個人ができる資金調達の種類!オススメ順でご紹介します

会社を設立せず個人として、副業などのビジネスで利益を得ている方が増えています。お金のかからないビジネスもありますが、基本的に事業を行うには通常多かれ少なかれお金が必要ですよね。

今回の記事では、個人の方が利用できる資金調達方法をオススメ順でご案内します。

1. 【日本政策金融公庫】「創業融資」または「中小企業経営力強化資金」

日本政策金融公庫をご存知ですか?昔は国民生活金融公庫という名前でした。100%日本政府が出資してできた金融機関ですので、私たちの税金が運用資金となっている政策金融機関なのです。 

資金調達名 融資の通りやすさ

(難★~★★★易)

書類や準備の大変さ

(難★~★★★易)

自分で申し込みできるか
日本政策金融公庫 ★★

(※認定支援機関を経由すると書類作成や面談への同席をしてくれる!)

日本政策金融公庫ではさまざまな種類の貸付(融資)を行っていますが、一部を除きほとんどが個人(=個人事業主)の方が利用可能です。というか、元々「銀行にお金を借りれない中小企業や個人事業主」のために設立されたという背景があります。日本政策金融公庫を利用するなら、当サイトの運営会社ソラボのような、経済産業省からの認定を得た「認定支援機関」に相談されることをオススメします!但し、利用できるといっても軽く審査に通過するわけではありません。

審査については、当サイトの以下既存記事を是非ご覧ください。

日本政策金融公庫の融資審査は甘い?噂の真相とは??

2.【家族・親戚・友人などから借りる】信頼関係があれば可能

家族・親戚などがあなたの事業を応援してくれるのであれば、身近な人からお金を借りるのはとても良い方法です。なぜなら、審査がなく信頼関係をベースにお金を借りられるからです。

但し、きちんと借用書を作成し、借用書に書かれた返済期限もきちんと守りましょう。

資金調達名 融資の通りやすさ

(難★~★★★易)

書類や準備の大変さ

(難★~★★★易)

自分で申し込みできるか
家族・親戚・友人など ★★★ ★★★

お金が縁で今までの関係が疎遠になってしまうのは非常に残念です。借りる家族や友人は誰でもいいわけではなく、生活に困っていないことあなたと長年のつきあいがあることなどの条件がそろっている必要があります。また、彼らは金融機関でなく一般人なので借りるお金の額については細心の注意が必要です。いきなり「1,000万円貸してくれない?」などと話しを持ち掛ければ、あなたの元からすぐに去ってしまう可能性もあります。

3.【信用保証協会の保証付融資】保証協会へ手数料が必要

銀行などの金融機関は事業実績のない個人相手になかなかお金を貸すことはありません。しかし、信用保証協会という機関を経由すれば個人事業主(自営業)のあなたでもまとまったお金を低金利で借りられる可能性があります。

あなたがお金を借りたい金融機関を決めたら、まずはその金融機関を信用保証協会が管轄しているかを問合せましょう。信用保証協会は全国にあります。

お近くの信用保証協会一覧|全国信用保証協会連合会

※上記URLをクリックすると、全国信用保証協会連合会の公式ページにリンクします

資金調達名 融資の通りやすさ

(難★~★★★易)

書類や準備の大変さ

(難★~★★★易)

自分で申し込みできるか
信用保証協会の保証付融資

信用保証協会に保証を依頼し、信用保証協会の審査に通れば、金融機関の融資の審査に進むことができます。信用保証協会の審査を受けるには、信用保証協会に信用保証料という手数料を支払わなければいけません。

この信用保証協会を通じてお金を借りる金融機関は、他に信用金庫や信用組合もあります。信用金庫も信用組合も地元の中小企業や自営業の方への融資を行いますが、規模感で言うと信用組合の方が信用金庫よりは小さめな組織となっています。

5.【クラウドファンディング】気軽だけど成功するかは別の話

CAMPFIREやMAKUAKE, Readyforなどクラウドファンディングサイトが活発化しています。クラウドファンディングはネット上であなたが起こすプロジェクトに対し賛同者を得ることができれば現金を手にすることができる画期的な資金調達法です。

資金調達名 融資の通りやすさ

(難★~★★★易)

書類や準備の大変さ

(難★~★★★易)

自分で申し込みできるか
クラウドファンディング ★★

敷居は低く、学生さんや主婦や副業目的のサラリーマンなどが気軽にプロジェクトを投稿します。しかし、まとまった資金調達に成功する(資金調達額300万以上~1,000万円以上)は少数のプロジェクトのみです。また、めでたく支援者を募り資金町タウに成功した際も、12~17%ほどの手数料を差し引かれることもお忘れなく。

クラウドファンディングは素人向きのものから本当の事業者向きのものまで様々あります。そのサイトが自分に合っているのか、よりたくさんの情報を集めてから実行しましょう。

6.使用目的自由のカードローン

個人の方がプライベートでお金を借りる場合、クレジットカードを使って後払いやリボ払いで支払う方が多いのではないでしょうか。しかし、個人向けのクレジットカードを事業用の支払いや借入で使うことは規約違反なのでできません。(申込の際に生活費の決済用としてチェックを入れています)

資金調達名 融資の通りやすさ

(難★~★★★易)

書類や準備の大変さ

(難★~★★★易)

自分で申し込みできるか
使用目的自由の

カードローン

★★ ★★★

「じゃあ、どのカードローンならOKなの?」と言うお話ですが、例えば以下のカードローンは使用目的自由ですので事業用資金で利用しても問題はありません。

  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アイフル
  • アコム

但し、事業用でも使えるカードローンは金利が高いです。金利6%~!などの広告があっても、それはかなりの大金を借りた場合の金利です。500万円以内であれば、金利は15%前後となりますので、あくまで一時的な資金繰りのためと割り切って早めに返済してください。

7.【助成金・補助金】事業がある程度軌道に乗ったらの方がいい

個人(事業主)でも使える助成金・補助金は増えています。但し、基本的にキャッシュバック(使った分の一部を返金)ですので今すぐお金が欲しくて困っている方には向いていない資金調達法です。

資金調達名 融資の通りやすさ

(難★~★★★易)

書類や準備の大変さ

(難★~★★★易)

自分で申し込みできるか
助成金・補助金

【個人が利用できる助成金・補助金】

創業補助金

・生涯現役起業支援助成金

・小規模事業者持続化補助金

・ものづくり補助金

・キャリアアップ助成金

・人材開発支援助成金

・働き方改革宣言奨励金及び働き方改革助成金

など

この中で比較的狙いやすいのは、小規模事業者持続化補助金です。助成金・補助金には申込み方法や書類作成が非常に難解なものが多いので、勉強をするぞ!という意気込みで取り組む必要があります。返済不要の代わりに、助成金をもらった後の数年間で報告書を提出しなくてはいけない助成金もあります。

これまた、気軽にすぐお金をゲットしたいというタイプの方には向かない資金調達法です。

まとめ

他にも、ファクタリングやエンジェル投資家、ベンチャーキャピタルなどの資金調達法もありますが、あまり現実的でないものは省きました。

高金利で手軽にお金を借りられる金融サービスはありますが、簡単に大金を手にできる資金調達法はありません。きちんとした書類作成や事業計画や信用情報が担保代わりになります。



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?