経理を「標準化」して生産性を上げる その3

経理を「見える化」してスリムにする その3

皆様は、自社の経理担当者のスケジュールを一日単位、月単位、年単位で把握できているでしょうか。 じつは、税金の支払い時期などは法律で決まっていますから、それに合わせて年間のスケジュールがある程度決まっています。 社長として […]

続きを読む...

経理を「標準化」して生産性を上げる その2

経理を「標準化」して生産性を上げる その2

皆さんの会社では、すでに会計ソフトを導入されているところが多いかもしれません。 ルーティンワークを解決する手段として、会計ソフトは有効です。 これをうまく使いこなせば、業務時間は半分以下に減るはずです。 実際、パソコン会 […]

続きを読む...

経理を「標準化」して生産性を上げる その1

経理を「標準化」して生産性を上げる その1

「経理は、誰がやっても結果が同じであればよい」という考え方は正しくなく、社長は経理がどのようなプロセスで業務を処理しているかをよく知っておかなければなりません。 「ミスが多い」「スピードが遅い」「残業が多い」といった経理 […]

続きを読む...

数字はシンプルに理解し、何度も確認する

数字はシンプルに理解し、何度も確認する

決算書には、2種類あります。貸借対照表と、損益計算書です。 多少の誤解を承知でざっくりと説明しますと、 損益計算書とは1年間の経営状態を表したもの、 貸借対照表は「これまでの期すべての合計」の経営状態を表したものとなりま […]

続きを読む...

年計表で増減の傾向をつかむ

年計表で増減の傾向をつかむ

決算書、試算表(月次決算書)は、皆様にとっては、税の申告のため、やむなく作成したものです。 税務署が税額を把握しやすいようにつくられたものですから、元々一般の経営者が今後の経営戦略を立てるためのものではないのです。 たと […]

続きを読む...

領収書をなくしても経費で落とすために覚えておきたい2つの方法

近距離の電車に乗ったときや細かな消耗品を購入した際、領収書やレシートはなるべく集めるべきだと以前の記事(節税のためにレシートや領収書を集めよう)でお伝えしました。 しかし、手元にあるレシートや領収書を何らかの理由で、紛失 […]

続きを読む...

経営計画とは利益計画である

経営計画とは利益計画である

会社を確実に成長、発展させていくための経営計画の立て方について考えていきたいと思います。 経営計画という言葉を聞くと、すぐに 「難しそうだ」 「数字のことなどわからなくても、要は売上を増加させればいいんだろ」 というよう […]

続きを読む...

設立したてで売上や利益がない会社でも、特別にお金を借りられる制度「創業融資」とは

創業融資の受け方を理解しておく

借金ができなければ、私達の生活の大部分が成り立ちません。 会社の資金繰りの手段である、融資も借金のひとつです。 ですから、まずは借金は悪だ、という概念を取り払ってください。 借金がなければ、会社組織は成り立たないのです。 […]

続きを読む...

事業計画書を制する者は創業融資を制する

日本政策金融公庫で創業融資を受けるために最も重要となるのは「事業計画書」です。 創業前でまだ実績がない、または創業したばかりで実績を表す決算書がない企業に対して「融資を行うか否か」の判断基準となるのが、事業計画書だからで […]

続きを読む...

新米社長がキャッシュフロー計算書を使って改善する方法と使うべき理由

新米社長がキャッシュフロー計算書を使って改善する方法と使うべき理由

クライアントの数が両手で数え切れないくらいになってくると、経理の手間は想像以上に甚大に煩雑になってきます。 そして、少しでも気を抜くと、会社の経営数字も全く把握できなくなってしまいます。 そうなってきたら、考え方の一つと […]

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?