フリーランスで確定申告しない人ってどんな人?

フリーランスとして働かれている人は会社員と違い、所得税などの申告をじぶんで確定申告する必要があります。

といっても、100%のフリーランスの方が対象ではありません。所得が一定の額以下の方については、確定申告の必要はないのです。また、フリーランスでなくても会社員で副業をしているなどの場合は確定申告が必要になります。

1.【基本】年間38万円以上の所得があるフリーランスはみんな確定申告する

フリーランスとは会社に雇用されている会社員という形で勤務せず、自らのスキルの対価として仕事ごとに会社や個人と契約して報酬(お金)をもらう形で働く人々です。

フリーランスは基本的に会社員ではないので、自分で毎年収入や経費を自分で計算して2月~3月には税務署に確定申告書を提出しなければいけません。

その目安ですが、年間38万円以上の所得がある方はすべて確定申告が必要となります。所得とは以下の図のように収入から経費を差し引いたものを言います。定申告の際には領収書やレシートなどの証拠書類と共に提出します。

「なんで38万円なの?!」と思われる方にご説明します。38万円とは所得税の基礎控除額です。今まで会社員で、フリーランスになって1か月目で確定申告する場合は所得が38万円に満たない場合もあるかもしれませんね。

ちなみに、経費については当サイトの以下既存記事(自宅を職場にするフリーランスが家賃・電気・ネット代を確定申告する方法とは?‎)も是非あわせてご覧ください。

2.会社員でも副業してれば確定申告が必要な場合もあります

最近では副業しているサラリーマンも増えています。給料があまり上がらない時代ですからね。会社員が確定申告の必要な場合は、以下の図の【確定申告が必要な方】をご参照ください。

3.フリーランスの方に便利なクラウド請求書ツール・RAKUDAとは?

フリーランスの間で最近注目されているのは、freeeなどの会計機能を持つクラウドソフトです。フリーランス向けソフトには「有料は機能が豊富で、無料の場合は機能がシンプル」という住み分けがあります。

以下にご紹介するRAKUDAは完全無料のクラウドツールですが、案件管理などもできるスグレモノ。「資金調達ノート」という資金調達関連の情報サイトが提供しており、無料会員登録後にすぐ使えます。是非ご利用ください!

源泉徴収自動計算機能付き!請求書・見積書・納品書のカンタン便利作成ルール:RAKUDA

まとめ

フリーランスで確定申告しなくていい人は、年間の所得が38万円以下の人です。しかし、この額はかなり低いのでほとんどの方は確定申告が必要です。

また、会社員をしていても不動産をお持ちの場合や副業をされて一定の利益のある方は確定申告が必要です。



融資が受けやすくなる確定申告・決算書とは?

確定申告・決算書を工夫して作成することで、
融資が受けやすくなります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?