マイナンバーの取り扱いを社内に周知!

マイナンバーの取り扱いを社内に周知!

平成27年10月以降、マイナンバーが国民一人ひとりに通知されます。

これにあたり9月中ぐらいには社内に周知しておきたいところです。
来年1月に制度の施行に備えて、社内でも準備を進めておきましょう。

今回は、社内で周知してもらう内容を簡単にまとめてみましたのでご参考にしてください。

社内で周知してもらう内容

平成27年10月以降に各市区町村から住民票記載の住所へマイナンバーが記載された「通知カード」が簡易書留で届く

簡易書留で届く書類等

  • マイナンバー通知カード
  • 個人カード申請書と返信用封筒
  • マイナンバー説明書類

源泉徴収や社会保険の事務のために、会社から従業員にマイナンバーの提示を求める

通知カードや個人番号カードは家族の分も含め、紛失しないように大切に保管する

ご自身や家族のマイナンバーを法令で必要となる事務以外で他人に知らせないこと

マイナンバー制度開始に伴うご案内

サンプルの案内文を作成してみました。
また、内容は一般的な必要と思われる事項を記載していますので、ご使用の際は必要に応じて追加・修正・削除を行って、自己責任において使用してください。

 

マイナンバー制度開始に伴うご案内

 

Word形式のダウンロード(30KB)はこちら
※右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」を選択して、ご利用ください

 



従業員を増加させるために
運転資金を事前に調達しておきませんか?

従業員を増やすことで、固定費が増加します。
固定費の増加によって、資金繰りが悪化してしまう会社が増えております。

  • 資金繰りが悪化する前に、事前に融資を受けておきたい
  • 従業員を雇うのであれば、上手に助成金を利用したい
  • 低金利で資金調達したい
  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか知りたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?