早分かりマイナンバー(4)法人にもマイナンバーはあるの?

早分かりマイナンバー(4)法人にもマイナンバーはあるの?

これまでの記事では「個人番号」についてご紹介してきました。
早分かりマイナンバー(1)そもそもマイナンバーって何?
早分かりマイナンバー(2)個人番号カードって何?
早分かりマイナンバー(3)「個人番号カード」は職場で一括申請が可能

今回の記事は、法人側にスポットを当てた、マイナンバー制度についてとなります。

概略

  1. 法人のマイナンバーは13桁の数字となります。
    ちなみに、個人に振られるマイナンバーは12桁です。
  2. 法人番号は、支店等には振られません。
    あくまで、1法人につき1つの番号となります。
  3. 法人番号は、誰でも自由に利用することができます
    これは、個人番号が、「社会保障」、「税」、「災害対策」のみにしか利用できないという点と大きくことなります。
  4. 法人番号はインターネットを通じて、社会に広く公表されます。
    これは国税庁が開設する「法人番号公表サイト」において、公表されます。

法人番号の通知

平成27年10月5日以後に法人番号が指定され、法人番号が記載された通知書が10月下旬から順次送付されることになります。

通知は、登記されている場所に送付されます。
よって、移転登記が未了の法人などは、早めに更新手続きを行う必要があるといえます。

法人番号基本3情報

法人番号は、原則としてインターネットを通じて公表されますが、公表される情報は以下となります。

  1. 商号又は名称
  2. 本店又は主たる所在地
  3. 法人番号

商号や所在地の変更があった場合は、変更登記を通じて、自動的に公表されている情報が更新されます。
この場合、変更履歴も併せて公表されます

法人番号は変更できるか

答えはNOです。

一度、指定された法人番号は変更することができません。

会社がなくなった場合は?

法人番号の指定を受けた法人が、解散・清算などにより消滅したとしても、
一度指定を受けた法人番号は消滅しません

法人番号の使われ方

法人番号の利用のされ方としては、以下が想定されています。

  1. 法人番号をkeyとして、名称、所在地を容易に入手することができる。
    よって、日々の商取引について、取引先の登録・更新作業をよりタイムリーに正確に行うことができる。
  2. 大きな会社などで複数の部署において1つの取引先に異なるコードが付されている場合などには、法人番号をkeyとして、名寄せすることが可能となる。
    また、行政機関においても、法人の特定や紐づけの作業の効率化が図ることが可能となる。
  3. 税務、労務などの行政側の情報連携により、行政手続における届出・申請等がワンストップで行える体制の整備が期待される。
    ひいては、企業側の負担軽減に繋がる。

 

以上となります。

法人番号については、個人番号と異なり、情報の透明化による手続きの効率化に力が入れられていることが分かりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



従業員を増加させるために
運転資金を事前に調達しておきませんか?

従業員を増やすことで、固定費が増加します。
固定費の増加によって、資金繰りが悪化してしまう会社が増えております。

  • 資金繰りが悪化する前に、事前に融資を受けておきたい
  • 従業員を雇うのであれば、上手に助成金を利用したい
  • 低金利で資金調達したい
  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか知りたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?