経営不振を理由に従業員を解雇できるのか

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

頭を抱え込む男性の写真不況などの影響で会社の業績が悪化した場合、従業員を解雇しなければならないこともあります。そのような解雇のことを「整理解雇」といいます。一般的にはリストラと言われることが多いです。

今回は、会社が経営不振によって整理解雇に踏み切ることについて説明していこうと思います。

1.整理解雇の4要件

会社による解雇は下手をすれば不当解雇だと従業員から訴えられることもあります。

そこで、裁判では以下の条件「整理解雇の4要件」を基準に整理解雇の正当性を検討します。

【整理解雇の4要件】・人員削減の必要性・解雇回避努力の相当性・解雇手続きの正当性・被解雇者選定の合理性

上記の4点は一つずつ満たしているかどうかを確認して整理解雇が適法かどうかを判断しているのではなく、総合的に判断されます。

そのため、解雇回避措置がそれほどなされていなかったとしても、会社の規模が小さい場合や人員削減の早急な必要性がある場合には、整理解雇が認められることが多いです。

それは、整理解雇は会社が存続するための経営判断の一つであり、裁判所も経営に対しては詳しくないため、経済状況や企業の経営に関して不確実性の高い事に関することに関しては経営者の裁量をある程度認めなければならないためです。

 

2.解雇予告について

(1)解雇予告は解雇日の30日前までに行う

整理解雇によって、従業員の解雇が決まった場合、少なくみても30日前には対象者に解雇予告を行わなければいけません。そして、解雇の日も具体的に伝えなければいけません。

多くの場合、解雇予告は郵送で行うことが多いかと思いますが、予告日は郵便が相手に到着した日になります。

《注意》郵便を投函した日が解雇予告日ではない!!

(2)解雇予告から解雇日の期間が30日間以下しかない場合

対象の従業員への解雇予告から解雇日までの期間が30日間以下しかない場合、その分の給与を日割りで解雇予告手当てとして支払う必要があります。

例えば、対象の従業員に解雇予告をし、解雇日までの期間が15日間しかない場合は、その従業員の月給の一日当たりの金額を15日間分支払う必要があります。

そして、従業員を即日で解雇する場合は30日間分の給与を解雇予告手当てとして支払う必要があります。

 

3.もし不当解雇だと訴えられたら

会社としてしっかりと整理解雇をする際の手続きを踏んでいたとしても、時には従業員から不当解雇だと訴えられることもあります。

そういった場合には、会社としてはしっかり整理解雇の手続きを踏んでおり、上記の整理解雇4要件を満たしていることを示さなければなりません。そのため、整理解雇を実行する際には、訴えられることも考えて前もって会社の正当性を占める証拠を集めておき、いざという時には弁護士の力も借りながら裁判を進めていきましょう。

 

まとめ

景気の悪化の影響で会社の経営状態が悪化した場合、経営者としては整理解雇によって従業員を解雇しなければならないことも考えられます。

しかし、整理解雇を行う際には満たすべき要件を満たし、正しい手順を踏まなければなりません。もし、そこで誤ってしまうと従業員から不当解雇だと訴えられる恐れがあるからです。

そのため、整理解雇の際は、会社としては整理解雇を回避するために最大限の努力をしたものの、やむを得ず整理解雇に踏み切ったということを示すことが出来るようにしましょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?