確定申告書を紛失したら?再発行や委任状について解説!

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

ローンの申請や事業資金を借り入れるときなど、確定申告書の控えが必要になることがあります。

それでは、過去の申告書を紛失してしまっていたらローンや借り入れは行えないのでしょうか?

万が一、確定申告書の控えを紛失した場合やもらい忘れてしまっている場合でも、税務署に再発行を依頼したりその場で申告書の中身を閲覧したりすることは可能です。

もし、本人が何らかの都合で申請に行けない場合でも、委任状を用意することで代理人が申請することもできるのです。今回は確定申告書の再発行に必要な書類について、また代理人が申請する際の委任状について説明させていただきます。

1.確定申告書の控えが必要なタイミング

そもそも確定申告書の控えが必要なタイミングはどのような場面で起こるのでしょうか?主に以下の場面で必要になることが多いです

(1)誤った内容で申告した可能性がある場合

過去に提出している確定申告書の内容に誤りがあると気づいた場合に、控えがないと確認をすることができません。こういったときに控えが手元にあると、修正の必要があるのかどうか、すぐに気が付くことができます。

ちなみに注意点として、確定申告の期限内であれば改めて作成するだけで済みますが、期限が過ぎてしまっている場合は、修正するための手続きが必要になってしまいます。

(2)各種ローンの申請時

住宅ローンや教育ローンなどの申請時に過去の確定申告書が必要になるケースがあります。理由はローンの申請先が、申請者の所得状況の確認に使用するためです。

この先ローン返済が滞りなく行われるかどうかの判断材料とされることが多いので、ローン申請時には控えを所有している必要があります。

(3)事業資金の借り入れ

銀行などで事業資金として借り入れを行う場合、本人確認書類と一緒に収入証明書類として確定申告書の提出が求められる場合がほとんどです。ちなみに過去2期分が必要になるケースが多いです。

確定申告書を確認することで過去の収益状況を証明できます。もし起業したばかりで収益の実績がない場合は確定申告書の再発行をしても通らない場合がありますので、そういった方は「日本政策金融公庫」などの機関で資金調達を検討するとよいでしょう。

(4)奨学金の申請や保育園の入園申請等

主に自営業を営んでいる方で、子どもの奨学金や保育園への入園申請を行う場合にも確定申告書の提出が必要になることがあります。

いざ申請をするタイミングで確定申告書の控えがないと申請に間に合わない、といったことの無いよう、再発行は早めに手続きしておくことをおすすめします。

2.確定申告書の再発行に必要な書類

確定申告書の控えを再発行する場合は「開示請求」を行うことで、税務署に対応をしてもらえます。

注意点としては再発行に「約1か月」の期間を要するため、提出のスケジュールが迫っている方は気を付けましょう。

(1)本人が申請を行う場合

申請者本人が窓口で再発行の手続きを行う場合は、基本的に以下の書類を用意しましょう。

保有個人情報開示請求書

ダウンロードはコチラ

国税庁:開示請求等の手続

300円印紙(1件につき)

 本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証など

※郵送で控えを受け取りたい場合は「住民票(マイナンバー記載なし)」「返信分の切手」も併せて用意しておきましょう。

(2)代理人が申請を行う場合

事情により申請者本人が申請に行けない場合、代理人による手続きも可能です。その場合は(1)の書類に加え、以下の書類が必要になります。

代理人の本人確認書類

開示請求の委任状

委任者の印鑑登録証明書

※代理人申請に「委任状」を忘れてしまうケースがあるため注意しましょう。

各書類は以下の国税庁のホームページからダウンロードできます。

国税庁HP

3.確定申告書の「閲覧」は当日に可能

場合によってはすぐに確定申告書の内容を確認しなければいけないこともあるかと思います。そんなときは、窓口に行った当日に「内容確認」のみ行うことが可能です。

「閲覧申請」に必要な書類は以下になります。

申請書等閲覧申請書

本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

など

代理人が申請する場合に必要な追加書類

  • 代理人の本人確認書類
  • 委任状
  • 委任者の印鑑証明書

注意点としては、「閲覧」の場合はコピーをもらったり、スマホなどで原本を写したりといったことができません。少々手間と時間がかかりますが、その場で記載内容を書き写すことのみ可能です。

4.申告書の控えが必要なら開示請求が必須

確定申告書の控えがない場合の手段として「開示請求」と「閲覧請求」を紹介しましたが、ローンや各種申請で控えの提出を求められるのであれば、「開示請求」で控えを受け取るしか選択肢はありません。

「閲覧請求」はあくまで内容の確認のみになりますので、実際の提出書類としては利用できません。

前述でお伝えしましたが「開示請求」で控えを再発行する場合には、1か月近い時間がかかることが予想されるため、必要なタイミングがあれば早めの対応をするようにしましょう。

5.まとめ

以上、確定申告書の再発行について説明をさせていただきました。

万が一、紛失してしまった場合にも再発行が可能であったり、代理人に申請をお願いできたりと何とかなりそうな気もしますが、一番良いのは「確定申告書の控えを確実にもらっておくこと」と「紛失しないように確実に保管しておくこと」ですね。

ローンなどの申請時はそれだけで手間がかかりますが、必要な書類をあらかじめ揃えておくことでスムーズに申請が行えますので、不安な方は事前に確認しておくことをおすすめします。

 

 

 

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



融資が受けやすくなる確定申告・決算書とは?

確定申告・決算書を工夫して作成することで、
融資が受けやすくなります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?