「プロパー融資」とはどんな融資方法?日本政策金融公庫の融資方法は?

お金を渡している写真単に融資と言っても、融資方法は1種類とは限りません。

「プロパー融資」は、融資方法の一つでありますが、どんな融資方法なのか、また、融資方法にはどんな方法があるのか、今回は、融資をお考えの方には知っておいてほしい「プロパー融資」についてお話していきます。

1.融資方法って何種類ある?

銀行の融資方法にはいくつか種類があります。その中でも主に一般的とされている融資方法は、以下の5つです。

【銀行の融資方法】・プロパー融資 ・ビジネスローン ・信用保証協会融資 ・不動産担保融資 ・売掛債権担保融資

融資を希望し、受けるとなると、どの融資方法を選択するかで、返済方法や利子等が大きく変わってきます。融資を希望する場合は、制度だけではなく融資方法にも目を向け自身に合う形で融資を行うことが望ましいのです。

2.「プロパー融資」ってどんな融資方法?

「プロパー融資」を一言でご説明すると、銀行が100%のリスクを負う融資方法です。

基本的に融資を希望する場合には、金融機関と融資希望者を結ぶ役割をしている信用保証協会が仲介に入り、融資を行います。この融資方法を「信用保証協会付融資」と言います。

信用保証協会の役割は、返済困難となってしまった事業者(融資希望者)の代わりに、金融機関に対して返済を行うというものです。このことから、責任を負うのは信用保証協会だということが分かります。

その反面、「プロパー融資」というのは、信用保証協会を全く挟まない融資であり、事業者が返済困難となった場合でも、責任を負うのは金融機関にあり、直接金融機関からお金を借りているという状況の融資の事を言います。

3.特徴や審査基準って?

「プロパー融資」の特徴として言える事は、金融機関が責任を負うということから、審査が非常に厳しいということです。

金融機関は、“創業時は倒産のリスクが高い”と判断することが多く、基本的には信用保証協会付融資しか利用することができなくなっていますが、それでも「プロパー融資」を受けたい場合には、実績が重要となります。また、3回以上の決算が終了しており、決算状況に難が無ければ利用が可能となることもあります。

主な審査基準としては、以下の表をご参考下さい。

当期利益(税引き後)→最も重要。大きければ大きいほど良い。 現預金残高・流動比率(当座比率)→多ければ多いほど良い 自己資産→正味の自己資産を問われる。充実した自己資産はプラス評価。

4.メリットやデメリットとは?

メリット

メリットとして言える事は2つあります。

1つ目に、信用保証協会を通さない融資の為、信用保証協会へ支払う手数料がないということです。信用保証協会付融資を申込んだ場合、融資額や返済期間によって異なりますが、1000万円の融資だとすると5万円~50万円程の保証料を支払うことになります。この保証料がかからないという点は、1つの大きなメリットです。

2つ目に、限度額が無いということです。創業時や会社の発展につれて資金が必要となる場面は多々あります。その場面で限度額が無いプロパー融資というのは企業にとっても有難いと思える点です。

デメリット

メリットがある分、デメリットも当然出てきます。

1つ目に、プロパー融資の特徴でもお話しした、審査が厳しいということです。3回の以上の決算が終了し、決算状況に難が無ければ利用が可能と記載しましたが、どちらの条件にも当てはまるから審査が通る、というわけではありません。基本的には経営状態が良好な企業でしたら利用することは可能ですが、事業者の人柄や雰囲気も重要となり、少しでも自己資産に難がある、などのことがあると審査には通りません。

2つ目に、信用保証協会付融資に比べて返済期間が短いという点があります。この理由として、返済期間が長いとなると、経営状態にも変動があり、「返済が難しくなる可能性があるのではないか」「経営状態が良好な時に返済をしてもらう」という金融機関の考えがあるためです。業績が安定し、プロパー融資を何度も利用している企業であれば、返済期間も長くなります。

5.日本政策金融公庫の融資方法は?

日本政策金融公庫を例えに、プロパー融資を図で表したもの

日本政策金融公庫が行っている融資制度は、信用保証協会を通さない「プロパー融資」なのです。また、「プロパー融資」の特徴でもある審査が厳しいという点ですが、中小企業を支える役割の金融機関である日本政策金融公庫は、他の金融機関が行っている「プロパー融資」に比べると、比較的融資を受けやすいとされています。

日本政策金融公庫は政府が出資を行い、中小企業へのサポートが目的とされている金融機関です。創業時の融資や創業間もない企業、初めて融資を受ける方々にとっては、利用しやすい金融機関なのです。

 

まとめ

「プロパー融資」を希望する場合には、ある程度の実績が必要ですが、日本政策金融公庫での融資では、審査がそこまで厳しいわけではありません。「融資を受けたいが、初めてで不安」という方にとっては利用しやすく、金利が低いということから利用する事業者も増えています。

融資を受ける場合は、融資方法に限らず、メリットやデメリット面も考え、自分に合った方法で申込むようにしましょう。



中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?