会社経営にお金はどれくらい必要か

会社経営にお金はどれくらい必要か

多くの起業を予定している方からいただく質問で「会社経営にお金はどれくらい必要か」というのがあります。

結局のところ、会社を経営していくうえで、手元にはどのくらいのお金をおいておけばいいのでしょうか。

3~6ヵ月、売上がゼロでも資金ショートしなければOKです。

月商の3ヵ月分お金を確保できるか

 
これではまだ曖昧なので、もっとわかりやすい目安をご紹介します。
 
あなたのビジネスの種類にもよりますが、ここでは「狩猟型」と「農耕型」に分けてみます。

保険の営業や携帯電話の販売等のように毎月ゼロから積み上げるビジネスは狩猟型です。
一方、ある程度の入金見込みのあるビジネス、たとえば会員制で引き落とし確実な売上があったり、受注製造で、ある程度入金予定が見込めたりするのが農耕型です。

この区分である程度予測がついたかと思いますが、

狩猟型の場合

毎月の支出(人件費や家賃)の4ヵ月以上

できれば半年分くらいの資金は用意しておきたいものです。
 

農耕型の場合

「月平均支出額-月額入金額=差額資金」

この差額資金の3ヵ月分以上は、ゆったりと資金を持っていたいものです。
 

このように、お金の必要確保額というのは業種業態によって決まります。

専門の税理士等の意見も参考にするといいでしょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、
節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?