正社員と契約社員の格差はどこまで有効?

正社員と契約社員の格差はどこまで有効?

昨今、正社員(無期契約労働者)と契約社員(有期契約労働者)の賃金等の格差が取り上げられるようになっており、2018年6月1日、最高裁が一つの方向性を示しました(ハマキョウレックス事件)。 正社員と契約社員で賃金・手当に差 […]

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その5

「会社の節税法」で差をつけよう その5

会社の節税対策の基本は、やはり決算時の対策です。 会社の業績がほぼ確定する時期なので、税金の支払額もおおよそわかるからです。 決算期末から申告期にかけてできる節税対策を見ていきましょう。

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その4

「会社の節税法」で差をつけよう その4

会社の節税法は、主に次の4つに分類できます。 ①お金が出ていく節税の方法 ②お金が出ていかない節税の方法 ③税金の額が減少する節税の方法 ④税金の支払いを繰り延べる節税の方法 実際には、これらの組み合わせで節税策を考える […]

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その3

「会社の節税法」で差をつけよう その3

会社における節税法を考えるにあたり、会社にかかる税金にはどんな税金の種類があるかを把握することが大切です。 ここでは、通勤費についてや、子会社・グループ会社の清算方法ついて、どのような節税法があるか考えてみましょう。

続きを読む...

「会社の節税法」で 差をつけよう その2

「資産家の節税法」で差をつけよう その2

人件費を使った節税の代表は、役員報酬や役員退職金を活用したものです。 役員(従業員)として働いている家族に給与を支給することで、所得の分散が可能になるからです。 雇用契約に基づく従業員への給与と賞与について、どのような節 […]

続きを読む...

「会社の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1

Q:先生、わが社は業界でも右肩上がりで売上を伸ばしています。なのに、手元に残るお金が少なくて…… 人件費を見直したり、コスト削減したり、費用を減らす努力をしているんですが、節税対策をしたほうがいいでしょうか? A:そうで […]

続きを読む...

「資産家の節税法」で差をつけよう その3

「資産家の節税法」で差をつけよう その3

小規模の会社等の役員が退職した場合、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度に、「小規模企業共済制度」があります。 この制度は、いわば“経営者の退職金制度”。 国が全額出資している独立行政法 […]

続きを読む...

障碍者の柔軟な雇用と職場定着を促進すると最大120万円を助成!

障碍者の柔軟な雇用と職場定着を促進すると最大120万円を助成!

障碍者雇用促進法に基づき設けられている『障害者雇用率制度』により、事業主は、常時雇用している労働者数の2.2%以上の障碍者を雇用することが義務づけられています。 つまり労働者数が45.5名以上の企業には最低でも1名の障碍 […]

続きを読む...

「資産家の節税法」で差をつけよう その2

「資産家の節税法」で差をつけよう その2

ここ数年でマンション経営をされる方が増えました。 マンション経営による所得は「不動産所得」となります。 これには所得税がかかります。所得税は超過累進税率が採用されているので、所得が一定額以上になった場合は、その超過額に対 […]

続きを読む...

「資産家の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1

じつは資産形成のために以前、不動産や株式を購入しております。 こうした固定費を少しでも抑える方法はあるのでしょうか? このような悩みを抱えている経営者は多いので、いくつか効果的な方法をご説明します。 すぐに活用できる方法 […]

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?