事業で使う車を購入するなら日本政策金融公庫で融資を受けたほうが得ってホント?  

事業用の車を買い換えたい、事業を始めるにあたって車が必要という場合、車の購入先でローンを組んで購入するというケースが多いと思います。 しかし、車の購入先でローンを組むよりも日本政策金融公庫で融資を受けて車を購入したほうが […]

続きを読む...

資本金を減らす意味は?減資を上手に活用して賢く事業継続しよう!

資本金は企業の規模を見る上で一つの指標となっています。資本金の額が大きければ大きいほど、その起業が安定した企業として見られるでしょう。 しかしその一方で、資本金は法人税の税率に大きく関わっています。資本金の額が大きければ […]

続きを読む...

中小企業経営力強化資金制度を使って創業融資の特例金利をゲットしよう!

日本政策金融公庫の創業融資では他の金融機関から借りるよりも1~2%低い金利で借りられます。 現在は2%前後の金利ですが、この中でもさらに基準利率と特別利率という区分があるのをご存知ない方は多くはありません。 中小企業経営 […]

続きを読む...

日本政策金融公庫で面談する予定の方へ送る6つのアドバイス

日本政策金融公庫で事業用のお金を借りる場合、必ず融資担当者との面談をしなくてはなりません。 普段の生活で面談をすることはなかなかないので、緊張する方もいらっしゃることでしょう。 今回の記事では、日本政策金融公庫との面談時 […]

続きを読む...

日本政策金融公庫に融資の申請をしてから着金までどのくらいの期間なのか?

日本政策金融公庫で創業や事業のため融資を受ける人は多いものです。融資を受けようと決めて、書類作成と提出をするまでに多くの時間を費やした事業主は、お金が振り込まれるまで今か今かと気持ちが落ち着かないことでしょう。 今回の記 […]

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6

「固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。 固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。 棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産 […]

続きを読む...

正社員と契約社員の格差はどこまで有効?

正社員と契約社員の格差はどこまで有効?

昨今、正社員(無期契約労働者)と契約社員(有期契約労働者)の賃金等の格差が取り上げられるようになっており、2018年6月1日、最高裁が一つの方向性を示しました(ハマキョウレックス事件)。 正社員と契約社員で賃金・手当に差 […]

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その5

「会社の節税法」で差をつけよう その5

会社の節税対策の基本は、やはり決算時の対策です。 会社の業績がほぼ確定する時期なので、税金の支払額もおおよそわかるからです。 決算期末から申告期にかけてできる節税対策を見ていきましょう。

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その4

「会社の節税法」で差をつけよう その4

会社の節税法は、主に次の4つに分類できます。 ①お金が出ていく節税の方法 ②お金が出ていかない節税の方法 ③税金の額が減少する節税の方法 ④税金の支払いを繰り延べる節税の方法 実際には、これらの組み合わせで節税策を考える […]

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その3

「会社の節税法」で差をつけよう その3

会社における節税法を考えるにあたり、会社にかかる税金にはどんな税金の種類があるかを把握することが大切です。 ここでは、通勤費についてや、子会社・グループ会社の清算方法ついて、どのような節税法があるか考えてみましょう。

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?