新人経営者が投資家から大きな出資を受けるために必要な5つのこと

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

起業してビジネスが順調に伸び始めると、どの経営者も一度は、もっとビジネスを大きく展開するために資金調達を集めることを考えます。

資金調達法は様々ですが、ビジネスが、このレベルまで成長してくると、多くの投資家と出会う機会が増えていきます。

そして、もっと大きなビジネスをするためには、投資家からお金を出したいと言ってもらえるように日頃から準備をしておくことが大切です。

そこで、投資家から大きな出資を受けるために必要な5つのことをご紹介します。

1.投資家の方から興味を持ってもらえるようなビジネスモデル

エンジェル投資家から投資をしてもらおうとするには、まず彼らから「この人の話を聞いてみたい」と思われることが重要です。

そのためには、投資家から興味を持ってもらえるようなビジネスモデルが必要です。投資家から興味を持ってもらえるようなビジネスモデルとは、大きく次のような要素を含んでいるものです。

  • 実績のあるメンバーが揃っていること
  • 収益性(利益率)が非常に高いこと
  • 既にその収益性を実証する証拠が沢山揃っていること
  • 事業の成長の道筋が理路整然としていること
  • 人員計画、予算計画等がしっかりしていること

これらの条件を満たすビジネスをしていれば、自ずと業界内でも認知され、投資家の方から投資したいと言ってもらえるようになるでしょう。

2.事業が社会に与える価値が明確であること

投資家と話す時は、あなたの事業が、人々のどのような悩みを解決して、人々の人生の質がどのように上がるかを明確に伝える必要があります。なぜなら、投資家は良いビジネスは勝手に成長することを知っています。そして、良いビジネスとは、顧客に今までになかった大きな価値を与えるものです。

故スティーブ・ジョブズは、まだコンピューターが一般人が使えるようになるとは全く思われていなかったころから、一般人がコンピューターを使えるようになることの価値を投資家に説き続けていました。

多くの人が、その発想を笑いましたが、結果、若かりし頃の彼は多額の出資を得ることができました。

3.事業を成功させるためにやるべきことを明確に伝えられること

多くの起業家は、この市場のたった2%でも取ることができたら、十分な収益を得ることができると考えます。

もちろん、それはそれで構いません。それでは、その2%を取るためには、何をやるべきで、どういう人材が必要でしょうか?つまり、どういう戦略を持っているのでしょうか?

その戦略の妥当性はどのように証明できますか?

あらかじめ事業計画と予算計画に基づいた実行計画を作っておきましょう。そして、投資家に、あなたがそのチャンスを掴むに値するプランを持っていることを示しましょう。

4.出口戦略を持っていること

あなたの事業の成功可能性が伝わったら、投資家は次に、投資することによって自分にどれぐらいのリターンが生まれるのかを知りたがります。それを伝えるために必要なのが出口戦略です。

あなたが事業を成功させた後に、何をするのかを明確にしておきましょう。

「上場せずに事業をそのまま続けるのか?」「上場してキャピタルゲインを得るのか?」どちらの場合でも、そうすることによって、投資家にはどのようなリターンがあるのかを説明する必要があります。

5.常に準備をしておくこと

取引先からの紹介や、周りの人脈からの紹介など、投資家と出会うタイミングはいつも突然訪れます。

いつそのような状況になっても、完璧に伝えられるように日頃から練習をしたりイメージをしたりしておきましょう。声のトーンや話の構成、順序、立ち居振る舞いなども投資家に与える印象を大きく左右します。

日頃からの準備を欠かさないようにしましょう。

自分のプレゼンテーションをビデオに撮って、どこをどう改善したら良いかを定期的に研究することができると、最も良いでしょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?