日本政策金融公庫の生活衛生貸付には推薦状が必要なのか?

クリーニング業、飲食業、ホテル業、美容業。これらの事業を日本政策金融公庫(政策金融機関)では生活衛生と呼んでいます。生活衛生貸付は、これらの事業のために特化した専門の貸付(融資)です。

この融資を受けるのには推薦状が必要という情報があるため、本当なのか調べてみました。

1.生活衛生貸付を受けるには推薦状が必要?

結論から申し上げれば、借入申込希望額が500万円以下の場合、推薦状は不要です。しかし、500万円を超える資金を融資して欲しい場合は推薦状(正しくは推せん書)が必要です。

生活衛生貸付に申し込むには以下の書類を提出しなければいけません。これらの提出書類の一つに推せん書交付願があります。

  • 借入申込書(ダウンロードはここから)
  • 施設・設備の概要(見積書・図面など)
  • 企業概要書 ※初めて日本政策金融公庫を利用する方(ダウンロードは ここ から)
  • 推せん書交付願(ダウンロードは ここ から)
  • 履歴事項全証明書または登記簿謄本 ※法人の場合

ちなみに生活衛生貸付について詳しく知りたいかたは、当サイトの既存記事(ここ ‎)も是非あわせてご覧ください。

2.推せん書と推せん書交付願いの関係とは

上記でご紹介した必要書類は、推せん書ではなく、推せん書を出してもらうための交付願とう書類です。では、あなたが生活衛生貸付に申し込むとして、一体誰に推せん書を出してもらえばいいのでしょうか?

推せん書は推せん書の交付願という書類を生活衛生営業指導センターというところに提出することで交付されます。提出先は、都道府県によって生活衛生営業指導センターの場合もあれば、生活衛生主管部(局)が担当している場合もあります。

3.提出の順番はどっちが先?日本政策金融公庫?生活衛生営業センター?

さて、申請者として気になるのは推せん書交付願を日本政策金融公庫へ出すべきなのか、それとも生活衛生営業センターなどの出すべきかという点ではないでしょうか。

なぜなら、日本政策金融公庫と生活衛生営業センターなどの公式ページで以下のように記載があるからです。

【日本政策金融公庫の公式ページ】

「資金のお使いみち、ご返済期間、利率等のお問い合わせはお電話で承ります。事業資金相談ダイヤルにお気軽にお電話ください。

推せん書交付申請に必要な書類をそろえます。

(なお、借入申込金額が、500万円以下の場合は不要です。)」

【東京都生活衛生営業センターの公式ページ】

「推薦書の交付申請をされる方は、下記の表で該当する書類を揃えてから、当センターに申請してください。」

この記載から分かることは、とにかく推せん書交付願いは他の書類(借入申込書など)とセットで提出しなければいけないということです。

では、揃えた書類は日本政策金融公庫と生活衛生営業センターのどちらに持っていけばいいのでしょうか。結論から申し上げると、日本政策金融公庫の方へ最初に提出します。東京都生活衛生営業センターの公式ぺージでは、下の方を見ると以下の文章が記載されています。

「(株)日本政策金融公庫(生活衛生資金貸付)融資手続きの流れ

①(株)日本政策金融公庫などで融資相談を行ってください。」

日本政策金融公庫では借入申込書や創業計画書に不十分な点やミスがあるかチェックしてくれます。一方、生活衛生営業センターの方では融資の審査の機能はありません。あくまで、生活衛生貸付の推せん書交付という点で関わってくるのです。

【推せん書の提出の流れ】

日本政策金融公庫へ書類を揃えて相談

→生活衛生営業センターなどへ申請

→推せん書発行

→日本政策金融公庫へ推せん書を追加提出

ちなみに、推せん書は原則即日発行が可能です。生活衛生営業センターの場合、土日祝はお休みで、平日の午前10時~夕方16時ぐらいまでの営業時間です。時間にゆとりを持って、申請に行きましょう。

4.注意!推せん書交付でも融資OKではない

推せん書は借入申込書や創業計画書などの書類をベースに審査され発行されます。けれども、この審査はあくまで推せん書を出せるかという切り口の審査なのです。

生活衛生貸付の融資に通るかは、事業主の借金の有無や経験や自己資金といった面で通常と同じ審査があります。

まとめ

日本政策金融公庫で生活衛生貸付という種類の融資を500万円以上の借入額で借りたい場合、都道府県知事の推せん書が必要です。

推せん書の交付の流れは、まずあなたが日本政策金融公庫に必要書類とともに推せん書交付願を提出することからスタートします。



中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?