マーケティング戦略の考え方とは?ビジネス成功のためのヒント

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

企業が成功するための戦略として、マーケティング戦略は欠かすことのできない存在となっており、本格的にマーケティング戦略に取り組み、ビジネスに成功している企業が増えてきました。

しかし、時代とともに顧客のニーズや価値観の幅が広がってきており、ハイレベルなマーケティング戦略が求められるようになってきています。戦略を立てながらも中々成果につながらない…といった企業も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、マーケティング戦略の重要性や考え方についてご説明します。

1.マーケティング戦略とは

マーケティング戦略とは、どういったものなのでしょうか?

まず顧客や市場のニーズについて、深く分析・把握をします。自社商品またはサービスを効率よく顧客にアプローチする方法を考え、その施策を実施します。その結果を受けて、さらに効率的な方法を実施できるよう改善を図ります。市場における自社の強みを徹底的に分析し、その上で競合他社との優位性を明確にしていくことがマーケティング戦略です。

顧客や市場を分析・調査し、「誰に」「どんな価値をつけて」「どのように」自社製品やサービスを顧客に届けるかを、決めていかなければなりません。もちろん、取り扱う商品やサービスによって実施する内容が異なってくるため、企業によって多種多様な戦略が行われています。

また顧客や市場のニーズは次々に変化をしていくためマーケティング活動は複雑化する傾向にあります。そのため、マーケティング担当者は、小まめにリサーチを行うことが重要となります。

 

2.マーケティング戦略の重要性

それでは、マーケティング戦略の重要性が高まっているのはなぜでしょうか?

まず「SNS等のメディア成長により企業と顧客の関係が身近になった」ことがあげられます。スマホを中心としたデバイスの普及や、Twitter、FacebookなどのSNSの発展が背景にあると考えられます。

以前はテレビや雑誌などのメディアが中心でしたが、マーケティングを行える媒体が多様化したことで低価格でのプロモーションも実施可能になっており、メディアを活用した企業活動が活発になっている傾向にあります。

また「顧客ターゲティングの精度が高まった」ことも要因の一つと考えられます。マーケティングの需要が高まったことで、マーケティングに特化したツールの普及も進み、顧客や市場が分析しやすくなっているためです。

これらの背景によって、マーケティングで成功した企業の事例が増え、多くの企業がマーケティング戦略に興味を持っていることが考えられます。

 

3.マーケティング戦略の考え方

マーケティング戦略を実施するにあたって、大切な要素は多く存在しますが、成果が上がらない場合は、以下の4つの考え方を見直してみましょう。

(1)誰に商品・サービスを訴求するか

市場や顧客のニーズと自社商品・サービスの関連性を分析することで、どの顧客層にターゲットを絞るかが明確になります。

自社商品の良さを主観的にアピールする方法だけを考えるのではなく、競合他社はどのようにマーケティング活動を行っているか、など客観的に分析や調査をすることで、より具体的な戦略をたてることが可能です。

(2)顧客に向けてどんな付加価値を作るか

ターゲットとなる顧客層が定まったら、提供する商品・サービスに顧客がどのような付加価値を感じてくれるかを考えます。

商品・サービスの強みではなく、実際に利用した顧客が「こんな効果があった!」「こんなメリットがあった!」と思えるような価値を想像し、戦略を立てていきます。これをベネフィット(=価値)の訴求ともいいます。

(3)どのように顧客に届けるか

ターゲットとなる顧客と商品の価値が決まったら、次に競合他社との差別化を考え、いかに顧客に自社の商品を上手く届けるかを明確にしていきます。

商品の性能やサービスの利便性はもちろんですが、顧客が競合他社の商品と比較したときに自社商品に魅力を感じてくれるような伝え方を工夫することも手法の一つとして考えられます。

(4)4P分析の実施

4P分析とは、マーケティング戦略に用いられることが多い、フレームワークの一種です。※「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「プロモーション(Promotion)」という4つの語句の頭文字を表してします。

これらの要素に着目することで、(1)~(3)で考案した戦略をさらに具体化することができます。これらの要素と市場や顧客のニーズが合っていなければ大きな成果を出すことは難しいかもしれません。

また、これらの要素は企業側でコントロール可能な要素となるため、上手く調査や分析を行い、効率的なマーケティング戦略を実施しましょう。

4.フレームワークはどのように活用するべきか

フレームワークとは、企業の問題解決などに役立つ分析ツールや思考の枠組みのことです。主に経営戦略や業務効率化などの施策で、枠組みを決めることが多くあります、

前章の「4P分析」もフレームワークの一つですが、業界やマーケティングの目的によって活用するフレームワークの種類も数も大きく異なります。

よく活用されるフレームワークには、例えば「SWOT分析」「ファイブフォース分析」などがあります。

「SWOT分析」は自社の内部環境、外部環境を分けて考え、競合優位性やリスクマネジメントを整理するフレームワーク、「ファイブフォース分析」は競合他社などの競争要因を分析することで、自社の収益性などを測るフレームワークです。

これらはマーケティング戦略には欠かせないものとなるため、自社にマッチしたフレームワークを活用していきましょう。

まとめ

マーケティング戦略は決して短期的な施策とは言えないですが、いずれ業績に直結する可能性が非常に高いです。

これまでマーケティング戦略で思うように成果をあげられていない企業は、今回お話しさせていただいたポイントをもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?