マーケティングのおすすめ資格10選!知識を身につける方法

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

マーケティングのおすすめ資格10選!知識を身につける方法

「実務経験がものをいう」と言われるマーケティング業界。

実務経験があろうとなかろうと、マーケティングの知識を身につけるには、資格の取得やセミナーなどの勉強会で体系的に学ぶ機会がある方がよいでしょう。

そこで今回は、マーケティングのおすすめ資格と知識を身につける方法をご紹介します。

1.マーケティングに資格はいらない?

多くの業種で「実務経験がものをいう」と言われますが、マーケティング業界も同様です。

そのため、本当に資格取得が必要なのは、特定の分野の専門知識を持つことを提示する必要がある人だけです。

例えば、医者になるためには国家資格のひとつである医師国家試験に合格しなければいけません。他にも税理士や弁護士などの士業も資格が必要ですね。

マーケティング業界は、特に資格を持っていなくても仕事に携わることはできますが、マーケティングの知識を身につけるには、資格やセミナーなどの勉強で学ぶ機会がある方がよいでしょう。

特に未経験でマーケティング業界の転職や就職を検討している人や、既にマーケティング業界にいてスキルアップをする必要がある人は、資格を取得することでマーケティングの知識を身につけることができるでしょう。

ただし、就職や転職を有利に進めるために資格の取得を検討している方は、「全ての人にとって、資格が同じ意味を持つとは限らない」という点を注意していただきたいです。

似たような資格がある中で、会社によってA社は○○資格を優遇し、B社は△△資格を優遇する、というケースも珍しくありません。

せっかく△△資格を取得しても「A社に入って、昇給したいなら似たような○○資格を取り直せ、と指示された」というようなことが起こり得ます。

事前に先輩社員に質問するなど下調べして、社内で支持されている資格を取得しましょう。

会社によっては、会社が資格取得の費用負担をしたり、資格取得による報奨金があったりする場合もあるため、資格優遇制度があるかも確認するとよいでしょう。

2.マーケティングのおすすめ資格

マーケティングのおすすめ資格を見ていく前に、ざっとマーケティングについて確認しておきましょう。

そもそも「マーケティング」の目的を一言で言えば、営業による売り込みをしなくても製品やサービスが売れる仕組みを作ることです。

マーケティング担当の主な業務内容としては大きく3つ、

①ユーザーニーズを知るための市場調査

②各種メディアでの広報やイベント・キャンペーン、自社のSNSやウェブサイト運営といったマーケティング施策の実行

③費用対効果の確認

がありますが、インターネットを利用した部分の比重が大きくなっています。

SNSやウェブサイトを活用したマーケティングは「webマーケティング」と区別されます。

webマーケティングに限定した業務は大きく3つ、

①SEO(検索エンジン最適化)対策

②web広告(リスティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告など)

③SNS対策(twitterやFacebookといったSNSアカウント運営など)

に分かれます。

ここまで読んで「マーケティング、意味わからん…」と思った方は、完全にマーケティング初心者ですので、次の資格をおすすめします。

但し、取得したからといって、マーケティング業界の就職や転職に有利になるかは保証できません。マーケティングに無関係な職種であれば「お?」とやる気を評価してもらえる可能性はあります。

○マーケティング初心者向けのおすすめ資格

資格名主催概要受験料
マーケティング・ビジネス実務検定

C級・B級

国際実務マーケティング協会マーケティングに関する汎用的な知識を身につける。B級:7,480円(税込)

C級:6,270円(税込)

マーケティング検定

3級

公益社団法人日本マーケティング協会内閣府認定の検定試験。マーケティングの基本が身につく。6,600 円(税込)

「マーケティングは知っていたけど、webマーケティングの説明の部分が意味不明だった…」と思ったwebマーケティング初心者は次がおすすめです。

就職や転職に有利になりますが、その分、会社によって優遇されるかがポイントになってきます。どの資格を取得するか、相談や調査の上、決めるとよいでしょう。

○webマーケティング初心者向けのおすすめ資格

資格名主催概要受験料
ネットマーケティング検定株式会社サーティファイwebマーケティングに関わる基礎知識全般が身に付く。5,907円(税込)
IMA検定

Standardコース

クラウドマネージメント協会webマーケティング実務に特化し、運用できるようになる。

約2か月間オンラインプログラム受講と試験がセット。

18,000円(税別)
webアナリスト検定日本Web協会(JWA)に委託された事業者Googleが提供するweb解析ツール「Googleアナリティクス」を中心に実務的なwebマーケティングを行える。アジャストアカデミー主催の場合・試験のみ:

17,600円(税込)

※料金は主催者によって異なる。講義の参加やテキストの購入の有無で、値段が変わる。

「①SEO(検索エンジン最適化)対策」の部分について知識を深めたい方は次をおすすめします。

○SEOの知識を身につけたい方向けのおすすめ資格

資格名主催概要受験料
Google アナリティクス個人認定資格(Google Analytics Individual Qualification:GAIQ)

初級

GoogleGoogleが提供するweb解析ツール「Googleアナリティクス」の使いこなせるようになる。Google のオンライントレーニングプログラム「Academy for Ads」の該当コースを受講し、オンラインテストに合格で認定証を取得できる。無料

 

「②web広告(リスティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告など)」の部分について知識を深めたい方は、次をおすすめします。

○web広告の知識を身につけたい方向けのおすすめ資格

資格名主催概要受験料
Google 広告認定資格(GoogleAdwords)

 

GoogleGoogle広告をwebマーケティングで活用できる。Google のオンライントレーニングプログラム「Academy for Ads」の該当コースを受講し、オンラインテストに合格で認定証を取得できる。無料

変わり種ではありますが、担当する業務によっては取得すると有利なケースがあり、おすすめです。

資格名主催概要受験料
ネットショップ検定

レベル1

一般財団法人 ネットショップ能力認定機構ネットショップのEC事業に特化。ECサイト運営ができるようになる。7,000円(税込)
Webライティング能力検定

2級・3級

一般社団法人日本WEBライティング協会Web上のコピーライティングに特化。ライティングにまつわる法律関連や炎上対策の知識も取得できる。13,500円(税込)

また、マーケティングはデータ分析の連続です。マーケティングに特化した資格ではありませんが、次のような資格も有利になることがあり、おすすめです。

資格名主催概要受験料
統計検定(Japan Statistical Society Certificate)

3級・4級

一般財団法人 統計質保証推進協会日本統計学会公式認定の試験。後援は総務省・文部科学省・経済産業省・内閣府・厚生労働省。

統計データを元に仮説を立て、予見ができるようになる。

3級:4,000円(税込)

4級:3,000円(税込)

3.マーケティングの知識を身につける方法

マーケティングの知識を身につける方法として、資格取得以外にも、講座やセミナーに通う方法もありますが、目的が就職や転職などなら、知識を得たことの証明になる資格取得を優先した方がよいでしょう。

マーケティング業界に既にいる方なら、大学や大学院などで社会人枠としてマーケティングについての授業を受ける、という手もあります。

マーケティングに限らず、書籍や本で学ぶ場合、最終的に「資格取得のための書籍の方がマーケティングの知識が網羅されていた」というケースが多いです。資格取得を目指さなくとも、資格対策の書籍を読むことはマーケティングの知識を得る上で非常に有効です。

「マーケティング担当は必読!」という本の多くはビジネス書なので、著者の自分語り、一昔前の成功体験から来る独自のメソッドがほとんどで、マーケティングについて学ぶモチベーションをあげる上では有効かもしれませんが、マーケティングの知識を学ぶという点においては有効とは言えません。

webマーケティングについて理解を深めるなら、ブログ運営などで実際にやってみることが一番です。

ブログのコンセプトを設計し、ユーザー数の目標を立てます。どうやったら多くの人に見てもらえるかの創意工夫が、webマーケティングの練習に最適です。Googleのアクセス解析ツール「GoogleAnalytics」を使う練習にもなります。

ブログ経由で製品が購入されたり、ブログに表示した広告をクリックされたりすると、その数に応じて報酬が入る「アフィリエイト」も活用しましょう。

実際、webマーケティングにおいてウェブサイトにユーザーを集めることと、そのユーザーに購買行動やクリック行動をとらせることには大きな壁があります。この取り組みでコツをつかめば、一種の「実務経験」として必ず業務に役立つことでしょう。

まとめ

マーケティングのおすすめ資格と知識を身につける方法を見てきました。

マーケティング資格でおすすめするのは、webマーケティング分野の資格です。また、Googleの無料のトレーニングプログラムも活用しましょう。

資格取得をする必要があまりなく、知識を身に付けたいだけの人も、資格対策のための書籍で、マーケティングを体系的に勉強することは有益です。

また、マーケティングは実務経験がものをいう業界ですので、アフィリエイトありのブログ運営をして、実務経験と似た創意工夫を重ねることも有益でしょう。

人材不足が当たり前の時代、マーケティングは会社の要です。マーケティングの知識は、きっとあなた自身も助けることでしょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?