将来の事業計画よりも足元の数値管理が大切。まず「試算表」「資金繰り表」を作成しよう

business-plan
「事業計画書で融資が決まる」と言われるとおり、実体を伴った良い事業計画書は、融資審査を良い方向に導きます。
ただし、事業計画書だけで融資が決まることはありません。
事業計画書より前に、多くの審査ポイントがあります。

 

事業計画書の構成

事業計画書は、企業理念に始まり、

  • 会社概要の説明
  • 事業内容の説明
  • 組織体制の説明
  • 企業(事業)分析
  • 財務分析
  • 中長期経営目標
  • 中長期数値計画
  • 単年度経営目標
  • 単年度数値計画等

で構成しているのが一般的です。
作成するだけでも大変な労力が必要ですが、実際に運用するのは更に困難です。

良い事業計画書はどんなものか?

良い事業計画書は、”単なる説明や数字の羅列では無く”最初のページから最後のページまで
矛盾の無いストーリーで繋がっています。
また、ストーリーの背景には社長様の熱い思いが込められており、
理論だけで無く感情にも訴えかける魅力があります。

しかし、どんなに素晴らしい計画書を作成しても、実体を伴っていなければ評価は限定的です。
いくら将来的に大きな利益が上がる計画になっていても、現在の実績が悪すぎれば信じてもらえませんし、
どんなに立派な経営理念や目標があっても、現在の経理体制がずさんであれば、
実行力が伴っていないと判断されます。

また、融資のためだけに作成された立派すぎる事業計画書は、
金融機関から悪い印象を持たれてしまうこともあります。
それでも、社長様本人が苦労して作成したものであれば、その点は評価されますが、
テクニカルな資金調達を推奨する第三者が作成した計画書は、全く無意味なものとなります。

まとめ:事業計画書の前にやるべきこととは?

事業計画書を作成し運用することは中小企業にとって簡単なことではありません。
企業経営に関する深い知見や財務の知識が要求されることはもちろん、日々の営業活動など、
優先して取り組まなければならないことが他にもたくさんあるからです。

金融機関から見ても、事業計画書は絶対では無く、事業計画書に優先して
評価をしなければならない項目がたくさんあります。
将来の事業計画書を作成する前に、現在の利益や資金繰りの状況がわかる

試算表」や「資金繰り表」を作成することが先決です。
事業計画はその延長線上にあるものであり、まずは基礎をしっかりと固めることが大切です。



会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?