申請書に必要事項を記載し、顔写真を貼付け、返信用封筒に入れてポストに投函します。
ちなみに、スマホなどからのWeb申請も可能です。
これは便利ですね!

5.「個人番号カード」が交付される時期は、平成28年1月以降です。
はがきで交付通知書が送られてきます。

6.運転免許証などの本人確認書類をもって、通知カード、交付通知書を持って、市区町村の窓口へ行きます。

7.窓口で、本人確認の上、暗証番号(数字4桁)を設定すれば、「個人番号カード」が交付されます。

ちなみに、「個人番号カード」を交付してもらうかどうかは、個人の自由です。
また、当面は無料です。

個人番号カード(表面)イメージ
個人番号カード(表面)イメージ

個人番号カード(裏面)イメージ
個人番号カード(裏面)イメージ

8.会社に付与される「法人番号」は、国税庁長官から13桁の番号を記載した書面が、平成27年10月5日以降送られてきます。

今回は、以上です。
次回も引き続き、マイナンバーについてです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 



従業員を増加させるために
運転資金を事前に調達しておきませんか?

従業員を増やすことで、固定費が増加します。
固定費の増加によって、資金繰りが悪化してしまう会社が増えております。

  • 資金繰りが悪化する前に、事前に融資を受けておきたい
  • 従業員を雇うのであれば、上手に助成金を利用したい
  • 低金利で資金調達したい
  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか知りたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?