創業1年目に法人・個人事業主が利用すべき融資の正しい順番をご紹介!

事業を成功させるためには、十分な事業資金を手元に置いておくことがとても大切です。

しかし、創業したばかりの法人や個人事業主の方の中には、創業したばかりでこれまでの業績があまりないことなどが原因でメガバンクからの融資を受けることができずに困っている方もいらっしゃいます。

では、創業1年目の法人や個人事業主の方はどのようにして事業資金を調達すれば良いのでしょうか?

オススメの融資制度についてご紹介します。

1.日本政策金融公庫

政府が運営する金融機関である日本政策金融公庫の融資を利用した資金調達は、創業後間もない法人や個人事業主の方に最もオススメの資金調達方法です。

創業融資や事業融資を検討する場合、日本政策金融公庫の融資制度を利用することで着金までの期間が約1ヶ月と短く、低金利の融資を受ける事が可能です。

創業後すぐに日本政策金融公庫からの融資を受けておくことで、『融資審査に通った』という実績を作ることができるので、今後他の金融機関からの融資を利用する際に好印象を与えることができます。

【借りるまでの期間】1ヶ月~1ヶ月半

【金利】2%程度

2.保証協会付き融資

創業後間もない法人や個人事業主の方にオススメの資金調達方法の一つに「保証協会付き融資」があります。

できれば創業後スグに利用するべき資金調達方法で、日本政策金融公庫からの融資を受けた後に、比較的融資が通り安いケースが多くなっています。

【借りるまでの期間】2か月~3か月

【金利】2%~3%程度

※制度融資を利用することで金利や保証料の一部を都道府県や市区町村が負担してくれるケースが多い

3.プロパー融資

銀行の融資制度には

・信用保証協会の保証付き融資

・プロパー融資

の2種類があります。

今回ご紹介するプロパー融資は、銀行から直接融資を受ける、保証協会を通さない資金調達方法です。

創業したばかりの法人や個人事業主の方がプロパー融資を利用することは少々難しいと言えまうすが、事業が軌道に乗った際にプロパー融資の実績を付けておくことで

将来的に金融機関からの融資額が伸びやすくなるでしょう。

しかし、プロパー融資は審査期間が長くなってしまうことがあり、融資を申込んでから着金までに時間がかかってしまうこともあるので、プロパー融資を利用する際には計画的に申込をすることが大切です。

また、少額であれば創業時であってもプロパー融資を受けることができるケースもあるので、一度融資の専門家に相談して利用を検討してみることをオススメします。

【金利】3%~4%

4.利用すべきでない資金調達方法も知っておこう!

今回は創業後間もない法人や個人事業主の方が利用しやすい資金調達方法をご紹介していますが、できるだけ利用するべきではない資金調達方法についても知っておきましょう。

①ファクタリング

②カードローン

③リボ払い

④ビジネスローン

⑤消費者金融

5.番外編~他にもある資金調達方法~

①不動産担保ローン

事業性がある場合の資金調達として、住宅ローンの借換え(もちくはまき直し)という形があります。

現状のこれまでの経験や業績、自己資金等の金融機関での融資に必要な要件はないので、業績の悪化などの外的要因の影響を受けることがありません。

②自動車担保ローン

不動産担保ローンと同様で、外的要因の影響を受けずに資金調達をすることができます。

車検証を用意し、価値を査定することで資金調達ができます。

③オリックス株式会社保証付き融資(東京都)

2期以上が終了している中小企業を中心とした融資制度で、無担保・無保証で利用することができる資金調達方法です。

 

 



中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?