見積書の書き方17のポイントと作り方の見本

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

個人事業主・法人問わず、事業を行っていると見積書の提出を求められるケースがあるでしょう。

しかし、いざ自分で作成してみると、「見積書ってどのように書けば良いのかな?」と迷ってしまう方が多いようです。

見積書は単に発注内容を相手に伝えるだけでなく、相手に発注する決意を促す役割がありますので、経営者であれば正しい書き方を身につけておくことが大切です。

そこで今回は、見積書の書き方を実際の見本とあわせてご紹介します。

1.見積書の3つの役割

見積書は、商品や仕事の発注を受けた際、相手方に提出する書類です。

見積書には次の3つの役割があります。

①認識の違いを防止する役割:

見積書には価格、支払条件、納品内容を明記することで認識の違いによるトラブルを防止する役割があります。

②情報伝達の役割:

社内、取引先、そして仕入先など取引の相手と内容・納期の確認を行うという役割があります。

③発注の決意を促す役割:

見積書があることで正式な金額を認識し、意思決定ができる側面があります。発注の決意を促す役割があります。

2.見積書のフォーマット

見積書に決まったフォーマットはありません。

インターネットで「見積書 テンプレート」と検索すると、無料でダウンロードできる見積書テンプレートが入手できます。また、見積書作成ソフトやツールを利用して見積書を作成することも可能です。

当サイトを運営している株式会社SoLaboでは、無料で利用できる請求書作成ツール「RAKUDA」を提供しております。

会員登録するだけで、見積書をはじめ、請求書や納品書、送付状も作成可能です。

ぜひ一度試しに利用してみてください。

請求書サービス「RAKUDA」の詳細を見る>>

3.見積書の書き方17のポイントと見本

見積書 書き方

(1)宛先

宛先は相手方の会社名や屋号を記載します。

大きい会社宛の場合は担当者の部署や名前まで書くと良いです。

会社名には「御中」、個人名には「様」と敬称を間違えないように気をつけましょう。

【記載例 】

・□□□□□株式会社 御中

・□□□□□株式会社

代表取締役 □□□□ 様

・□□□□□株式会社

□□□支店 □□□部

(役職名) □□□□様

(2)通番

通番の記載は必須ではありませんが、小売店や建築業など、見積書を出す機会が多い会社の場合、見積書作成ソフトなどのシステムを使うのが一般的です。その場合、データ管理上の目的で「通番」というナンバーをつけられるようになっています。

通番をつけることで、その番号で見積書を検索することができるので管理が楽になります。

また、相手方から受注の連絡や、見積書の再発行の依頼があった場合にも便利です。

(3)発行日または提出日

見積書の発行日または提出日は必ず記載します。いつ行った取引なのかわかるようにするためです。

また、相手方との電話での打ち合わせの時や、受注などの際に、「○月○日のお見積書の件で」と伝えれば通じるようになるためコミュニケーションが円滑になります。

(4)発行者の会社名・住所・氏名

見積書を発行する側の会社名や住所、氏名を記載します。

相手が問い合わせをしやすいように電話番号とメールアドレスも記載しておくと親切です。

(5)発行者の印鑑

印鑑は必須ではありませんが、会社対会社の取引の場合、社印を押すのが一般的です。

(6)タイトル

「御見積書」「見積書」「お見積り」「お見積書」などというタイトルが一般的です。

何の書類かわかるように上部中央に、他の文字よりも若干大きめの文字で記載します。

(7)件名

何の見積書かわかるように記載します。プロジェクト名やサービス名などがある場合には、その名称を記載しましょう。

(8)有効期限

見積書の有効期限を記載することで、価格変動の回避や期限終了後の申込みトラブル防止になります。

【記載例】

  • 提出後XXカ月以内
  • XXXX年XX月XX日まで

(9)見積り金額

見積もりの合計金額を税込で記載します。わかりやすく若干大きめに記載するのが一般的です。この金額は明細の合計と合致するように注意しましょう。

(10)品番・品名

商品名やサービスの内容を記載します。

システム開発やデザインなどの場合には、作業を段階にわけて詳細がわかるように明記しましょう。

(11)商品の数量

商品などの場合は、個数を記載します。サービスや提案などの、数量 を書くのが難しい場合は一式と記載します。

(12)商品の単価

商品やサービスひとつあたりの金額を記載します。

(13)商品の金額

数量×単価の金額を記載します。

(14)小計

商品やサービスの税抜の合計金額を記載します。

(15)消費税額

小計にかかる消費税額を記載します。

なお、食料品など軽減税率対象の商品がある場合は、税率ごとに分けて記載が必要です。

(16)合計金額

商品やサービスの税込の合計金額を記載します。見積書の上部に記載した「見積り金額」と一致しているか必ず確認しましょう。

(17)備考

相手方との誤解がないように、上記で説明しきれない納品場所や納期、前提条件などの補足事項を記載しましょう。

①納品場所

商品を納める場所のことです。

例えば「貴社指定場所」、「貴社本店倉庫内」、「貴店舗事務所内」などと記載します。

②納期

「◯年◯月◯日」というように日付を明記する場合と、「正式受注後2週間以内」の様に記載することもあります。

4.見積書でよくあるトラブルと注意点

(1)見積書と内容が違うから支払わない!と言われないように注意する

見積書のトラブルでよくあるのが、「見積書と内容が違うから支払わない」と言って入金をもらえないケースです。納品内容と見積書の記載内容はしっかり合わせるようにしましょう。

(2)安易な納期設定が元でトラブルが起きないようにする

納期のトラブルも当然ですが、非常に多いです。安易な納期を設定しないように、チェック機能を持ちましょう。

(3)見積書の提出が遅すぎて発注を逃さないようにする

トラブルへのリスクを考慮し過ぎて、発注のタイミングを逃さないようスピーディに見積書を提出できる体制を整えましょう。

 

金額、納期、納品内容で起こりうるトラブルを防止し、スピーディに出すことが重要です。受注出来ることが最重要ですが、しっかりと入金してもらえるように納品内容と納期には充分注意しましょう。

まとめ

発注内容を相手に伝えたり、認識の違いを防止したりする役割がある見積書には記載すべき項目がいくつもあります。

受注に繋がる大切な書類ですので、正しい書き方をしっかりマスターしておきましょう。

請求書・見積書・納品書を簡単便利に作成できる「RAKUDA」

RAKUDA

無料で「請求書」「見積書」「納品書」「送付状」「取引管理」が作成できるクラウド請求書ツールです。
請求業務がコレで完結。
面倒な源泉徴収税の計算も自動で行ってくれます。
個人事業主の方には特におススメ!

 

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?