個人でも利用できる?国からお金が借りられる公的融資まとめ

融資と聞くと、個人では申し込みできないのでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人向けの制度も多くあります。

手続きのために書類を準備したり審査に時間がかかったりしますが、カードローンなどに比べて金利も低くお金を借りることができますので、利用できる制度はぜひ活用してください。

今回は特に事業のための資金調達方法に着目して、ご説明します。

1.個人向けの公的融資制度

個人で利用できる制度には次のようなものが挙げられます。

公的融資制度まとめ

事業に関わる融資だけでなく、国民が健康で文化的な最低限度の生活が守られるように設けられている制度です。

ただし、こちらのサイトをご覧になっている方は、すでに事業を行っている方やこれから起業しようと検討中の方がほとんどだと思いますので、事業のための資金調達として活用できる公的融資制度を紹介します。

2.個人向けの公的融資①日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は国が100%出資している政府系の金融機関です。

日本経済の成長や発展に貢献するため、これから創業される方や個人事業主、中小企業など幅広く支援しています。

「融資を受けるためには法人でないとダメなの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人でも融資を受けることは可能です。個人だから審査で不利になる、ということもありません。

日本政策金融公庫のメリットは、低金利かつ無担保・無保証人で借りられる制度がある点です。

民間の金融機関では代表者が保証人となるケースが多いので、保証人なしで融資が受けられるのは大きなメリットでしょう。

また、返済期間を長く設定できるため毎月の返済額を減らすことができます。

それでも経営が計画通りいかず、返済が厳しくなったときにはリスケの対応も可能です。

日本政策金融公庫から資金調達できた方は、他の金融機関からの融資も受けやすくなりますので、資金調達を検討しているのであれば、まず日本政策金融公庫からチャレンジしてみると良いでしょう。

新創業融資制度がおすすめ

新創業融資制度とは

3.個人向けの公的融資②制度融資

地方自治体が実施している資金調達方法のひとつが制度融資です。

各都道府県、市区町村によって、制度の条件や必要書類、申し込みの手順などが異なりますが、管轄内で事業を行う方であれば基本的に申し込みが可能です。

制度融資申込流れ

日本政策金融公庫と同じく、保証人不要かつ低金利で融資が受けられます。

信用保証協会を利用することで金融機関の審査が通りやすいというメリットがありますが、その分審査する機関が増えるため、融資が確定するまで2か月~3か月ほどかかります。

制度融資で最大1000万!起業するなら抑えておきたい資金調達方法

まとめ

今回は公的融資について紹介しましたが、他にも個人でできる資金調達がありますので、こちらの記事もあわせてご参照ください。

個人ができる資金調達の種類!オススメ順でご紹介します

即日お金が借りられるカードローンなどとは違い、公的融資は1か月以上審査に時間がかかる場合がほとんどですので、着金までのスケジュールに余裕をもって準備しましょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?