サロン経営を始めたい!美容業種の創業計画書を作ろう

女性が考えている画像美容室などのヘアサロン、ネイルサロン、エステサロンに、フェイシャルマッサージなどのリラクゼーションサロン、世の中には色々な美容サロンがあります。そんなサロン経営を始めたい!と考えているあなたに、美容業種の創業計画書を作るポイントをご紹介します。

 

1.創業計画書を作ろう

創業計画書とは、事業計画書の一つで、数字によって具体的に経営計画を表現した文書のことです。創業に際し、金融機関で融資を受ける際、必要な書類です。

創業融資を受けずに自己資金でやりくりするからいいかな…と考える方もいるかもしれませんが、やみくもにサロン経営を始めるよりは、金融機関という厳しい第三者視点のあるテンプレートの書類の必要事項を埋めることで、売上高や利益、必要経費、資金繰りなど、経営に隙がないかを客観的にチェックすることができます。ビジネスパートナーに協力を取り付けるとき、自身のサロンで何をしたいかを説明する時の資料にもなります。まずはサロン経営を始める前のチェックシートみたいに考えて、作成してみましょう。

この記事では、低金利で人気の日本政策金融公庫の創業計画書のテンプレートでご説明します。

日本政策金融公庫HP

上記サイトに創業計画書のテンプレートがありますので、ご参照ください。

創業計画書の項目は、大きく8つに分かれています。

(1)創業の動機 (2)経営者の略歴 (3)取扱商品・サービス (4)取引先・取引関係等 (5)従業員 (6)お借入の状況 (7)必要な資金と資金調達 (8)事業の見通し(月平均)

中でも「(2)経営者の略歴」「(7)必要な資金と調達方法」「(8)事業の見通し(月平均)」は頭を悩ませるところでしょう。他の項目も記入することになりますが、一般的な創業計画書の書き方を参考に書けば、特に問題ない部分です。(一般的な創業計画書の作成方法を確認されたい方は、「創業計画書の作成方法とは?公庫から創業時に融資を受ける際に必須の資料!」をご確認ください。)

「(2)経営者の略歴」で、事業を軌道にのせるのに必要な経験やスキルを持っているのか、「(7)必要な資金と調達方法」で地道に努力して自己資金を作ってきたのか、「(8)事業の見通し(月平均)」で、資金繰りなどを含めて現実的に経営を考えているか、が問われるのです。特に、「(8)事業の見通し(月平均)」はサロン経営をシミュレーションすることが求められます。この3つのポイントを詳しくご紹介します。

 

2.「(2)経営者の略歴」:サロン経営者としての実力を示そう

経営者になれるだけの力を持っているかどうかは、あなたの経歴から判断されます。サロン経営を成功させるのは、立地やコンセプトなどもありますが、何より必要なのは確かな「技術力」です。高い技術力を持っていることを、数字などで客観的に表現することが求められます。

例えば、これまで美容業界で勤務していた方なら、技術者として経験年数、売上、リピート率、指名率、コンクールの受賞歴など、業界勤務のない方なら、取得した資格や勉強会・講習会の経験などを正確に記入します。サロンは、お客様が何度も通っていただくことによって成り立つ業態です。リピートにつながる数字や経験は必ず書きましょう。

また、経営者としてやっていける「マネジメント力」を裏付ける経験があると、なおよいです。具体的には、店長やリーダー、トレーナーなど新人スタッフの教育に携わった経験や、サロンの経営に携わった経験があれば、それも記入しましょう。サロンに関係なく、人材育成に関する資格や、マネジメント資格などを持っている場合、それも必ず書きましょう。略歴を読んだ時に相手に「人を管理したり、育てたりするノウハウを持つ人間だ」というイメージを持たせることが大切です。

【実際の創業計画書を使用した例】〈2経営者の略歴等〉・2005年4月 東京都渋谷区渋谷○○美容専門学校 入学 ・2007年3月 東京都渋谷区○○美容専門学校 卒業(美容師免許取得) ・2007年4月 サロン○○へ正社員入社 表参道店勤務 ・2009年6月 表参道店にて指名率No.1を達成 新人教育を担当 ・2012年10月 第○回 ○○コンクール 技能部門にて入賞 ・2013年4月 表参道店の店長に就任 本年度で過去最高売上を達成

 

3.「(7)必要な資金と調達方法」:必要経費を正確に洗い出そう

サロン経営に必要な経費、出て行く金額を正確に洗い出せているでしょうか。まず、サロンをオープンさせるまでに、どのような項目の費用がかかるのか、初期費用とも呼ばれる必要経費を算出しましょう。

【設備資金】・物件取得費(保証金、礼金、仲介手数料など) ・工事費(店舗の設計やコンセプトデザインなど) ・美容器具費(施術に関わる機材で購入するもの、専用の椅子、作業台など) ・設備費(施術に関係ないインテリアや洗濯機、冷蔵庫など) 【運転資金】・物件利用費(家賃や保険、水道光熱費など) ・人件費(人材募集や保険、給与など) ・美容器具リース費(施術に関わるリースの機材) ・材料費(消耗品一式、シャンプー、美容液などの仕入れ) ・広告宣伝費(ポスターやチラシなどの印刷物、ホームページ運営費など)

サロンの機材、器具、物件の取得費、広告宣伝費から人件費など、サロンをオープンさせるまでには様々な費用がかかります。費用を洗い出したとき、調達できるだろう金額の中で、上手く調整する必要があります。例えば、サロンの機材、器具は購入するケースよりも、リースでの利用が多いようです。購入をリースにするだけで、費用を抑えることができます。

特に、初期費用の算出は、慎重に進めましょう。慣れた経営者であれば、ざっくりとした計算でオープンしてから数字を調整することができますが、はじめての経営の場合、徹底的に数字の根拠を求めるような慎重さが成功につながります。例えば、工事費や設備費などは、いくつかの業者から相見積をとるなど工夫しつつ、打ち合わせをした上で、しっかりした見積書を用意することをお勧めします。融資を受ける場合、面談で創業計画書と一緒に提出を求められる場合があるからです。くれぐれも概算で進めず、根拠のある数字で必要経費を洗い出しましょう。

創業には多額の資金が必要です。創業資金がお店の規模を左右するため、自己資金と合わせて、融資などを上手に使い分け、計画的に資金調達を行うことが求められます。

融資を考える場合、自己資金は創業資金の30%以上であることを目標としてください。必要資金の3割を自己資金として用意できていない場合、融資を受ける前提で計画しても、肝心の融資が通らない可能性があり得ます。

創業融資で人気の金融機関は、政府100%出資の日本政策金融公庫です。他の金融機関と同様、担保や保証人の有無などで借入条件が変わり、融資金額は経営者の経歴や自己資金によって変わります。低金利で融資を確実に受けられるように進めたいなら、専門家に相談することをお勧めします。

 

4.「(8)事業の見通し(月平均)」:サロン経営シミュレーションをしよう

続いて、サロンを経営していく上で必要な費用、つまり運転資金も、詳しく算出してみましょう。ここでは月単位で計算してみてください。

【運転資金】・物件利用費(家賃や保険、水道光熱費など) ・人件費(人材募集や保険、給与など) ・美容器具リース費(施術に関わるリースの機材) ・材料費(消耗品一式、シャンプー、美容液などの仕入れ) ・広告宣伝費(ポスターやチラシなどの印刷物、ホームページ運営費など)

具体的にどれくらいの費用になるか、算出しづらいかと思います。それはビジネスプランが具体的に固まっていないから、です。店のサービスメニューがどういうものがあって、価格設定はどうなっていて、月に何人来店し、いくらの利益を出し、どうやって新規客を増やし、どうやってリピーターにしているか、というイメージを落とし込んでビジネスプランとして作り上げる必要があるのです。

あなたのサロンでの勤務経験などを参考に、サロン経営シミュレーションをしてみましょう。ここでの数字は、多少悲観的なくらい、現実的な数字になっているか、確認するようにしてください。

【ビジネスプランの数字を具体化する】 1)サロンの規模から売上を算出する→売上=客数×客単価 2)粗利(売上総利益)を算出する→粗利=売上-仕入 3)事業だけで稼いだ利益(営業利益)を算出する→利益=粗利-販売費・管理費

サロン経営でガンガン稼ぎたい!と思っても、現実的にはサロンの規模から逆算して、ある程度の売上金額は決まってしまいます。

売上は「客数×客単価」で算出できます。まずは、スタッフ数、ベッドや椅子などの施術場所のセット面などで、どれくらいの規模のサロンをオープンするのかを決め、月単位の客数を算出してみましょう。

1) ①客数

客数には「技術客数」と「店販客数」があります。「技術客数」は施術を受けるお客様の数を指します。そのお客様の中には、店内で販売するものを購入される方もおり、そのお客様の数を「店販客数」と呼びます。このサロンでの店販は、手っ取り早く客単価が上がる方法なので、創業計画に組み込むことをお勧めします。

まず、技術客数を算出してみましょう。算出方法は、代表的なものが2つあります。スタッフである技術者1人あたりで算出する方法と、ベッドや椅子などのセット面で算出する方法です。

技術客数 = 技術者数 × 技術者1人あたりの施術する客数
技術客数 = セット面数 × セット面1台あたりの回転数

技術者1人あたりでの算出方法は、月に何人施術するかを試算し、技術客数を算出します。その技術者の技量などによって客数が大きく変化するような場合は、掛け算よりも、それぞれの技術者一人当たりの施術できる客数を足し算で算出する方がよいかもしれません。

セット面からの算出方法は、技術客数を算出します。ヘアサロンで考えた場合、シャンプー台とカットする時の椅子では、セット面は椅子の方で試算するのが妥当です。

店販客数は、どれくらいのお客様が店販で購入されるのかを想定して算出します。

店販客数 = 月間技術客数 × 店販購入率

1) ②客単価

客数に続いて、次は客単価を算出してみましょう。

客単価は「技術単価」と「店販単価」があります。「技術単価」は施術料金の算出に使う概念的な数字で、原価ではありません。「店販単価」も同様に物品の原価ではないので、注意してください。

技術単価を決めるには、まずどんなサービスメニューにするかを決める必要があります。どんな施術を行うのか、その内容・価格、どれくらいのお客様が利用するのかの利用率を、メニューごとに設定しましょう。

技術単価 = サービスメニューの値段 × 利用率
サービスメニューごとに設定した技術単価を合算する
技術単価(合計)

店販単価は、店内で販売する商品内容、価格、購入率を試算し、算出します。当然、店販単価を決めるには、店販として取り扱いをする商品を決める必要があります。どんな商品を取り扱うか、検討しましょう。

なお、ここで算出する購入率とは、店販を購入するお客様のうち、その商品をどれくらい購入するかという確率で、施術を受けたお客様を元に確率を算出しないよう、注意してください。

店販単価 = 商品の値段 × 購入率
店販ごとに設定した店販単価を合算する
店販単価(合計)

客数と客単価が出揃ったら、売上を算出しましょう。

1) ③売上

売上も、「技術売上」と「店販売上」を算出し、それを合計します。

技術売上 = 技術客数 × 技術単価
店販売上 = 店販客数 × 店販単価
売上(合計) = 技術売上 + 店販売上

売上が算出できたら、次は粗利(売上総利益)を算出しましょう。

2) ①粗利(売上総利益)

粗利は、ざっくりとした利益のことで、総売上から仕入れる材料費や経費といった売上原価を差し引いたもののことです。一見、純粋な利益のように見えますが、人件費や家賃、広告費などは含まれたままである点が、ざっくりたる所以です。

粗利(売上総利益) = 売上 ー 仕入

売上は算出しているので、粗利を出すために仕入、つまり売上に関わる原価を算出していく必要があります。

2) ②原価

サロンでは業者から材料を仕入れても、全ての仕入れた材料が売上原価にはなりません。使用した分、店販で売れた分だけが売上原価として扱われます。未使用分は資産の扱いになるため、注意しましょう。

売上原価 = 期初時の在庫 + 当期の仕入 - 期末時の在庫

サロンの場合、「技術原価」と「店販原価」で分けて算出していきます。

技術原価 = 技術売上 × 技術原価率
店販原価 = 店販売上 × 店販原価率

「技術原価率」は技術サービスを実施に、どれくらいの材料費(技術原価)をかけたか、を示すもので、一般的に一店舗展開しているサロンは「技術売上の9〜12%」が目安とされます。逆にそれを超えるようであれば、利益が上がらない可能性もあるため、見直した方がよいかもしれません。

各地に出店している大規模なサロンでは仕入費用を安く抑えているため、当然、技術原価率は低いです。規模の大きいサロンに勤めていた方だと、規模の違いを考えずに技術原価率を見誤る可能性もありますので、注意しましょう。

「店販原価率」とは、販売する商品の仕入値はどれくらいかかるのかを示すもので、一般的に一店舗展開しているサロンでは「店販売上の60%〜70%」とされます。逆にそれを超えるようであれば、利益が上がらない可能性もあるため、見直した方がよいかもしれません。販売店販予定の仕入値がいくらか、きちんと確認しましょう。技術原価率同様、サロンの規模により数値は変動します。

2) ③仕入(売上原価)

続いて、仕入(売上原価)を算出します。

仕入 = 技術原価 + 店販原価

仕入を算出してようやく、粗利(売上総利益)が算出できます。

粗利(売上総利益) = 売上 - 仕入

3) 営業利益

粗利(売上総利益)の算出ができたら、次は純粋な利益を算出しましょう。営業利益と呼ばれます。売上総利益から販売費や管理費を引いたものをいいます。販売費とは、販売活動においての必要経費のことで、広告や営業部門の人件費がこれに含まれます。管理費は、運営するために不可欠な費用のことで、家賃や水道光熱費、リース費、経理などの間接部門の人件費、通信費、保険料などがここに入ります。一般的なサロンの販売費や管理費の目安は、人件費は売上の半分まで、家賃は売上高の1割まで、水道光熱費などの雑費は売上の5%以下に抑えた方がよいと言われますので、参考にしてください。

営業利益= 売上総利益(粗利)- 販売費・管理費

どれだけの利益が出るかを算出するだけで、詳細なビジネスプランが見えてきたのではないでしょうか。ここまで算出された数字で、創業計画書を埋めることができます。

 

5.もっと詳しく!集客シミュレーションをしよう

月ごとにどれくらいの利益が出るのか、イメージできるようになりました。これを元に、月間の売上目標を立てることができますね。集客のシミュレーションもしてみましょう。

サロン経営は、まずは新規客を獲得、そしてリピート客を増やすことが重要です。

まず、新規客を集客するためには、お客様がどのようにしてサロンを知ったかを把握することが重要です。既存のお客様からの紹介か、インターネットなどの口コミやレビューによって知ったのか、広告で知ったのか、スタッフの営業で知ったのか、たまたま通りかかって知ったのか。

それぞれの要素で集客目標を立ててみましょう。サロン運営で、どういう層のお客様を求めているのかが、より具体的にイメージできます。紹介制のサロンであれば、紹介客をもっとも多くする施策を、地元密着型のサロンであれば、通りかかった人にアピールするような施策を検討すればよいのです。

アピールしたお客様に満足してもらうことで、リピーターになってもらえます。節操なくどこもかしこもアピールすると、サロンの目指す雰囲気が保てなくなる可能性があるので、注意しましょう。

また、広告を使って宣伝する時は、広告の期待値を説明できる業者を利用するといいでしょう。クーポンならどれくらい、チラシならどれくらいの反応がある、といった数値を提示できる業者であれば、反応率の高い広告を打つことができます。予測が上回ったのかどうかがわからないと、費用対効果が見づらく、次の施策につなげにくいため、信頼できる広告業者を選ぶことが大切です。なお、広告宣伝費の予算内におさまっているかも、きちんと確認しましょう。

・一人あたりの集客費用=費用÷集客数 ・反応率=集客数÷配布数

サロンは積み上げ式のビジネスのため、経営を安定させるためにはリピーターを増やす必要があります。

1)リピート率

リピート率の他に、リターン客、回転率に注目する必要があります。

まず、リピート率から考えてみましょう。「リピート率」とは、3回目以降の再来店をした確率のことです。要はリピーターになる確率ということです。初めてサロンに来店した新規のお客様が、2回目にサロンを利用する確率は「新規再来率」と呼び、区別されることが多いようです。

リピート率を上げるために最初にやるべきは、不満要素を徹底的に排除することです。これを最初にする理由は、ひとつの不満がサービスの満足や感動を打ち消してしまうからです。お客様が不満に思う可能性のある箇所をリストアップし、対策を検討します。

お客様は来店されると数時間滞在し、スタッフとコミュニケーションをとります。リピーターのお客様は、その際のコミュニケーションが快適であることを前提として、施術を受けるのです。

来店スパンも重要です。来店スパンは、お客様が来店し、次にまた来店するまでの時間の間隔を指し、お客様にとっての満足度などにも影響します。サロンが望むスパンで再来店してもらうために、サロン側も努力し、予約をさせたり特典をつけたりすることが望ましいです。

また、サロンへ来られない期間、お客様は家でケアをすることになります。サロンをまた利用したいと思ってもらうためには、家でのアピールも必要です。ニーズに合った店販を取り揃え、適切なコミュニケーションによるカウンセリングで、お客様が求めるものを売り込むことも重要なのです。

2)リターン客

次は、リターン客です。リターン客は、しばらく来店されていない元リピーターのお客様を指します。

サロンから離れてしまったリターン客を呼び戻すには、お客様へコンタクトをとることが重要です。サロンを思い出してもらうのです。メールやダイレクトメール、ハガキの送付、最近ではフェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNSから情報発信することも有効です。

実は、リターン客が来店しなくなるのは、必ずしもサロンに非があるわけでないケースがほとんどです。もちろん、サロン側が気づかない不満で理由で来店しなくなるケースもありますが、特に理由なく何となく来なくなるお客様も多いもの。一度来店されなくなったお客様を呼び戻すことは簡単なことではありませんので、思い切った施策が求められます。

3)回転率

最後の回転率は、サロンの稼働率のことです。セット面ごとの客数、時間帯ごとの客数、曜日ごと客数から算出すると、忙しい時間帯と暇な時間帯がわかり、暇な時間帯の方にお客様をうまく誘導して、安定した施術できると、顧客満足度につながります。

回転率を上げるには、スタッフの施術レベルの向上や施術工程の効率化、スタッフの人員配置の見直しなどが有効とされています。

 

何より、お客様に、金額以上の価値あるサービスであると思ってもらえることが重要です。お客様は払った金額以上のサービスを受けられなかったと思えば、リピーターになることはありません。

サロンをオープンする前に、お客様に近い属性の方に協力をお願いし、リピーターの出るサービスは何をどうしたら生まれるのか、繰り返し検証し、リピートされる強みのあるビジネスモデルを構築した方が良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。ここまでで一通り、創業計画書を記入できたなら、ぜひ融資の専門家である認定支援機関に相談し、客観的な意見をもらうことをおすすめします。

おそらくサロン経営を始めるのは、それほど難しいことではありません。しかし、サロン経営を続けていくのは、かなり難しいことだと言えるでしょう。先のことを考えて、資金調達のルートを確保しておくことは、サロン経営を長く安定して続けることにつながります。創業7年以内であれば、創業融資を受けることもできるでしょう。あなたの始めるサロンが、少しでも長く広く、美と癒しを届け続けることを祈っています。

 

経営するときのお金の流れや資金繰りについて確認されたい方は「資金繰りに失敗すると黒字なのに倒産する?!黒字倒産をしないためのポイント」をご覧ください。

美容院を始めたい方は、次もあわせてご覧ください。

「美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるための4つのポイントとは?」

「美容院を開業するために必要な知識」

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?